公開
更新

最強のANAカードはどれ?マイルの貯めやすさと特典を徹底比較

監修者紹介:伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤亮太監修

ANAのマイルを貯めるのであれば必須ともいえるANAカード。ランクや提携先が複雑に分かれているので、どれを選べばいいのかよくわかりませんよね。

こんなことが気になる人へ

  • 「ANAカードって種類がたくさんあるけど何が違うの?」
  • 「マイルが貯めやすくて空港ラウンジも使えるおすすめのANAカードを教えて!」

入会時、搭乗時などにもらえるボーナスマイルや年会費にばかり目が行きがちですが、日々の生活で着実にマイルを貯めるためには、提携先の選択も重要になります。また、旅行好きの人は空港ラウンジサービスなどの特典にも注目したいところ。

この記事では、ANAカードの種類とそれぞれの特徴、おすすめカードについて詳しく紹介していきます。ANAカードを選ぶときの肝ともなるマイル移行手数料や提携先のポイントなどについても解説しているので、これを読めば自分にぴったりなANAカードがきっと見つかりますよ。

この記事はこんな内容です

注目すべきはここ!ANAカードの選び方

  • ANAカードは4つのランク、提携先により特徴が大きく異なる
  • マイル還元率を上げるための移行手数料や特典、旅行保険の補償内容などに注目
  • 電車をよく利用する人には交通系IC一体型のANAカードがおすすめ
  • ゴールド以上はよりマイルを貯めやすく、空港ラウンジサービスも利用できる

目次

電車利用でもマイルがどんどん貯まる!ソラチカゴールドカード

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

アイキャッチ画像:ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大112,600マイルプレゼント!

ポイント無期限で空港ラウンジなどの特典も豊富なANAアメックスゴールド

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アイキャッチ画像:ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

お得なキャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計50,000マイル(※)相当獲得可能

※メンバーシップ・リワードのポイントをマイルに移行した場合

マイルを貯めるなら必携!ANAカードのメリット3つ

ANAカードはマイルが貯まりやすいだけでなく、旅行で役立つさまざまな特典も付いています。種類によって特徴も異なりますが、ここではANAカード共通のメリット3つをご紹介します。

ANAカードの3つのメリット

  • 入会時や搭乗ごとにボーナスマイルがもらえる!
  • 提携先のポイントを高レートでマイルに交換!直接マイルが貯まる店も
  • 旅行で役立つ割引特典や海外旅行保険が付いてくる!

ANAカードのマイルの貯め方や特典については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

入会時や搭乗ごとにボーナスマイルがもらえる!

ANAカードが他のクレジットカードに比べてマイルを貯めやすい理由のひとつが「ボーナスマイル」です。

入会特典、毎年のカード継続時、そして搭乗ごとに加算されるボーナスマイルがあり、カードを持っているだけでもマイルを貯めることができます

ANAカードのボーナスマイル
入会時・継続時 搭乗時
一般カード 1000マイル フライトマイル×10%
ワイドカード・ゴールドカード 2000マイル フライトマイル×25%
プレミアムカード 1万マイル フライトマイル×50%

※フライトマイル=区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率

入会特典のマイルは期間限定のキャンペーンでさらに加算されることもあります。多くが以下のような条件付きですが、飛行機に乗る直前に作ったりメインカードとして使えば、簡単にクリアできる場合もあります。

入会キャンペーンの条件の例

  • キャンペーン参加登録をする
  • 対象期間中にANAグループ運航便に1回以上搭乗する
  • 対象期間中に20万円以上のカード決済をする

さらにクレジットカード会社独自の入会特典で貯まるポイントをマイルに移行すれば、一気にマイルが貯まります。キャンペーン情報はこまめにチェックしておくといいでしょう。

カードを持っているだけで毎年1000マイルもらえる!ANA一般カード

ANA 一般カード

アイキャッチ画像:ANA 一般カード

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大70,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

