PR 当サイトを経由して商品への申し込みがあった場合には、売上の一部が当サイトに還元されます。なお、収益が記事中での製品・サービスの評価に影響を与えることはありません。

更新

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファード徹底比較!どっちがお得?

監修者紹介:菊地崇仁

(株)ポイ探 代表取締役

菊地崇仁監修

今回は旅行系の特典が豊富なマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとステータスカードとして人気のアメックスゴールド・プリファードの2枚を、どちらがお得かを比較していきます。

どっちがお得?

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム
・入会と同時にMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格が獲得できる
・年間合計150万円以上利用すると、カード継続時に無料宿泊券プレゼント
アメックスゴールド・プリファード
国際線空港VIPラウンジ利用の特典や、カード会員専用の旅行サイトが使える
・年間合計200万円以上利用すると、カード継続時に無料宿泊券プレゼント
・家族カードの作成が2枚目まで無料
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの比較
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
アメックスゴールド・プリファード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
年会費 4万9500円 3万9600円
ポイント還元率 1.0% 0.5〜0.8%
American Express Safekey利用時
家族カード 家族カード1枚目無料
2枚目以降2万4750円
家族カード2枚目無料
3枚目以降1万9800円
入会特典 入会後3ヶ月以内の150万円以上の利用で合計3万9000ポイント(1万3000マイル相当※1)獲得可能 入会後6ヶ月以内に合計100万円以上のカード利用で合計12万ポイント(12万マイル相当※2)獲得可能獲得可能
特徴
  • 年間合計150万円以上利用すると、カード継続時に無料宿泊券プレゼント
  • 入会と同時にMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格が得られる
  • 年間合計200万円以上利用すると、カード継続時に国内対象ホテルの無料宿泊券プレゼント
  • ゴールドで実績を積むとアメックスプラチナカードへの招待を受けられる可能性が上がる
こんな人におすすめ Marriott Bonvoy系列ホテルを利用することが多い人 プライオリティ・パスなどの特典を利用したい
公式サイト 公式ページへ 公式ページへ

※1 ANAマイルに移行した場合 ※2 ANAマイルに交換する場合。ANAマイルへの交換はメンバーシップ・リワード ANAコースへの登録が必要(年間参加費5500円)。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの年会費は4万9500円、アメックスゴールド・プリファードは3万9600円と、どちらもハイステータスなクレカです。

旅行特典が豊富なマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムと、ひと目で「アメックスだ」とわかるアメックスゴールド・プリファード、それぞれに魅力があります。

この記事では、還元率や特典など、両カードの特徴を比べて、徹底的に比較しました。自分に合ったカード選びを考える際の参考にしてみてくださいね。

この記事はこんな内容です

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファード、おすすめなのはこんな人

  • マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは年間150万円以上のカード利用でカード継続時に宿泊無料券がもらえるので旅好きにおすすめ
  • アメックスブランドのステータスを上げたいならアメックスゴールド・プリファードがおすすめ

目次

旅行好きならマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム、ステータス重視ならアメックスゴールド・プリファード

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファード、同じアメックスブランドで旅に強いイメージがあるので、どちらのクレジットカードにすべきかは悩みますよね。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは旅行において、特にホテルに関する特典が魅力的なクレジットカードです。

その代表的な特典として、入会と同時にMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格を得ることができます。

Marriott Bonvoyとは、ホテルチェーン「マリオットインターナショナル」で、宿泊割引などさまざまな特典が利用できるロイヤルティプログラムです。

会員のランクは6段階あり、ゴールドエリート会員は、チェックアウト時刻の延長や、チェックイン時の空室状況次第ではよりよい部屋に泊まれるアップグレードを受けられます。

対して、アメックスゴールド・プリファードは2024年2月20日に新登場したカードで、アメックスの従来のゴールドカードの魅力を再考し、いまの時台に合わせた特典やサービスが付帯した1枚として登場しました。

