マイル

Mile

公開
更新

旅行や買い物でお得にマイルが貯まる!おすすめクレカを紹介

監修者紹介:菊地崇仁

(株)ポイ探 代表取締役

菊地崇仁監修

旅行をするときによく耳にする「マイル」という言葉。

「マイル」という言葉自体は知っていても、実際にはマイルの種類や仕組みについて、詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。一口に「マイル」と言っても実は種類があり、種類に応じてマイルの貯め方にもコツがあります。

こんなことが気になる人へ

  • 「マイル自体は知ってるけど、種類や仕組みまでは詳しく知らないな……」
  • 「お得にマイルを貯められる、おすすめのクレジットカードが知りたい」

日本で利用されるマイルとして有名なのが「JAL」と「ANA」のマイル。

マイレージ会員の場合、飛行機に搭乗すれば自動的にマイルが貯まりますが、各種クレジットカードなどのマイルに対応したカードを使うとさらにお得に貯まります

カードの種類によって、マイルの貯まりやすさ(マイル還元率)や貯めることができる場面も異なります。

この記事では、マイルの仕組みやマイルのお得な貯め方などの基本について解説した上で、目的に合ったおすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

マイルについて知っている人、これから貯めようと考えている人もぜひ参考にしてください。

この記事はこんな内容です

旅行をする人の間で有名なマイルって?

  • マイルとは航空会社が提供するマイレージプログラムで貯められるポイントのこと
  • 貯まったマイルは特典航空券への交換や座席のアップグレードに使える
  • マイルは飛行機に乗ったり、マイレージ機能に対応したクレカを支払いに利用すると貯められる

目次

マイルって何?マイルの基礎知識や仕組み、お得な貯め方を徹底解説!

なんとなくマイルというものを知ってる人も多いと思いますが、その内容や仕組みを理解すると、実はもっとお得にマイルを貯めたり利用できたりします。

ここでは、マイルとは何か、どうやってマイルを貯めるのか、わかりやすく簡潔に解説していきます。

マイルは航空会社が提供するポイント!無料航空券に交換することも

マイルとは、航空会社が提供するマイレージプログラムで貯めることができるポイントです。

各航空会社のマイレージ会員になると、搭乗するフライト距離などによってマイルが貯まり、そのマイルに応じた特典を受けることができます。

特典には、無料航空券や割引航空券、座席グレードアップなどがあり、各マイルの提携先のポイントに変換することも可能です。

マイルが貯まる仕組みって? どうやって貯めたらいいの?

マイルを貯める方法は、いくつか種類があります。飛行機に乗る、買い物をするなど、自分に合った方法でマイルを貯めると効率的に利用できます。

マイルを貯める方法

  • 飛行機に乗って貯める
  • クレジットカードを利用して貯める
  • 電子マネーなど他の方法でも貯めることが可能!

ここからは、マイルを貯める方法について詳しく見ていきましょう 。

飛行機に乗って貯める

マイルを一度に多く貯める方法は、飛行機に乗り、フライト距離に応じたマイルを受け取ることです。

フライト距離が長くなればなるほど、また座席のグレードが上がれば上がるほど、マイルを多く貯めることができる仕組みになっています。

JALを利用する場合、入会費・年会費が無料のJMB(JALマイレージバンク)会員(※)だと、1回のフライトでもらえるマイルは東京→沖縄の片道で984マイルです。

※ 搭乗や宿泊・ショッピングなどで貯めたマイルを航空券や電子マネーなどの豊富な特典と交換できるJALのマイレージプログラムの会員。

JALを利用した場合、1回のフライトでもらえるマイルの例
区間 通常の区間マイル(片道)
(積算率100%計算)
東京(羽田・成田)→沖縄 984マイル
東京→ハワイ(ホノルル) 3831マイル

(2020年11月現在)

運賃種別によっては、マイルが増減することがあるため、事前に取得できるマイル数を確認しましょう。

航空会社によってマイルの種類が異なるため、JALとANAのどちらのマイルを貯めたいか選んで、利用する航空会社を統一すると効率的に貯められます。

また、JALやANA以外の航空会社を利用する際にも、JALとANAどちらかの航空会社と提携している場合があるため、事前に確認するとよりお得に利用することができます。

クレジットカードを利用して貯める

クレジットカードにはマイレージ機能が付いているものが存在します。

マイレージ機能付のクレジットカードを持っていれば、日々の生活の中での買い物で自動的にマイルを貯めることができます。

フライト利用時のように一気に多くは貯まりませんが、買い物金額に応じてマイルが貯まっていくため、日常の中で手軽にコツコツと貯めていけるのが魅力です。

マイルを貯める人は「マイラー」と呼ばれることがありますが、フライトによる空でマイルを貯める人と比較して、普段のお買い物などでマイルを貯める人のことを「陸(おか・りく)マイラー」と呼ぶこともあります。

クレジットカードを利用した買い物でマイルを貯める場合は、マイルの還元率が高いクレジットカードを選ぶといいでしょう。

電子マネーなど他の方法でも貯めることが可能!