提携先のポイントを高レートでマイルに交換!直接マイルが貯まる店も

ANAカードの利用で貯まるクレジットカードのポイントをマイルに交換することもできます。

例えばJCBとの提携カードなら、クレジットカードの利用で貯まるOki Doki ポイントを1ポイント=5マイルまたは10マイルに交換することができ、マイル還元率は常に0.5%以上

また、交通系IC一体型のANAカードなら、電車の利用でもマイルを貯めることができます。例えばANA To Me CARD PASMO JCB カードの場合、電車利用で貯まるOki Doki ポイントとメトロポイントの両方をマイルに交換することができ、ダブルでお得に。

例)ANA To Me CARD PASMO JCB カードの場合

PASMOへのチャージ
→1000円につき1ポイントのOki Doki ポイント+1000円につき5ポイントのメトロポイント
東京メトロ乗車
→1乗車につき平日5ポイント、土曜・休日15ポイントのメトロポイント
Oki Doki ポイントは1ポイント=5マイルまたは10マイル(※)、メトロポイントは100ポイント=90マイルの高レートでマイルに交換可能!

※ 10マイルコースは年間5500円のマイル移行手数料が必要。

ANAカードを選ぶ際は、提携先で貯まるポイントにも注目してみるといいですよ。

他に普段の買い物などで直接マイルを貯める方法もあります。詳しく見てみましょう。

マイルプラス加盟店や楽天Edyなら買い物で直接マイルが貯まる!

ANAカードの利用で貯まるポイントはマイルに移行する手間がかかりますが、普段の買い物や旅行予約などで直接マイルが貯まるサービスを利用すれば、手間なくお得にマイルを貯めることができます。

直接マイルを貯められるおもなサービス
対象サービス 加盟店 積算マイル
ANAカードマイルプラス加盟店 ANA航空券、機内販売、ANA FESTA、セブン-イレブン、マツモトキヨシ、高島屋、ホテルモントレなど 100円につき1マイル、または200円につき1マイル
ANAマイレージモール 楽天市場、じゃらん、一休.com、Booking.com、イトーヨーカドー、ユニクロなど ショップにより異なる(200円につき1マイル、100円につき2マイルなど)
楽天Edy 全国の楽天Edy加盟店 200円につき1マイル

※フライトマイル=区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率

ANAマイレージモールは、いろいろなショップサイトが集まるインターネット上のショッピングモールのこと。ネットショッピングの際、ANAマイレージモールを経由するだけでマイルがもらえるので、ぜひ活用したいサービスです。

また、楽天Edyは現在ほとんどのANAカードに搭載されており、チャージするだけですぐに利用できます。

ANAカードは街なかでの買い物やネットでの旅行予約など、マイルを貯める方法が多彩なので、メインカードとして使えば効率よくマイルを貯めることができますよ。

東京メトロで貯まるメトロポイントもマイルに交換可能!ソラチカゴールドカード

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

アイキャッチ画像:ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大112,600マイルプレゼント!

旅行で役立つ割引特典や海外旅行保険が付いてくる!

ANAカードは割引特典が多いのも魅力です。特に空港や旅行予約でお得になる割引が豊富。

ANAカードのおもな割引サービス

  • ビジネスきっぷ(ANAカード会員専用の割引運賃。同一路線2枚つづり、片道2枚でも往復でも可)
  • ANA FESTAで5%割引
  • 空港内免税店で5〜10%割引
  • 国内線・国際線の機内販売10%割引
  • 成田空港の提携駐車場で特別割引
  • IHG・ANA・ホテルズで5%割引、ワイドカード以上はさらに朝食&ウェルカムドリンクサービス(一部ホテルは対象外)
  • 国内のニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーで5%割引
  • 海外のハーツレンタカーで5~20%割引