アメックスのプロパーカードとしてステータス性が高く国際線空港VIPラウンジ利用の特典や、カード会員専用の旅行サイトが用意されています。

ここからは、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの違いをひとつずつ確認していきましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムはホテル関連の特典満載!ハイグレードなホテルへの宿泊を実現

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは、旅においての利便性がかなり高く、特にホテルにこだわりたい人におすすめの1枚です。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの特徴

  • 年間合計150万円以上利用すると、カード継続時に無料宿泊券プレゼント
  • 入会と同時にMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格が得られる
  • スマホの修理代金や盗難を補償する保険が最大3万円分付く
  • 家族カード1枚目無料なので、家族カードの作成を考えている人にもおすすめ

Marriott Bonvoyホテルグループの提携カードなので、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラムに参加しているホテルで利用すると、通常のポイントからさらに25%分のボーナスポイントを獲得できます。

また年間150万円以上のカード利用で、カードを毎年継続するごとに無料宿泊特典がもらえることも大きな特徴です。

無料宿泊券は世界各地のMarriott Bonvoyプログラム参加ホテルで、1泊1室、2名まで利用できます。

追加料金を支払うことで、子どもなどを含めた3名1室なども利用できる場合もあります。

ホテルのランクやシーズンにより、宿泊に必要なMarriott Bonvoyポイントは変わりますが、無料宿泊券では1泊5万Marriott Bonvoyポイントまでのホテルでの宿泊が可能です。

※ 手持ちのポイント1万5000ポイントを加えて、6万5000ポイントで宿泊できるホテルまで利用することも可能。

また、入会と同時にMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を得られます。

これにより、宿泊する部屋のアップグレードが期待できたり、ホテルのチェックアウト時間を14時まで延長したり、客室内で高速にインターネットを利用できるプレミアムWi-Fiがあったりと、ハイクラスな旅を体験できます

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

アイキャッチ画像:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 1.0% ※1
年会費 49,500円
発行スピード 通常2週間程度
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:3ポイント=1マイルの交換レート。ポイント還元率は1マイル=1円相当とした場合で算出
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大3万9000ポイント
    プレゼント


    ・入会後3ヶ月以内に30万円利用で3万ボーナスポイント
    ・30万円分の通常ポイント9000ポイント

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとマリオットボンヴォイ・アメックスの特典についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック

プラチナカードへの実績を積むならアメックスゴールド・プリファードがおすすめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

アメックスゴールド・プリファード(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード)はアメックスのプロパーカードで、持っているだけでステータスを感じられるので、ステータス重視の人におすすめのクレカです。

アメリカン・エキスプレスが従来のゴールドカードの魅力を再考して、今の時代に合わせたカードとして2024年2月に登場させたのがアメックスゴールド・プリファードになります。

年会費は3万9600円とゴールドカードの中では高額ですが、他社ならプラチナカードに匹敵する特典、サービスを備えているうえに、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムよりも安くなります。

アメックスゴールド・プリファードのおすすめポイント

  • 年会費はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムより安いうえ、アメックスの幅広い特典を受けられる
  • ゴールドで実績を積むアメックスプラチナカードへの招待を受けられる可能性が上がる
  • メンバーシップ・リワード・プラス」の年間参加費が無料、さらに自動的に登録される
  • 家族カードの作成は2枚目まで無料なので、家族カードの作成を考えている人にもおすすめ

ポイント還元率は0.5〜0.8(※)%ですが、特典も豊富ということもあり、メインカードとして長期にわたり使用していきたいカードです。

※ アメリカン・エキスプレスのオンライン・ショッピング「American Express Safekey」で利用した場合。還元率がアップする「メンバーシップ・リワード・プラス」の参加費が無料&自動登録になるため、還元率はメンバーシップ・リワード・プラス加盟を前提に算出。

アメックスゴールド・プリファードは、通常であれば年間参加費3300円かかる「メンバーシップ・リワード・プラス」の年間参加費が無料、さらに自動的に登録され、対象加盟店でのポイント還元率が3倍になるほか、ポイントの有効期限が無期限になります。