フライト利用時とクレジットカード利用時にマイルを貯める方法が主流ですが、他にもお得にマイルを貯める方法があります。

その1つが「電子マネー」を利用することです。

JALはWAONと、ANAは楽天Edyと提携しており、それぞれ電子マネーを利用するとマイルが貯まります。

電子マネーでマイルを貯める際に魅力的なのが、対象のJALカードおよびANAカードを利用してクレジットチャージをすると、チャージの際にもマイルが貯まることです。

これにより、クレジットでチャージする際と、実際に電子マネーで買い物をする際の2回マイルを貯めることができます。

また、他にもマイルを貯める方法としては、「提携ホテル」を利用することもあります。JALやANAと提携しているホテルに宿泊することで、ホテルが定めるマイルを受け取れます。

このように、飛行機の利用のほかにも、日々の買い物や電子マネーを使う際などさまざまな場面でマイルを貯める機会があります。

工夫次第では、どこでもマイルを貯めることが可能なので、ぜひ自分に合った方法を選んでお得にマイルを貯めましょう。

貯まったマイルはどんなことに使えるの?

フライトや買い物で貯めたマイルは、さまざまな形で利用できるのが魅力です。

旅行をお得に快適にしたり、日々の買い物で得をしたりなど、マイルの使い方は、年々幅も広がり、利用できるシーンも増えています。

マイルの使い方

  • 特典航空券が手に入る
  • 座席のアップグレードができる
  • 電子マネーやポイントに交換できる

それぞれ詳しく説明していきます。

特典航空券が手に入る

マイルを貯める最大の魅力は、航空券を無料や割引で手に入れることができる点です。

特典航空券への交換

JALの場合
国内線は片道6000マイルから、国際線は片道7500マイルから無料で交換可能
ANAの場合
国内線は片道5000マイルから、国際線は往復1万2000マイルから無料で交換可能

※ ANAは国際線の場合、片道での利用は不可

予約を取る時期によっては、必要なマイルが多くなっていたり、予約を受け付けていない場合もあるので、事前に注意が必要です。

海外への渡航の場合は、燃油サーチャージ代や空港利用料などは含まれていないため、別途支払う必要があります。

座席のアップグレードができる

貯めたマイルを利用することによって、予約したフライトの座席をアップグレードすることが可能です。

エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスへとアップグレードができるので、長時間のフライトも快適に楽しく過ごせますね。

代理店が販売する格安航空券などは対象外のことが多いため、事前に、マイルによる座席アップグレードの対象の航空券かどうか確認しましょう。

電子マネーやポイントに交換できる

貯めたマイルは、クーポン券や提携先の商品券、電子マネーとしても使えます

マイルで交換できるポイントと電子マネー
マイル交換先 交換できる電子マネー
JAL ・JALグループのツアーやホテル宿泊などの支払いに利用できるクーポン券
・Amazonのギフト券
・Suica
・Pontaポイントなど
WAON
ANA ・iTunesギフト券
・nanaco
・Tポイントなど
楽天Edy

JAL・ANAともにマイルをさまざまなポイントやギフト券、電子マネーに交換できます。

WAONはイオンが提供する電子マネーで、全国のイオングループの店舗やミニストップやファミリーマート、ローソンなどのコンビニでも利用できるので、日常生活でとても使いやすいですね。

楽天Edyは楽天が提供する電子マネーで、WAONと同じく、大手コンビニでも利用できる他、イトーヨーカドーや楽天市場などでも使えるので便利です。

マイルとポイントはどんな違いがあるの?