※割引適用にはANAカードの提示、事前予約など条件あり

ANA関連のショップや機内販売に加え、ホテルやレンタカーも割引になります。割引航空券「ビジネスきっぷ」と組み合わせて使えば、とってもお得に旅を楽しめますよ。

また、海外旅行中に入っておくと安心な海外旅行保険も、ほとんどのANAカードに付いています。しかもカードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」というのもうれしいポイント(アメリカン・エキスプレスは利用付帯)。

特にワイドカード以上は補償内容が手厚く、旅行中のケガや盗難など、さまざまなトラブルに対応できます。

最高1億円の海外旅行保険が自動で付くANA JCBワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカード

アイキャッチ画像:ANA ワイドゴールドカード

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大109,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

ANAカード一覧|ランクと国際ブランドで大きな違い

ANAカードは種類が非常に多く、それぞれ特徴も異なります。大きく一般カード、ワイドカード、ゴールドカード、プレミアムカードの4ランクに分けられ、その中でさらにJCB、アメックスなど国際ブランドが分かれています。

ANA一般カードのおもな種類
種類 年会費 マイル還元率 マイル交換レート ボーナスマイル
JCB 2200円(初年度無料) <5マイルコース>
0.5%
<10マイルコース(※1)>
1.0%
<5マイルコース>
1000円=1ポイント=5マイル
<10マイルコース(※1)>
1000円=1ポイント=10マイル
<入会・継続時>
1000マイル
<搭乗時>
10%
To Me CARD JCB
VISA・Mastercard <通常コース>
0.5%
<2倍コース(※2)>
1.0%
<通常コース>
200円=1ポイント=1マイル
<2倍コース(※2)>
200円=1ポイント=2マイル
TOKYU POINT Club Q マスター
VISA nimoca
VISA Suica
アメックス(※3) 7700円 1.0% 100円=1ポイント=1マイル
JCBカード ZERO 無料 0.5% 1000円=1ポイント=5マイル <搭乗時>
10%
ANAワイドカードのおもな種類
種類 年会費 マイル還元率 マイル交換レート ボーナスマイル
JCB 7975円 <5マイルコース>
0.5%
<10マイルコース(※1)>
1.0%
<5マイルコース>
1000円=1ポイント=5マイル
<10マイルコース※1>
1000円=1ポイント=10マイル
<入会・継続時>
2000マイル
<搭乗時>
25%
VISA・Mastercard <通常コース>
0.5%
<2倍コース(※2)>
1.0%
<通常コース>
200円=1ポイント=1マイル
<2倍コース(※2)>
200円=1ポイント=2マイル
ANAゴールドカード
種類 年会費 マイル還元率 マイル交換レート ボーナスマイル
JCB 1万5400円 1.0% 1000円=1ポイント=10マイル <入会・継続時>
2000マイル
<搭乗時>
25%
To Me CARD PASMO JCB
VISA・Mastercard 200円=1ポイント=2マイル
ダイナース 2万9700円 100円=1ポイント=1マイル
アメックス 3万4100円 100円=1ポイント=1マイル
ANAプレミアムカード
種類 年会費 マイル還元率 マイル交換レート ボーナスマイル
JCB 7万7000円 1.0% 1000円=1ポイント=10マイル <入会・継続時>
1万マイル
<搭乗時>
50%
VISA プラチナ 8万8000円 1.5% 200円=1ポイント=3マイル
アメックス 16万5000円 1.0% 100円=1ポイント=1マイル
ダイナース 17万500円 1.5% 100円=1.5ポイント=1.5マイル

※1 10マイルコースは年間5500円のマイル移行手数料が必要。
※2 2倍コースは年間6600円のマイル移行手数料が必要。
※3 アメックス一般カードはポイント移行コース(年間参加料6600円)の登録が必要。

ランクが上がるほどポイントからマイルへの交換レートやボーナスマイルが上がっていきます。また同ランクのカードでも、国際ブランドによって年会費やマイルの貯まり方が大きく違うことがわかります。