アメックスのプロパーカードには、ゴールドカードの1つ上のクラスとして、プラチナカードが存在しています。

ゴールドカードできちんと支払いを続ければ、プラチナカードへの招待が期待できます。

カードランクのアップを目指している人は、ゴールドカードで実績を積んでいくのもおすすめです。

アメックスゴールド・プリファードは、本会員とほぼ同等の特典を受けることができる家族カードを2枚無料で作れるという特徴があります。

家族カードの利用を検討している人には魅力的ですよね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 0.5〜0.8% ※1
年会費 39,600円
発行スピード 1~3週間 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:American Express Safekey利用時で算出
※2:カード到着までの期間
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で

    合計12万ポイント


    ・入会後3ヶ月以内に50万以上円利用で2万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内に100万円以上利用で8万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内にアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインにて5万円以上利用で1万ボーナスポイント
    ・100万円分の通常ポイント1万ポイント

アメックスゴールド・プリファードの特典についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの違いは?ポイント別の比較まとめ

ここからは、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードのどちらがお得かを、項目別に解説していきます。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファード、どちらがお得かポイント別にジャッジ!

  • 年会費で比較するとアメックスゴールド・プリファードがお得!
  • ポイント還元率重視の人はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム
  • マイル交換マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの方が高レート!
  • 入会特典のボーナスポイントアメックスゴールド・プリファードの方がお得!
  • カードに付帯する特典は優劣付けがたい
  • 国内・海外旅行傷害保険は同条件

年会費で比較するとアメックスゴールド・プリファードがお得!

年会費で比較すると、よりお得なのはアメックスゴールド・プリファードです。

年会費で比べるとアメックスゴールド・プリファードがお得!
アメックスゴールド・プリファードの公式ページから申し込む▶

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードには以下のような違いがあります。

年会費・家族カード比較表
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
アメックスゴールド・プリファード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
年会費 4万9500円 3万9600円
家族カード年会費 家族カード1枚目無料
2枚目以降2万4750円
家族カード2枚無料
3枚目以降1万9800円
家族カード特典 ・旅行傷害保険利用付帯/航空便遅延費用補償
・トラベルサービス(手荷物無料宅配/空港ラウンジ利用)
・各種プロテクション(ショッピング/リターン/キャンセル/オンライン使用/スマートフォン)
・オーバーシーズ・アシスト
・旅行傷害保険利用付帯/航空便遅延費用補償
・トラベルサービス(手荷物無料宅配/空港ラウンジ利用/「プライオリティ・パス」)
・各種プロテクション(ショッピング/リターン/キャンセル/オンライン使用/スマートフォン)
・オーバーシーズ・アシスト

年会費で比べると、アメックスゴールドの1万円弱安く設定されています。

家族カードの年会費はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム1枚目は無料なのに比べ、アメックスゴールド・プリファードは2枚目まで無料です。

さらにマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは2枚目以降は2万4750円ですが、アメックスゴールド・プリファードは3枚目以降1万9800円と、家族カードもアメックスゴールド・プリファードの方がお得です。

そもそもの年会費自体もアメックスゴールドの方が安い上に、2枚目以降の家族カードの年会費まで考えてもアメックスゴールド・プリファードがお得であることがはっきりとわかります。

また、家族カードの特典は似ていますが、「プライオリティ・パス」への入会など、アメックスゴールド・プリファードの方にしかない特典もあります。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの家族カードは、1枚目は年会費は無料ですが、Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格や無料宿泊券などの特典はつきません。

それでも、家族でポイントを貯められるメリットがあります。

家族カードの特典を考慮した場合でも、年会費はアメックスゴールド・プリファードの方がお得といえます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

お得なキャンペーン

  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で

    合計12万ポイント


    ・入会後3ヶ月以内に50万以上円利用で2万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内に100万円以上利用で8万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内にアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインにて5万円以上利用で1万ボーナスポイント
    ・100万円分の通常ポイント1万ポイント

ポイント還元率重視の人はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム!