マイルは、おもに航空会社独自のサービスである座席のアップグレードや特典航空券に交換できるのに対し、ポイントは生活の中で利用することができます。

マイルとポイントは、それぞれ利用できる場面や特徴が異なり、必ずしもどちらがお得ということはありません。

特典航空券や座席のアップグレードを利用して旅行をお得に満喫したいのか、日々の生活の中でお得に買い物などをしたいのかなど、自分の目的に合ったものを選ぶのが大事です。

マイルやポイントには有効期限があります。期限内に利用できるかという点も重要になってくるので、事前に調べておくといいでしょう。

マイルと提携のあるポイントであれば、ポイントからマイルへの交換が可能なため、交換レートや還元率なども注目したい点です。

効率よくマイルを貯めるクレカ選びのポイント

マイルをお得に貯める際に必要なクレジットカード。最近では、クレジットカードも多くの種類が発行されており、どれを選んでいいかわからないという人多いはず。

ここでは、お得にマイルを貯めるための、おさえておきたいクレカ選びのポイントを紹介します。

マイルを効率よく貯めるクレカ選びのポイント

  • 飛行機の搭乗ごとのボーナス倍率が高いカードを選ぶ
  • クレジットカード利用でのマイル還元率に注目する
  • 日常生活の中で使いやすいクレジットカードかどうか
  • ポイントをマイルに移行する際の移行上限に注意する

飛行機の搭乗ごとのボーナス倍率が高いカードを選ぶ

マイルを一気に貯める方法として効率的な手段が、飛行機に乗ることです。そして、特定のクレカを持っていると飛行機に搭乗することでボーナスマイルを得ることができます

ボーナスマイルは、クレジットカードの種類によって得られる率も異なるため、とても大事な要素ですね。

一部を除き、年会費などが発生するため、飛行機の利用頻度なども考慮して選択する必要があります。

クレジットカード利用でのマイル還元率に注目

マイレージ機能付きクレジットカードの場合は、買い物でマイルを貯めることができます。

例えば、JALカード 普通カードだと、買い物金額200円あたり1マイルが獲得でき、マイル還元率が0.5%となります。JCB CARD Wだと1000円あたりに6マイル分のポイントが獲得できるので、還元率が0.6%となります。

マイル還元率の例
カード名 獲得マイル マイル還元率
JALカード 普通カード 200円=1マイル 0.5%
JCB CARD W 1000円=6マイル 0.6%

このマイル還元率が高くなればなるほど、買い物時のクレカ利用でマイルを多く貯められるのです。

また、JCB CARD Wのようにマイレージ機能が付いていないクレジットカードは、ポイントを貯めた後で、ポイントからマイルに交換する必要がありますが、還元率ではお得な場合もあります。

ポイントをマイルに交換する際の交換レートがとても大事になってきますので、合わせてチェックしましょう。

日常生活で使いやすいクレジットカードかどうか

日常生活でクレジットカードを利用すればするほどマイルやポイントを貯めることができため、普段どういった場所で利用するかということがクレジットカードを選ぶときの大事なポイントです。

クレジットカードによって、貯まるマイルやポイントが異なります。普段よく利用する店で共通のマイルやポイントが貯められるクレジットカードを選べば効率的に貯めることができます

ポイントをマイルに移行する際の移行上限に注意する

クレジットカードの種類によって、ポイントからマイルへ移行する際に移行上限を設けているところがあります。

制限の仕方には以下のようなものがあります。クレジットカードによって制限の仕方は異なるので注意が必要です。

ポイントからマイルへ移行する際の移行上限

  • 1回当たりの最小移行ポイント数
  • 1日の移行上限ポイント数
  • 月間の移行上限ポイント数
  • 年間の移行上限ポイント数

マイルへの移行上限のないクレジットカードもあるので、ポイントを大きく貯めて一気にマイルに交換したいという人は移行上限がないカードを選ぶといいでしょう。

マイル別おすすめクレジットカード

一口に「マイル」と言っても、マイルにはいくつか種類があり、航空会社によって異なります。マイル選びでは、自分がよく利用する航空会社を選ぶことが大前提になるでしょう。

また、マイル選びでは世界各国にある航空会社が締結している協力関係「航空連合(アライアンス)」を考慮することも重要です。

おもに3つのアライアンスが有名で、JALはワンワールド、ANAはスターアライアンスに所属しています。

アライアンスと航空会社
アライアンス おもな加盟航空会社 獲得できるマイレージ
ワンワールド
(oneworld)
JAL(日本航空) JALマイル
スターアライアン
(Star Alliance)
ANA(全日空)
ユナイテッド航空
ANAマイル
マイレージプラス
スカイチーム
(Sky Team)
デルタ航空 スカイマイル