アメリカン・エキスプレスとダイナースは特に年会費が高額ですが、クレジットカード会社独自の特典が非常に充実しているので、ANAマイルを貯めるだけでなく上質なサービスを利用したい人におすすめです。

アメリカン・エキスプレス、ダイナースの特典についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

注目したいのが、一般カードやワイドカードの交換レートにある「通常コース」や「10マイルコース」の部分。詳しく見ていきましょう。

マイル移行手数料で一般&ワイドも還元率1.0%!ゴールド以上は無料

ANA一般カードとワイドカードのJCB、VISA、Mastercardは、通常マイル還元率0.5%ですが、移行手数料を支払うと交換レートが2倍になり、還元率1.0%になります。

また、一般カードのアメリカン・エキスプレスは、ポイントをマイルに交換する場合、有料の「ポイント移行コース」への登録が必要になります。

一般カード、ワイドカードのマイル移行手数料
コース名 交換レート 移行手数料
JCB 5マイルコース 1000円=1ポイント=5マイル 無料
10マイルコース 1000円=1ポイント=10マイル 年間5500円
VISA、Mastercard 通常コース 200円=1ポイント=1マイル 無料
2倍コース 200円=1ポイント=2マイル 年間6600円
アメックス(一般カードのみ) ポイント移行コース 100円=1ポイント=1マイル 年間6600円

ポイントをマイルに移行する方法は、毎月自動的に移行する「自動移行」と好きなタイミングで移行する「都度移行」から選択できます(アメックスは都度移行のみ)。

還元率を1.0%にしたいけれど移行手数料がネック、という人は、ポイントがある程度貯まってからまとめて都度移行するのがおすすめ。例えば2年分まとめて交換すれば、移行手数料も2年に一度しか発生しません。ただし、ポイントの有効期限には注意しましょう。

なお、ゴールドとプレミアムは移行手数料なしで常にマイル還元率1.0%以上です。一般カードやワイドカードより年会費は高くなりますが、ボーナスマイルや特典も増えるので、使い方によってはゴールド以上の方がお得になりますよ。

移行手数料なしでマイル還元率1.0%のANA アメックスゴールド

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アイキャッチ画像:ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

お得なキャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計50,000マイル(※)相当獲得可能

※メンバーシップ・リワードのポイントをマイルに移行した場合

ANA一般カードとゴールドカードを徹底比較!

ここからはANA一般カード、ゴールドカードの中からおすすめクレジットカードを紹介していきます。

今回チョイスしたのは以下の6枚。同じランクのカードでも、提携先によって特徴が少しずつ異なります。

ANA一般カード

  • ANA一般カード
  • ANA TOKYU POINT ClubQ マスターカード
  • ANA VISA Suicaカード

ANAゴールドカード

  • ANA ワイドゴールドカード
  • ANA To Me CARD PASMO Gold JCB
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

まずは年会費、ボーナスマイル、特典などの比較表をチェックしてみましょう。

ANA一般カードとANAゴールドカードの比較
ANA一般カード ANAゴールドカード
JCB TOKYU POINT Club Q VISA Suica ワイドゴールド To Me CARD Gold アメックスゴールド
年会費 初年度無料、通常2200円 1万5400円 3万4100円
搭載電子マネー 楽天Edy PASMO Suica 楽天Edy PASMO 楽天Edy
通常のマイル還元率 0.5% 1.0%
マイル移行手数料(年間) 5マイルコース無料、10マイルコース5500円 通常コース無料、2倍コース6600円 無料
入会・継続時のボーナスマイル 1000マイル 2000マイル
搭乗ごとのボーナスマイル 10% 25%
ANA航空券購入時の積算マイル※1 100円=1.5マイル相当 100円=2マイル相当 100円=3マイル相当