ポイントの還元率を重視している人にはマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムがおすすめです。

ポイント還元率はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムが優勢
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの公式ページから申し込む▶

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムのポイントは、アメックスゴールド・プリファードと比べるとギフトカードやマイルに高レートで交換できます。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードでは貯まるポイントが違うので、ポイントの種類と併せて、還元率について詳しく見ていきましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムはMarriott Bonvoyのポイントが貯まる

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは、マリオットインターナショナル系列のポイント・プログラム「Marriott Bonvoy」を採用しています。

基本的にはホテルで使えるポイント(Marriott Bonvoyポイント)が貯まるクレカなのですが、貯まったMarriott Bonvoyポイントはマイルやギフトカードへの交換も可能です。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムのポイント・プログラム

  • ポイント:Marriott Bonvoyポイント
  • ポイント付与レート:100円=3Marriott Bonvoyポイント
  • ポイント還元率:ギフトカードへ交換の場合0.4〜0.8%、マイル交換の場合1.0〜1.25%

Marriott Bonvoyポイントは、通常の買い物だけの利用だけでなく、公共料金や携帯電話の支払いでもポイントが貯まります。

ポイントの有効期限は、2年以内にカード利用もしくはポイント交換をすることで更新されるので、実質無期限であることが大きな特徴です。

また、Marriott Bonvoy参加ホテルで利用すると獲得ポイントが2倍になり、100円につき6ポイント貯まります。

さらにMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の特典や同参加ホテルにより合計18.5%還元と、お得にポイントを獲得できます。

Marriott Bonvoy系列ホテルの宿泊におけるポイント還元率
Marriott Bonvoy会員特典 1ドルにつき10%還元
Marriott Bonvoyゴールドエリート会員特典 獲得ポイントの25%追加ボーナスポイント還元=+2.5%還元
系列ホテル利用のポイント 利用額100円につき6ポイント=+6%還元
=合計18.5%還元

ポイントはホテルの宿泊利用、マイル・ギフトカードに交換可能

ポイントは、Marriott Bonvoy参加ホテルの宿泊マイルやギフトカードとの交換に利用できます。

ホテルは、カテゴリーが1〜8に分かれており、さらにオフピーク、スタンダード、ピークと時期が分けられています。

カテゴリーが上がるごとに宿泊に必要な料金やポイントも上がり、時期ではオフピークが最安値、ピークが最高値になります。

1ポイントが何円相当になるかは時期や泊まるホテルにより異なりますが、タイミングが合えば、1ポイントを1.6円相当で利用できる場合もあります(※)。

その際のポイント還元率は4.8%になります。

※ オフピークのザ・リッツ・カールトン日光の宿泊料金で算出。

ポイント還元率は、ギフトカードなどに交換する場合なら、0.4%〜0.8%、マイルへの交換の場合は1.0〜1.25%です。

詳しくは次の「マイル交換はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの方が高レート!」の項目を参照ください。

Marriott Bonvoyポイントは、カード利用で貯めるだけでなく、ポイントを購入することもできます。

Marriott Bonvoyの公式サイト で1000ポイントを12.50ドルから購入できます。

通常年に5万ポイントまで購入可能ですが、セール中やキャンペーンなどで大幅に購入できるポイントがアップする(原則として最大10万ポイントまで購入可能)こともあります。ポイントは他の会員への譲渡も可能です。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

アイキャッチ画像:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大3万9000ポイント
    プレゼント


    ・入会後3ヶ月以内に30万円利用で3万ボーナスポイント
    ・30万円分の通常ポイント9000ポイント

アメックスゴールド・プリファードのポイント・プログラムはメンバーシップ・リワード

アメックスゴールド・プリファードのポイントについて確認しましょう。

アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」は、通常の買い物だけでなく、公共料金の支払いでもポイントが貯まる仕組みです(※)。

※ NHKの支払いを除く。

有効期限は最大3年間ですが、一度ポイントをアイテムと交換すると無期限に、また、年会費3300円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することでもポイントを無期限にすることが可能です。

アメックスゴールド・プリファードは、このメンバーシップ・リワード・プラスの年間参加費が無料、さらに自動的に登録されるので、ポイントがとても貯まりやすいのが魅力です。