各航空会社は、アライアンス関係を結ぶことで、マイレージ制度を共有し相互に利用できるようにしたり、空港のラウンジを共有できるようにしたりしています。海外の航空会社をよく利用する場合は、JAL、ANAのどちらのマイルを貯めることができるのか事前に確認しておきましょう。

ここからは、マイルの種類ごとにおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

マイル別おすすめクレジットカード

JALマイルが貯まるクレカ3選

  • JALカード 普通カード
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A カード

ANAマイルが貯まるクレカ3選

  • ANA 一般カード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA ワイドゴールドカード

デルタ航空、ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレカ2選

  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
  • MileagePlusセゾンカード

JALマイルが貯まるクレジットカード3選

ここでは、JALのマイルが貯まる、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

JALを頻繁に利用する人であれば、フライトボーナスが付いているクレジットカードを、あまり飛行機を利用しない人は年会費が安いカードがおすすめです。

JALマイルを貯めるのにおすすめのクレカ

  • JALカード 普通カード
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A カード

初年度年会費無料!ビギナーにおすすめのJALカード 普通カード

JALカードの場合、マイル還元率は基本0.5%ですが、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」(年会費3300円)に加入することでマイル還元率が2倍に。日常生活での支払いにJALカードを使用することでマイルをどんどん貯めることができるカードです

入会後、初めて搭乗すると入会搭乗ボーナス1000マイル、そのほか毎年最初の搭乗時に1000マイルがプレゼントされます。また、搭乗ごとにもらえるマイルに加えて、10%マイルが加算されるなど、フライトマイルが貯まりやすいのも魅力ですね。

JALカード 普通カード

アイキャッチ画像:JALカード 普通カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル JAL
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 -
年会費 無料 ※1
発行スピード 約2〜3週間 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード ×
ETC ×

※1:入会後1年間無料
※2:カード到着までの期間。提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会ボーナスなど、最大1,900マイルプレゼント!

買い物でもマイルを貯めたいならJALカード TOKYU POINT ClubQ

買い物でマイルを貯めたい人はJALカード TOKYU POINT ClubQがおすすめ。東急ストアや東急百貨店などの東急系列の店舗で、JALマイルとは別に「TOKYUポイント」も同時に貯めることができてお得です。

搭乗マイルやボーナスマイルはJALカード 普通カードと同条件です。入会後、初めて飛行機に搭乗すると入会搭乗ボーナス1000マイル、その他、毎年最初の搭乗時に1000マイルをプレゼント。また搭乗ごとに、フライトマイルに加えて10%マイルが加算されます。

年会費3300円をプラスして支払い「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会すると、ショッピングで貯まるマイルが100円=1マイルになるのもJALカード 普通カードと同じです。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

アイキャッチ画像:JALカード TOKYU POINT ClubQ
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル JAL
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 3% ※1
年会費 無料 ※2
発行スピード 約3週間 ※3
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード
ETC

※1:東京百貨店や東急グループ加盟店を利用した場合
※2:入会後1年間無料
※3:カード到着までの期間
※4:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会ボーナスなど、最大1,900マイルプレゼント!

飛行機をよく使う人ならJALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A カード

飛行機もよく利用する人には、搭乗ごとのボーナスマイルが通常10%から25%となるJALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A カードがおすすめです。

搭乗ごとのボーナスが25%付くだけでなく、海外旅行保険の補償額が最高5000万円にアップしているなど、カード自体のサービスも充実しています。

チェックインは、JALのビジネスクラス・チェックインカウンターを利用できるようになります。「JMB WAON」カードも同時に登録すると、チャージでも支払いでもマイルが貯まり、最大200円=3マイルに。

JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A カード

アイキャッチ画像:JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-A カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル JAL
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 3% ※1
年会費 11,000円
発行スピード 約3週間 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード
ETC

※1:東京百貨店や東急グループ加盟店を利用した場合
※2:カード到着までの期間
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会ボーナスなど、最大7,100マイルプレゼント!