※1 ANAカードマイルプラス加盟店での積算マイル+カード利用で得られるポイントの移行マイル。

ここからそれぞれのカードの特徴について、一般カードとゴールドカードに分けて解説していきます。

陸マイラー初心者はこちら!ANA一般カードおすすめ3選

アメックスを除くANA一般カードは年会費が初年度無料、2年目以降も2000円台とお手頃なので、初めてクレジットカードを作る人にもおすすめです。もちろんボーナスマイル、割引特典などもしっかり付いてきます。

飛行機に乗らずクレジットカードの利用でマイルを貯める「陸(おか/りく)マイラー」を目指す人にも、最初の1枚としてぴったりな3つのカードをご紹介。普段電車をよく使うのであれば、交通系IC一体型のANAカードがお得ですよ。

ANA一般カードおすすめ3選

  • ANA一般カード
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA Suicaカード

普段の買い物でマイルが貯められる!ANA一般カード

ANA一般カードはANAカードのもっともベーシックなタイプのクレジットカードです。

例えばJCBの場合、通常のカード利用で貯めたOki Doki ポイントを1ポイント=5マイルでマイルに交換することができ、10マイルコースで還元率は2倍の1.0%になります(10マイルコースは年間5500円の移行手数料が必要)。

また、VISA、Mastercardの場合は、カード利用で貯まるVポイントを1ポイント=1マイル、2倍コースなら1ポイント=2マイルで交換することができます(2倍コースは年間6600円の移行手数料が必要)。

もちろん入会時、カード継続時、そして搭乗時のボーナスマイルももらえるので、マイルが貯まるカードをとりあえず一枚持っておきたい、という人におすすめです。

ANA 一般カード

アイキャッチ画像:ANA 一般カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:2年目以降は2200円。Visa、Mastercardのみ「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引
※2:提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大70,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

3つのポイントが貯まるANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

アイキャッチ画像:ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 2~3週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:2年目以降は2200円。「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大9,000マイルプレゼント!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、ANAと東急、三井住友カードの提携カードです。

買い物などでのカード利用で貯まるVポイントに加え、東急ポイント加盟店ではTOKYU POINTが、マイルプラス加盟店ではANAマイルが貯まります。貯まったVポイントは1ポイント=1マイル(年間6600円の2倍コースは1ポイント=2マイル)、TOKYU POINTは1000ポイント=750マイルに交換できるので、マイルの三重取りが可能

おもな東急ポイント加盟店
東急ポイント加盟店 ポイントの付き方
東急百貨店・ShinQs 利用金額の3~10%(食品・セール品1%)
東急ストア・プレッセ 200円につき1ポイント
東急ハンズ 100円につき1〜2ポイント
渋谷ヒカリエ 100円につき2ポイント
東急ホテルズ 100円につき1ポイント

※ 一部の店舗、商品は対象外。

さらにPASMOへのチャージや定期券の購入でVポイントが、PASMOでの支払いでTOKYU POINTが貯まるので、電車利用が多い人や東急沿線在住の人にとっては非常にマイルを貯めやすいカードといえます。

Suicaへのチャージでもマイルが貯まる!ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、Suica搭載で電車利用にも便利なクレジットカードです。

SuicaへのチャージでもVポイントが貯まり、1ポイント=1マイル(年間6600円の2倍コースは1ポイント=2マイル)でマイルに交換できます。定期券の搭載はできませんが、Suica定期券とリンクさせることでオートチャージの設定も可能

貯まったVポイントやANAマイルは、Suicaへのチャージに利用することもできます。ANAマイルを貯めるだけではなく、電車も便利かつお得に利用したい人におすすめですよ。

ANA VISA Suicaカード

アイキャッチ画像:ANA VISA Suicaカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 0.5%

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 2~3週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 -
家族カード ×
ETC

※1:2年目以降は2200円。「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大9,000マイルプレゼント!