アメックスゴールドのポイント・プログラム

  • ポイント:メンバーシップ・リワード
  • ポイント付与レート:100円=1ポイント(公共料金は200円=1ポイント)
  • ポイント還元率:ギフトカードへ交換の場合、0.3〜0.33%
    マイル交換の場合、0.33〜1.0%

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、マイル移行のレートがよくなったり、登録者が無料で利用できる「ボーナスポイントプログラム」に参加して対象加盟店で利用すると、ポイント付与率が3.0%になったりします。

ポイント還元率は、ギフトカードなどに交換する場合は0.3%〜0.33%、マイル交換の場合は0.33〜1.0%となっています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

お得なキャンペーン

  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で

    合計12万ポイント


    ・入会後3ヶ月以内に50万以上円利用で2万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内に100万円以上利用で8万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内にアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインにて5万円以上利用で1万ボーナスポイント
    ・100万円分の通常ポイント1万ポイント

マイル交換はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの方が高レート!

マイル交換においては、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムがより高レートで交換できます。

それぞれのレートについて詳細を見てみましょう。

マイル交換はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの方が高レートで交換できる
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの公式ページから申し込む▶

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムでは、ほとんどの航空会社で3ポイント=1マイルのレートで交換できます。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムはJALやANAなど39の航空会社のマイルに移行でき、ANAとJALはどちらも3000ポイント=1000マイル(マイル還元率1.0%)から交換可能です。

6万ポイント単位でマイルに交換すると、ボーナスとして5000マイル(1万5000ポイント分)付与され、実質的に7万5000ポイント分を変換した、2万5000マイルを獲得(マイル還元率1.25%)できます。

さらに、ユナイテッド航空のマイルへ6万ポイントごとに移行すれば、なんと1万ボーナスマイルが獲得できます。

お得にマイル交換をしたいのであれば、6万ポイントごとに移行するとよいでしょう。

対して、アメックスゴールド・プリファードはマイルを移行できる航空会社はJALやANAを含めた15社

通常2〜3ポイント=1マイルのレートで移行可能(マイル還元率0.33〜0.5%)です。

アメックスゴールド・プリファードはメンバーシップ・リワード・プラスに自動で登録されるため、より良い交換レート(マイル還元率0.4%〜1.0%)でマイル移行ができます。

マイルの移行レートの違い
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム アメックスゴールド・プリファード(※1)
ANAマイルへ移行する場合 3000ポイント=1000マイル 1000ポイント=1000マイル(※2)
JALマイルへ移行する場合 3000ポイント=1000マイル 2500ポイント=1000マイル
その他の提携航空パートナーの数 39社 15社
そのほかの提携航空パートナーのマイルへ移行する場合 3000ポイント=1000マイル 1250ポイント=1000マイル

※1 「メンバーシップ・リワード」登録済み。
※2 ANAマイルへ移行する場合は、別途「メンバーシップ・リワード ANAコース(年会費5500円)」への登録が必要。1年で交換できるのは4万マイル分まで(メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合は4万ポイント、未登録の場合は8万ポイントまで)。

上記の比較の結果、ポイント交換レートや手間、交換可能な航空会社の数など、さまざまな要素において、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの方が優れているといえます。

入会キャンペーンはアメックスゴールド・プリファードの方がお得!

アメックスゴールド・プリファード、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムはともに入会キャンペーンを実施していて、入会直後のカード利用でポイントを大量に貯められます。

アメックスゴールド・プリファードとマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは、ポイントシステムや1ポイントの価値が異なるので単純な比較はできませんが、マイル換算で考えるとアメックスゴールド・プリファードの方が多くのポイントが貯まります