ANAマイルが貯まるクレジットカード3選

ここではANAのマイルが貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介します。ANAカードの場合、JALとは異なり、各カード会社のポイントが付与され、それをANAマイルに移行する、という仕組みになっています。

ANAは閑散期と繁忙期で特典航空券に利用できるマイルが異なり、閑散期に利用できるのであればANAの方がお得に旅行ができます。

初めてマイルを貯めようと考えている人は、まずはANAのマイルを貯めてみるのがおすすめです。

ANAマイルを貯めるのにおすすめのクレカ3選

  • ANA 一般カード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA ワイドゴールドカード

マイル初心者におすすめのANA一般カード

ANA 一般カードは、年会費は初年度無料、2年以降も2200円と低めになっているので、マイル初心者がマイルを貯め始めるのにおすすめの1枚です。国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスから選べます。

アメリカン・エキスプレスは少し特殊のため、ここではVisa、Mastercard、JCBについて解説します。通常のマイルの還元率はVISA・Masterなら「通常コース」、JCBなら「5マイルコース」と呼ばれる0.5%ですが、移行手数料を払うことでそれぞれ「2倍コース」、「10マイルコース」と呼ばれる還元率が1%のコースに変更することができます。

移行手数料はVISAとMasterが年間6600円に対して、JCBは5500円と1100円お得です。

「通常コース(5マイルコース)」「2倍コース(10マイルコース)」ともに毎月自動的にマイルに交換される自動移行コースと、好きなタイミングでマイルに移行できるマルチポイントコース(応募移行方式)が用意されています。

自動移行コースは手軽ですが、マルチポイントコースを上手に活用すれば、毎年10マイルコースの移行手数料を払う必要なくなったり、ポイントの有効期限ぎりぎりでマイルに交換することで、マイルの有効期限を引き延ばしたりすることができます。

また、入会時と毎年のカード継続時には1000マイルのボーナスマイルがもらえるので、持っているだけでもマイルを貯めることができます。

ANA 一般カード

アイキャッチ画像:ANA 一般カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:2年目以降は2200円。Visa、Mastercardのみ「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引
※2:提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大62,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

ANAアメリカン・エキスプレス・カードについてはこちらで詳しく紹介

通勤でもマイルを貯めたいならANA To Me CARD PASMO JCB

地下鉄を利用する人にはANA To Me CARD PASMO JCBがおすすめで、毎日の通勤で自動的にマイルやポイントを貯めることができます。

PASMOのオートチャージ機能や定期券も搭載可能なほか、1乗車につき平日5メトロポイント、土曜、休日は15メトロポイントが付与されます。さらに、定期券購入の際はメトロポイントとOki Dokiポイントがダブルで貯められます。

加えて、毎年継続ボーナスマイルが1000マイルが付与されます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

アイキャッチ画像:ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:2年目以降は2200円
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大63,500マイルプレゼント!

25%のフライトボーナスが魅力!ANA ワイドゴールドカード

飛行機もよく利用される人には、搭乗ごとのボーナスマイルが通常10%から25%となるANA ワイドゴールドカードがおすすめです。

普段の買い物でJCBなら1000円につき10マイル(※)が貯まるほか、ボーナスマイルも入会時・継続時に2000マイル、搭乗ごとに25%と、一般カードの2〜2.5倍も付きます。

※ その他の国際ブランドの場合は1%のマイル。

空港のラウンジ利用や付帯する旅行保険サービスなども充実しているのもゴールドカードならでは。海外旅行保険はVISAとMastercardが最高5000万円、JCBが最高1億円と非常に手厚く、国内40ヵ所以上、海外1ヵ所の空港ラウンジサービスも利用できます。

ANA ワイドゴールドカード

アイキャッチ画像:ANA ワイドゴールドカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 15,400円 ※1
発行スピード 最短3営業日 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード
ETC

※1:Visa、Mastercardのみ「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引、WEB明細との併用で更に割引
※2:提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大98,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

デルタ航空、ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカード2選

ここでは、日本に就航していて利用者も多いアメリカの航空会社「デルタ航空」と「ユナイテッド航空」のマイルが貯まる、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

デルタ航空は「スカイマイル」、ユナイテッド航空は「マイレージプラス」がマイルの名称となっています。

特にユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスに加盟しているので、「マイレージプラス」でANAの飛行機に乗ってもマイルが貯められたり、ANAの特典航空券に交換することができます。

デルタ航空、ユナイテッド航空のマイルを貯めるのにおすすめのクレカ2選

  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
  • MileagePlusセゾンカード

上級会員資格が利用できるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ航空のスカイマイルを貯める場合、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。マイル還元率が1.0%と高く、クレジットカードに付いている保険の内容も充実しており、安心して旅行することができます。