特典にもこだわる人はこちら!ANAゴールドカードおすすめ3選

ANAゴールドカードは通常の買い物で貯まるポイントやボーナスマイルが多い分、一般カードより効率よくマイルを貯めることができます。空港ラウンジサービス、高額の海外旅行保険も付くので、出張や旅行で飛行機をよく使う人におすすめ。

ここではマイルの貯めやすさや特典が少しずつ異なるゴールドカード3枚をご紹介します。

ANAゴールドカードおすすめ3選

  • ANA ワイドゴールドカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB Gold
  • ANA アメックスゴールドカード

空港ラウンジサービス&手厚い保険が付くANAワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカードは年会費が1万円以上と高めですが、VISA、MastercardはWEB明細サービスと「マイ・ペイすリボ」登録で年会費が割引、JCBは「スマリボ」登録で年会費のキャッシュバックが受けられます。

例えばANA JCBワイドゴールドカードは、スマリボに登録し年一回以上ショッピング利用すると5000円がキャッシュバックされ、年会費は実質1万400円に。ただし、リボ払い手数料が発生するので、利用金額には注意しましょう。

マイル還元率は常に1.0%と高く、入会時・カード継続時に2000マイル、搭乗ごとに25%のボーナスマイルがもらえます。

VISAとMastercardは最高5000万円、JCBは最高1億円の海外旅行保険が付くほか、国内旅行保険、ショッピング保険、航空機遅延保険も付いているので、旅行も買い物もこれ一枚で安心。国内40ヵ所以上、海外1ヵ所の空港ラウンジサービスも無料で利用できます。

ANA ワイドゴールドカード

アイキャッチ画像:ANA ワイドゴールドカード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 15,400円 ※1
発行スピード 最短3営業日 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード
ETC

※1:Visa、Mastercardのみ「マイ・ペイすリボ」を登録、年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費割引、WEB明細との併用で更に割引
※2:提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大109,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

東京メトロの利用でマイルがどんどん貯まる!ソラチカゴールドカード

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold、通称「ソラチカゴールドカード」は、ANAとJCB、東京メトロの提携クレジットカードです。

普段の買い物はもちろん、PASMOへのチャージにもOki Doki ポイントが付き、移行手数料なしで1ポイント=10マイルに交換ができます。

また、東京メトロの乗車や定期券購入、加盟店でのPASMO利用でOki Doki ポイントとは別にメトロポイントが貯まります。メトロポイントも100ポイント=90マイルの高レートでマイル移行が可能。一般カードのラインナップにもソラチカカードがありますが、メトロポイントはゴールドのほうが貯まりやすくなっています。

ソラチカゴールドカードで貯まるメトロポイント

  • 定期券購入1000円につき5ポイント
  • 1乗車につき平日20ポイント、土曜・休日40ポイント
  • メトロポイントPlus加盟店(METRO’S、Echikaなど)でのPASMO利用で200円につき2ポイント
  • メトロポイントPlusロゴ付きの自動販売機やロッカーでのPASMO利用で100円につき2ポイント

※ メトロポイントPlusへの事前登録が必要(無料)。

もちろんボーナスマイルや海外旅行保険、空港ラウンジサービスなどもワイドゴールドと同様に付き、JCBブランドなのでスマリボの登録で年会費のキャッシュバックも受けられます。

通勤などで東京メトロを使う機会が多い人にとっては、もっともマイルを貯めやすいおすすめの一枚ですよ。

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

アイキャッチ画像:ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 15,400円
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大112,600マイルプレゼント!

ポイント有効期限なし!旅行特典が充実するANAアメックスゴールド

ANA アメックスゴールドは年会費が3万円以上と高額ですが、アメックス独自のサービスが充実した満足度の高いクレジットカードです。

大きな魅力は、ポイントの有効期限がないこと。100円につき1ポイント貯まり、1ポイント=1マイルとしていつでもマイル移行が可能です(交換は1000ポイントから、マイル有効期限は36ヶ月)。さらに航空券、旅行商品などANAグループでカードを利用するとポイントが2倍になるのもアメックスだけの特典です。