入会特典はアメックスゴールド・プリファードの方がお得
アメックスゴールド・プリファードの公式ページから申し込む▶

どちらのカードで何ポイントをもらえるのか、詳しく見ていきましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの入会特典
マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム アメックスゴールド・プリファード
入会特典ポイント 入会後3ヶ月以内に30万円のカード利用で3万ポイント 入会後6ヶ月以内にアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインにて5万円以上利用で1万ボーナスポイント
入会後3ヶ月以内に50万円のカード利用で2万ポイント
入会後6ヶ月以内に100万円のカード利用で8万ポイント
上記のカード利用で付与される通常ポイント 30万円分のカード利用で還元されるポイントは9000ポイント 100万円分のカード利用で還元されるポイントは1万ポイント
合計 3万9000ポイント 12万ポイント
公式ページで
詳細を見る▶
公式ページで
詳細を見る▶

通常のカード利用分のポイントと合算して、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムが30万円のカード利用で3万9000ポイントを獲得できるのに対して、アメックスゴールド・プリファードは100万円のカード利用で合計12万ポイントの獲得が可能です(2024年2月現在)。

両者のポイント・プログラムが異なるので、ここではマイルに移行した場合で比較します。マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは1万3000マイルアメックスゴールド・プリファードは12万マイル(※1)となり、アメックスゴールド・プリファードのほうがかなり多くのマイルを獲得できます。

※1 ANAマイルの場合。ANAマイルへの移行にはさらに「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費5500円)の登録が必要。

カードに付帯する特典は優劣付けがたい。自分の目的に合った方を選ぼう

カードの特典はそれぞれ異なるので、単純に比較して優劣がつけられるものではありません。

そのため、自分がどの特典を利用することが多いかを考えて選ぶとよいでしょう。

自分の目的に合った特典が付いているカードを選ぶ

  • Marriott Bonvoy系列ホテルを利用することが多い人はマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム
  • それ以外のホテル利用が多く、レストラン優待や空港VIPラウンジサービスの「プライオリティ・パス」などの特典を利用したい場合はアメックスゴールド

それぞれの特典について詳しく見ていきましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの特典はMarriott Bonvoy系列ホテルを利用することが多い人におすすめ!

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムには、Marriott Bonvoy系列ホテルの宿泊に特化した特典が多いといえます。

Marriott Bonvoy系列ホテルをよく利用する人には、特におすすめのカードです。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムのおもな特典

  • カード継続時にMarriott Bonvoy参加ホテルの無料宿泊券がもらえる
  • Marriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格が付帯
  • Marriott Bonvoyプラチナエリート会員資格へのアップグレードが可能
  • 年間150万円以上のカード利用で、カード継続時に無料宿泊特典をプレゼント
  • 「 エリートナイトクレジット」15泊の宿泊実績をプレゼント
  • 宿泊の際に使える100米ドル(1万円相当分)のプロパティクレジットプレゼント
  • 家族カード1枚目年会費無料
  • 手持ちのスマホの修理代金、盗難などの補償年間最大3万円分

まず注目するべきは、カード継続時にもらえるMarriott Bonvoy系列ホテルの1泊分の無料宿泊券です。

Marriott Bonvoy系列ホテルはランクに分かれていて、ランクによって宿泊に必要なポイントは異なるといいましたが、無料宿泊券は5万ポイント(※)までで泊まれるホテルが対象です。

※ 手持ちのポイント1万5000ポイントを加えて、6万5000ポイントで宿泊できるホテルまで利用することも可能。

宿泊できるのは2人まで、ポイントを分割して利用することはできないといった条件がありますが、これだけでも年会費の元が取れるほどお得な特典です。

無料宿泊対象のホテルは「マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは旅好き必携のホテル優待最強カード!豪華特典を徹底紹介」で紹介しているので、こちらも参考にしてください。

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格が付帯するのも大きなメリットです。ゴールドエリート会員となることで、Marriott Bonvoy参加ホテルにて受けられるおもなサービスは以下です。

ゴールドエリート会員へのMarriott Bonvoy参加ホテル宿泊におけるサービス

  • チェックイン時の空室状況により、部屋のアップグレードが可能
  • 1ドルにつき10%ポイント還元のところ、利用額の18.5%ポイント還元
  • 14時までチェックアウト時間の延長
  • 客室にてプレミアムWi-Fi利用可能
  • ゴールドウェルカムギフトポイント200または500ポイントをプレゼント