また、上級会員資格「シルバーメダリオン」が利用できるのも魅力の1つで、ワンランク上の優雅な旅行時間を過ごすことができます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル スカイマイル
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 13,200円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会とデルタ航空の航空券購入で合計30,000ボーナスマイル獲得可能

年会費の安さで選ぶならMileagePlusセゾンカード

ユナイテッド航空のマイレージプラスを貯める場合、MileagePlusセゾンカードがおすすめです。年会費が安く、「マイルアップメンバーズ(年会費5500円)」に登録すると、マイル還元率1.5%ととてもお得にマイルを貯めることができます。

獲得したマイルの有効期限がなく、ANAの特典航空券にも交換可能なところも魅力です。

MileagePlusセゾンカード

アイキャッチ画像:MileagePlusセゾンカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル マイレージプラス
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 -
年会費 1,650円
発行スピード 最短当日発行
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 -
家族カード ×
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

マイルをどう貯めたいか、タイプ別おすすめクレジットカード

ここからは、マイルをどのように貯めたいかタイプ別に分けて、おすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

同じカードでも飛行機によく乗る人・乗らない人によって満足度は変わってきますので、自分に合うカードを探してみてください。

買い物で貯まる!陸マイラー向けクレカ3選

  • JALカード 普通カード
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
  • みずほマイレージクラブカード/ANA +JQ CARD セゾン

年会費無料で費用を抑えてマイルを貯めたい人向けクレカ2選

  • JCB CARD W
  • ANA JCBカード ZERO

マイル還元率重視の人向けクレカ2選

  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
  • MileagePlusセゾンゴールドカード

無期限利用!焦らずゆっくり貯めたい人向けクレジットカード3選

  • SPGアメックス
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

買い物で貯めたい!陸マイラー向けクレジットカード3選

マイルを貯める方法の1つとして、クレジットカードを利用しての買い物があります。

飛行機を利用してマイルを貯めることと比較して、日常の買い物でマイルを貯める人を「陸マイラー」と呼ぶことがありますが、そんな陸マイラーにおすすめしたいクレジットカードをご紹介します。

年会費を抑えたいならJALカード 普通カード

JALマイルを貯める場合、JALカード 普通カード がおすすめです。年会費をおさえつつ、「JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3300円)」に加入することで、マイル還元率1.0%と高い還元率でお得にマイルを貯めることができます。

また、搭乗ごとのボーナスマイルが通常フライトマイルの10%アップしたり、毎年初回搭乗ボーナスが1000マイル貯まるなど、フライトボーナスが貯まりやすい1枚です。

JALカード 普通カード

アイキャッチ画像:JALカード 普通カード

基本スペック

ポイント還元率 -
年会費 無料 ※1
発行スピード 約2〜3週間 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード ×
ETC ×

※1:入会後1年間無料
※2:カード到着までの期間。提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会ボーナスなど、最大1,900マイルプレゼント!

ポイントも同時に貯めるならANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード

ANAマイルを貯める場合、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードがおすすめです。東急ストアや東急百貨店などの東急系列の店舗での買い物時にVポイントだけでなく、TOKYUポイントも同時に貯まります。

例えば、1万マイルが1万TOKYUポイントに、1000TOKYUポイントは750マイルにと、相互交換ができるので飛行機に乗らなくてもマイルが貯めやすいですね。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

アイキャッチ画像:ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 2~3週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:2年目以降は2200円。「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

みずほマイレージクラブカード/ANA と JQ CARD セゾンの組み合わせ

ポイントサイトのさまざまな種類のポイントをANAマイルに移行する方法として「JQみずほルート」というものがあります。

この「JQみずほルート」は、ポイントサイトのポイントをJRキューポとセゾンカードの永久不滅ポイントを経由してANAマイルに交換するルートのことです(交換率70%)。

このJQみずほルートを利用する場合は、最低でもみずほマイレージクラブカード/ANAとJQ CARD セゾンの2枚が必要となります(※)。

※ 交換したいポイントの種類によっては、さらに三井住友VISAカードが必要になる場合があります

この2枚のクレジットカードを経由させることで、さまざまなポイントをANAマイルに移行することができ、とてもお得にマイルを貯めることができます。

みずほマイレージクラブカード/ANAとJQ CARD セゾンの特徴
みずほマイレージクラブカード/ANAみずほマイレージクラブカード/ANA JQ CARD セゾンJQ CARD セゾン
年会費 年会費無料 年会費無料
※翌年以降、1年間ご利用がない場合は年会費1375円が発生
マイル還元率 0.5%(200円=1マイル)
特徴 ・「JQみずほルート」と呼ばれる、さまざまなポイントをマイルに変換する方法
・ポイントサイトのポイントを、JRキューポと永久不滅ポイントを経由してANAマイルに交換する方法(交換率70%)
・さまざまなポイントをANAマイルに移行することが可能
申し込みはこちら 公式サイト 公式サイト