また、年間300万円以上カードを利用すると、1万円分のANA SKY コインがもらえるという特典も(翌年3月末頃に付与)。ANA SKY コインはANAの航空券や旅行商品の支払いに利用できるので、旅行好きには非常に魅力的な特典です。

旅行で役立つ特典としては、最高1億円の海外旅行保険、国内外29空港の空港ラウンジサービスのほか、成田空港、関西国際空港などでは手荷物無料宅配サービスも利用できます。2021年3月には手荷物無料宅配サービスの対象に羽田空港が加わり、海外航空便遅延費用の補償もスタート。ますます魅力がアップします。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アイキャッチ画像:ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
マイル 基本スペック

マイルについて

交換可能なマイル ANA
マイル還元率 1%

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 34,100円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計50,000マイル(※)相当獲得可能

※メンバーシップ・リワードのポイントをマイルに移行した場合

ANAカードを選ぶとき見比べるべき3つのポイント

ANAカードは30種類以上もあるので、自分に合ったカードを探すのは大変ですよね。ここではANAカードを選ぶときに見比べるべきポイントを3つご紹介。年会費やボーナスマイルだけではなく、特典、提携先のポイントなどにも注目してみましょう。

ANAカードの選び方3つの比較ポイント

  • 年間でかかる費用と飛行機に乗る頻度
  • 特典や海外旅行保険の内容
  • 提携先のポイントの貯めやすさ

それぞれ詳しく解説していきます。

手数料込みでも一般カードが安い!飛行機によく乗るならワイド以上

クレジットカードカードの利用でマイルを効率よく貯めるには、マイル還元率1.0%は欲しいところ。ANA一般カードとワイドカードは通常のマイル還元率が0.5%ですが、年間5500〜6600円の移行手数料を支払えば1.0%に上げることができます。

一方、ゴールド以上は移行手数料なしで常にマイル還元率1.0%と高水準ですが、年会費は1万円以上と高め。仮に一般カードで移行手数料を支払ったとしても、年間にかかる費用はゴールドより6000円以上安くなります

ボーナスマイルはワイドカード、ゴールドカードが一般カードの2倍以上。特に搭乗ボーナスが25%付くので、飛行機によく乗る人は年会費が高くてもワイドカード以上がお得になるかもしれません。

例)JCBカードのランクごとにかかる費用とボーナスマイルの違い
年間にかかる費用(10マイルコースの場合) 入会・継続時のボーナスマイル 搭乗時のボーナスマイル
ANA JCB一般カード 7700円(年会費2200円+移行手数料5500円) 1000マイル 10%
ANA JCBワイドカード 1万3475円(年会費7975円+移行手数料5500円) 2000マイル 25%
ANA JCBワイドゴールドカード 1万5400円 2000マイル 25%

一般カードでも毎年1000マイルもらえるので、飛行機に乗る機会が少ない人は一般カードの10マイルコースがおすすめ。特に費用を抑えたい人は、移行手数料なしの5マイルコースから始めてみるのがいいでしょう。

特典を重視するならゴールド以上がお得!海外旅行保険も手厚い

年間にかかる費用やボーナスマイルだけを見比べると、一般カードかワイドカードで十分という人もいるかもしれません。ただ、実際にANAのサービスを利用したり海外旅行に持っていくとなると、ゴールド以上のメリットが際立ちます。

ANAゴールドカードの特典

  • 空港ラウンジサービス(国内主要空港+ダニエル・イノウエ空港)※
  • 最高1億円の海外旅行保険(VISA、Mastercardは最高5000万円)
  • 最高5000万円の国内旅行保険(ダイナースは最高1億円)
  • 一部の対象カードは楽天Edyへのチャージでも200円につき1マイル加算

※ ANAダイナースカードは世界1000ヵ所以上。

特に旅行好きの人にとって、空港ラウンジが無料で使えたり手厚い旅行保険が付くのは非常に魅力的ですよね。海外旅行保険は一般カードにも付きますが、補償対象は死亡と後遺障害のみ。ゴールドならケガや盗難などのトラブルにも対応できるので安心です。