系列のホテル利用をする場合、ポイント還元率は非常に高く、割引サービスと併せて、お得に快適な旅行を実現できるでしょう。

その他、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの特典では空港などでも受けられるサービスが多いのも特徴です。

本人および同伴者1名までの国内外29空港ラウンジの無料使用手荷物無料宅配サービスエアポート送迎サービス、空港クロークサービス、無料ポーターサービスなどが用意されています。

エリートナイトクレジットで会員資格のアップグレードも狙える

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの「エリートナイトクレジット」とは、新規・継続時ボーナスとしてMarriott Bonvoy参加ホテルの宿泊実績が5日分付与されることです。

Marriott Bonvoyのプログラムでは、以下の表のとおり、年間の宿泊数に応じて会員ランクが決まります。

エリートナイトクレジットは、このランクを上げやすくするためのもので、15日分がそのまま必要宿泊実績にカウントされます。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムを所持していれば、自動的にゴールドエリート会員の資格が付いています。

さらに、1年間に400万円以上のカード利用達成でプラチナエリート会員資格へアップグレードされる特典が増えました。

Marriott Bonvoy会員ランクと付帯する特典
会員ランク 必要宿泊実績
普通会員 年間0~9泊
シルバーエリート 年間10泊
ゴールドエリート 年間25泊
プラチナエリート 年間50泊
チタンエリート 年間75泊
アンバサダーエリート 年間100泊※年間宿泊費2万ドル以上の利用が必要

プラチナ以降のランクになると、客室やスパ利用におけるボーナスポイントの追加や、ウェルカムギフト、特定のホテルでのラウンジ利用などの特典が追加されるようになります。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

アイキャッチ画像:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大3万9000ポイント
    プレゼント


    ・入会後3ヶ月以内に30万円利用で3万ボーナスポイント
    ・30万円分の通常ポイント9000ポイント

アメックスゴールド・プリファードの特典は日常的に使いやすいものが多い!

アメックスゴールド・プリファードは、レストラン優待プライオリティ・パスといった広範なサービスを受けたい人におすすめの特典が数多く付いています。

アメックスゴールド・プリファードのおもな特典

  • 年間200万円以上のカード利用でカード継続時に1泊2名分の無料宿泊券をプレゼント
  • カード継続時に「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」の1万円分のトラベルクレジットをプレゼント
  • 専用サイトで、2泊以上ホテル予約をした場合、館内施設利用100米ドルオフ&部屋のアップグレードが可能
  • カード継続時 「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上の予約をすると使える1万5000円クーポンプレゼント
  • カード会員様専用旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」が利用でき、ポイント還元率が2.0%に
  • エクスペディア」での海外旅行予約が8.0%オフなど、特定サイトでの割引あり
  • 国内外29空港ラウンジを無料で利用可能
  • 国内外1400以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に年会費無料で登録可能、利用料が年間2回まで無料に
  • 各種空港サービスあり(手荷物宅配送迎/クローク/ポーターサービス/海外用レンタル携帯電話特別割引/空港パーキングなど
  • 国内外約250店舗レストランで、所定コースメニュー2名以上予約で1名分のコース料理代が無料
  • カード継続時にはスターバックス3000円分ドリンクチケット
  • 各種プロテクション(ショッピング/リターン/キャンセル/オンライン使用/スマートフォン)あり

アメックスゴールド・プリファードの特典には、カード継続特典として、1泊2名分の無料宿泊券(年間200万円以上のカード利用が条件)や1万円分のトラベルクレジットのプレゼントなどがあります。

また、各種旅行予約サイト利用での特典や割引が用意されているのもうれしいポイントです。

空港で受けられるサービスについては、 国内外の空港のラウンジを無料で利用可能な他、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムにはない「プライオリティ・パス」に無料で登録できる特典もあります。