ポイントをマイルに交換する詳しい方法を知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてください。

年会費無料で費用を抑えてマイルを貯めたい方向けクレジットカード2選

費用を抑えてマイルを貯めたい人におすすめなのが年会費無料のクレジットカードです。

ここでは、JALマイルとANAマイルをそれぞれ年会費無料で貯めることができるクレジットカードをご紹介します。

39歳以下の人なら年会費が無料!JCB CARD W

飛行機にはあまり乗らず、日常の買い物をメインにマイルを貯める場合、JCB CARD Wがおすすめです。39歳までの入会で年会費は永年無料となり、JCBカード 普通カードよりもポイント還元率がお得です。

対象店舗の利用で還元率も上がるので、Amazonやスターバックスなどをよく利用する人であれば、さらにお得にポイントが貯められるので、多くのマイルと交換できます。

JCB CARD W

アイキャッチ画像:JCB CARD W
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.6%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:39歳まで申し込み可能
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会でAmazonプライムギフトコード3ヶ月分プレゼント(2021年3月31日まで)
  • 新規入会&MyJCBアプリログインのうえ、Amazon.co.jp利用で30%キャッシュバック(上限金額5000円)(2021年3月31日まで)

学生や新社会人で初めて持つならANA JCBカード ZERO

ANAマイルを貯める場合、ANA JCBカード ZEROがおすすめです。

18歳〜29歳までの社会人限定カードで最大5年間年会費が無料となり、ANAの一般カードと同等のマイル還元率や搭乗ごとのボーナスマイルを得ることができます。

ANA JCBカード ZERO

アイキャッチ画像:ANA JCBカード ZERO
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:初回更新までの5年間年会費無料
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大56,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

マイル還元率重視の人向けクレジットカード2選

マイルを貯めるのに、重要なのがマイル還元率です。

この割合が高ければ高いほど、より多く早くマイルを貯めることができます。ここでは、マイル還元率が高いクレジットカードを紹介します。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードなら買い物でポイントが倍

マイル還元率を重視して、JALマイルを貯める場合、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードがおすすめです。

このカードは通常の場合でも、JALマイルと交換可能な永久不滅ポイントが国内1.5倍、海外2倍とお得に貯めることができます。

通常ではマイルの還元率は0.45%(JALマイルの場合)ですが、「SAISON MILE CLUB(年会費4400円)」に登録することで、永久不滅ポイントが自動でJALマイルに交換されます。マイルは1000円ごとに10マイル貯まるので、還元率は1.0%にアップ。さらに、永久不滅ポイントが2000円ごとに1ポイント付与されるので、貯まったポイントをマイルに交換することでさらに還元率が上がります。

空港ラウンジの利用優遇など、ゴールドカードとしてのサービスは充実しつつも年会費は低め。初年度無料というのもうれしいポイントですね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル JAL
マイル還元率 0.45%

基本スペック

ポイント還元率 0.75% ※1
年会費 無料 ※2
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:海外でのポイントは1%
※2:2年目以降は11000円
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会・利用で永久不滅ポイント最大8,000円相当をプレゼント

年会費に見合った高還元率!MileagePlusセゾンゴールドカード

ANAの特典航空券を狙うなら、同じスターアライアンスに加盟しているユナイテッド航空のマイレージプラスを貯める手もあります。

マイレージプラスを貯めるなら、MileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめです。マイル還元率は1.5%と業界最高水準であり、貯めたマイルに有効期限がないのも魅力です。

ゴールドカードならではの付帯サービスが充実しており、マイルをお得に貯めるだけでなく、旅行を快適に過ごす上でもおすすめのクレジットカードです。

MileagePlusセゾンゴールドカード

アイキャッチ画像:MileagePlusセゾンゴールドカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル マイレージプラス
マイル還元率 1.5%

基本スペック

ポイント還元率 -
年会費 22,000円
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 家族カードに入会、発行月の翌月末までに30万円以上のショッピング利用で5,000マイルプレゼント(2021年11月30日まで)