プレミアムカードには専用コンシェルジュなどさらに手厚いサービスが付きますが、年会費が7万円以上かかってしまうので、そこまで求めないのであればゴールドでも十分満足できるはずですよ。

空港ラウンジサービス&最高1億円の海外旅行保険が付くANA JCBワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカード

アイキャッチ画像:ANA ワイドゴールドカード

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大109,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

ポイントの貯めやすさも大事!電車利用が多い人は交通系がおすすめ

おもにクレジットカードの利用でマイルを貯める人にとっては、提携先のポイントの貯めやすさも重要です。

特に電車に乗る機会が多い人には、交通系IC一体型のANAカードがおすすめ。

交通系IC一体型のおすすめANAカード

ANA VISA Suicaカード
Suicaへのチャージでポイントが貯まる!
ANA To Me CARD PASMO JCBカード
PASMOへのチャージや定期券購入でOki Dokiポイントとメトロポイントがダブルで貯まる!
ANA TOKYU POINT Club Q PASMO マスターカード
PASMOへのチャージや定期券購入、加盟店でのカード利用でVポイントとTOKYU POINTがダブルで貯まる!

提携先のポイントもマイルに交換可能なので、電車の利用はもちろん、SuicaやPASMOを支払いに使ったり沿線の加盟店でカードを利用すれば、効率よくマイルを貯めることができます。

Suicaへのチャージでもポイントが貯まる!ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

アイキャッチ画像:ANA VISA Suicaカード

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大9,000マイルプレゼント!

おすすめはコスパ抜群の一般カードと特典が多いゴールドカード!

年会費やボーナスマイル、特典などを見比べてみると、一般カードかゴールドカードがお得といえます。ポイントは以下の3つ。

  • 一般カードは費用を抑えつつも十分マイルを貯められる
  • ゴールドカードは年会費が高い分、ボーナスマイルが多く特典も充実している
  • 交通系IC一体型のANAカードは一般とゴールドだけ

ゴールドと同等のボーナスマイルが付き年会費を抑えられるワイドカードもありますが、空港ラウンジなどのサービスや海外旅行保険でゴールドより劣ってしまうため、費用と比べるとそこまでコスパがいいとは言えません。

特典にこだわりがなく手軽にマイルを貯めたい人は一般カード、飛行機に乗る機会が多く特典も充実させたい人はゴールドカードがおすすめです。

初年度年会費無料!初めてでも安心してマイルが貯められるANA一般カード

ANA 一般カード

アイキャッチ画像:ANA 一般カード

お得なキャンペーン

  • 入会特典やキャンペーンへの参加などで、最大70,600マイルプレゼント!

※国際ブランドにJCBを選択した場合

さいごに...

この記事のまとめ

ANAカードは4つのランクに分かれているうえに提携先も多く、ラインナップが非常に豊富。

最後にANAカードの特徴と選び方をおさらいしましょう。

  • ANAカードはマイルが貯まりやすく旅行に役立つ特典も充実している
  • ANAカードは4つのランクに分かれ、提携先も多いためカードの種類が豊富
  • マイルへの移行手数料や提携先のポイントの貯めやすさも重要。電車利用が多い人向けのANAカードもある
  • コストを抑えたい人はANA一般カード、飛行機に乗る機会が多く特典にもこだわりたい人はANAゴールドカードがおすすめ

自分にぴったりなカードを選ぶのは難しいですが、年会費、マイル還元率、ボーナスマイル、特典など、重視したいポイントを絞って見比べると、それぞれのカードの個性が見えてきます。交通系IC一体型のANAカードもあるので、生活スタイルに合わせてカードを選ぶといいですよ。

「ANA一般カードとゴールドカードを徹底比較!」をもう一度見る

監修者

監修者紹介:伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤亮太

いとうりょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師。早稲田大学エクステンションセンター講師。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。