その他、レストランやスターバックスなど、特定の店舗で利用できる優待が付くのも魅力です。

プロテクションについては、スマートフォン・プロテクションという、スマートフォンの破損に対して補償期間中(1年間)、通算して最大5万円までの補償が付く点で、3万円分しか補償されないマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムより優れているといえます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

お得なキャンペーン

  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で

    合計12万ポイント


    ・入会後3ヶ月以内に50万以上円利用で2万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内に100万円以上利用で8万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内にアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインにて5万円以上利用で1万ボーナスポイント
    ・100万円分の通常ポイント1万ポイント

国内・海外旅行傷害保険は同条件

付帯する国内・海外旅行傷害保険については、マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの保証内容に違いはありません。

国内・海外旅行ともに旅行代金をカード決済した場合に補償される利用付帯です。

適用対象はカード会員本人および配偶者、カード会員と生計を共にする家族となっています。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードに付帯する旅行保険の補償内容
旅行代金をカードで決済する場合
基本カード会員 基本カード会員の家族
国内旅行 傷害死亡・後遺障害保険金 最高5000万円 最高1000万円
海外旅行 傷害死亡・後遺障害保険金 最高1億円 最高1000万円
傷害治療費用保険金 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用保険金 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険金 最高4000万円
携行品損害保険金 1旅行中最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高300万円
航空便遅延費用等 最高2〜4万円 -

デメリットも理解してカードを選ぼう

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファード、それぞれデメリットもあります。メリットだけでなく、デメリットも理解しておくことがカード選びには重要なポイントです。

それぞれのカードの特徴的なデメリットは次のような点です。

それぞれのカードのデメリット

  • マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは年間150万円以上カード利用しないと無料宿泊特典がもらえない
  • アメックスゴールド・プリファードは年間で交換できるマイルに上限がある

カードごとに詳しく見ていきましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックスのデメリットは年間150万円以上カード利用しないと無料宿泊特典がもらえない

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは、切り替え前のSPGアメックスのときはカード継続時に必ずもらえていた無料宿泊特典が、年間150万円以上カードを利用しないともらえなくなったことが大きなデメリットでしょう

年会費が高い分、ホテル宿泊や旅行を快適に過ごすための特典が豊富に用意されていますが、特典を受け取るのに年間のカード利用額が条件になっているケースが多くなりました。

年間にどれくらいカード利用をするかを検討してから入会するかどうかを決める方が良さそうですね。

アメックスゴールド・プリファードは交換できるマイルに上限があることがネック

アメックスゴールド・プリファードは、年間で交換できるマイルに上限があることが大きなデメリットです。

上限は4万マイル分まで。メンバーシップ・リワード・プラスに登録していた場合は4万ポイント(未登録の場合は8万ポイント)です。

また、ポイントを良いレートでマイルに移行したり、ANAマイルに移行する際には有料のコース登録が必要なのも注意しておきたいところです。

さいごに...

この記事のまとめ

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの違いを比べてきました。

旅行が好きな人にはマリオットボンヴォイ・アメックスプレミアム、レストラン優待やプライオリティ・パスといった広範なサービスを受けたい人や、アメックスのステータスを上げていきたい人にはアメックスゴールド・プリファードがおすすめです。

今後、カードの特典内容は変更される可能性がありますので、注視していくべきでしょう。それぞれのカードの利点をよく比べて、自分の用途に合った一枚を作成しましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードのおすすめポイント

  • マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは年間150万円以上のカード利用で継続利用でMarriott Bonvoy系列ホテルの無料宿泊券が手に入る
  • 入会するだけでMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を得られるので旅好きにおすすめ
  • アメックスゴールド・プリファード利用実績でアメックスプラチナの招待を目指せる
  • 家族カードやレストラン優待、空港ラウンジ利用など幅広い特典

「マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムとアメックスゴールド・プリファードの違いは?ポイント別の比較まとめ」をもう一度見る

監修者

監修者紹介:菊地崇仁

(株)ポイ探 代表取締役

菊地崇仁

(株)ポイ探 代表取締役

北海道札幌市出身。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。約100枚のクレジットカードを保有し、約150万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

公開

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。