無期限利用!焦らずゆっくり貯めたい方向けクレジットカード3選

マイルやポイントを貯めていると、必ず直面するのが有効期限です。気づいたら、多くのマイルやポイントが失効していたという経験がある方もいるのではないでしょうか。

ここでは、ポイント有効期限がなく、焦らずゆっくりポイントを貯めてマイルに交換したい人向けのおすすめのクレジットカードをご紹介します。

ラグジュアリーな特典もうれしいSPGアメックス

JALやANAをはじめ、さまざまな航空会社を利用する機会が多い人は、貯まったポイントを40社以上の航空会社のマイルに交換できるSPGアメックスがおすすめです。

SPGアメックスのマイルは基本的に3Marriott Bonvoyポイント=1マイルに交換できます。100円で3Marriott Bonvoyポイントが獲得できるので、マイル還元率は1.0%

さらに6万Marriott Bonvoyポイントをまとめてマイルに交換すると、ボーナスポイントとして1万5000ポイントが加算されます。その場合の還元率は1.25%!他社マイル系カードと比較しても高水準のマイル還元率であることがわかります。

クレジットカード決済でポイントを獲得していれば、、ポイントの有効期限が実質無期限になるのもうれしいポイントですね。

「Marriott Bonvoyゴールドエリート」会員資格も得られ、毎年のカード継続毎に継続ボーナスとして無料宿泊特典がプレゼントされるので、これだけで年会費の元が取れるとも言われています。

SPGアメックスのことをもっと知りたい人はこちらをチェック!

SPGアメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:SPGアメリカン・エキスプレス・カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル JAL
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 34,100円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で30,000ポイントプレゼント

ポイント有効期限なしのANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイルを貯めたい場合、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。年会費は一般カードとしてはやや高めですが、その分マイル還元率やサービスが充実した1枚です。

ポイント移行コース(年間6600円)に登録すると、登録期間中はポイントの有効期限が無期限(※)になるうえに、マイルへの移行も可能です。ゆっくりマイルを貯めていきたい人におすすめの1枚です。

※ 移行後はマイル有効期限36ヶ月

また、買い物などでカードを利用すると100円につき1ポイント、ANAグループでの利用なら通常の1.5倍(※)のポイントが貯まりお得!

※ ANAグループでANA航空券、旅行商品などをカードで購入した場合。通常ポイントの加え、200円につき1ポイントのボーナスポイントが加算。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:ANAアメリカン・エキスプレス・カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 7,700円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計18,000マイル(※)相当獲得可能

※メンバーシップ・リワードのポイントをマイルに移行した場合。マイルの移行には「ポイント移行コース」(年間参加費6,600円)への登録が必要

移行先が豊富なアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

さまざまな航空会社を利用する人には、対象の航空会社で航空券または代理店で旅行商品を購入した場合、ポイントが3倍貯まるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードがさらにお得です。

なんと言ってもうれしいのは貯めたポイントの有効期限が無期限ということ。有効期限を気にせずあらゆるシーンでポイントを大きく貯めて次の旅行の際に利用することができます。

貯まったポイントはANA含む15の航空会社のマイルに移行できますが、ANAのマイルに交換するためには、「メンバーシップ・リワード ANAコース(年会費5500円)」への加入が必要です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 11,000円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会で3,000ボーナスポイントプレゼント

さいごに...

この記事のまとめ

今回の記事では、マイルの仕組みやマイルのお得な貯め方などの基本知識について徹底解説し、さらに目的に合ったおすすめのクレジットカードをご紹介しました。

  • マイルとは航空会社が提供するマイレージプログラムで貯められるポイントのことでいくつかの種類がある
  • 貯まったマイルは特典航空券への交換や座席のアップグレードなど、さまざまな特典に使える
  • マイルは飛行機に乗らなくても、マイレージ機能に対応したクレカを支払いに利用すれば貯められるほか、ポイントと交換することもできる

自分に合った利用の仕方を考えながら、よりお得なクレジットカードを選びましょう。

「マイル別おすすめクレジットカード」をもう一度見る

「マイルをどうためたいか、タイプ別おすすめクレジットカード」をもう一度見る

監修者紹介:菊地崇仁

(株)ポイ探 代表取締役

菊地崇仁

(株)ポイ探 代表取締役

北海道札幌市出身。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。約100枚のクレジットカードを保有し、約150万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。