公開
更新

アメックスでお得にマイルを貯めるには?おすすめのクレジットカード5選!

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子監修

ステータスカードとして有名なアメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカード。旅行や出張時の特典が豊富で、サポートも手厚いため、旅好きなら1枚は持っていたいカードです。

こんなことが気になる人へ

  • 「アメックスはマイルを貯めやすいと聞くけれど、それって本当なの?」
  • 「複数あるアメックスの中からマイルを貯めるのに最適なカードがどれなのか知りたい」

旅好きにとって、マイルの貯まりやすさもクレジットカード選びの重要な要素です。

アメックスは多くの航空会社と提携していて、ANAやJALを含めて合計17社のマイルに移行できます(※)。

※ ANAのみマイルへの移行定数料が年間5500円必要。

また、アメックスのポイントアッププログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費3300円)に登録すれば、ポイントの有効期限もなくなりポイントからマイルへの移行レートもアップします。アメックスは、マイルを貯めやすいクレジットカードといえるでしょう。

アメックスは年会費が高めなので、最初は一般カードのアメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)から始めてみるのがおすすめです。ポイント還元率や、マイルへの移行レートに関しては、上位カードであるアメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)と差はありません。

現在、アメックスグリーンは期間限定のキャンペーンを実施しています。通常100円で1ポイントが貯まるポイントが、キャンペーン期間中に申し込むと入会後3ヶ月間は100円で10ポイント(内ボーナス9ポイント)を貯められます(※)。

※ ボーナスポイントの上限2万7000ポイント。

アメックスを始める最初の1枚はアメックスグリーンがおすすめ

アメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・カード

お得なキャンペーン

  • 11月4日まで期間限定キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大3万ポイント獲得可能



    100円につき9ポイント
    のボーナスポイント


    ※上限2万7000ポイントまで

この記事では、アメックスの効率的なマイルの貯め方や、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

また、実際にポイントをマイルに移行する方法も解説しているので、参考にしてみてください。

この記事はこんな内容です

アメックスでマイルを効率的に貯めるコツ

  • メンバーシップ・リワード・プラス」に登録する
  • 対象加盟店で買い物をしてポイント還元率3倍を狙う
  • 日常生活のすべてをアメックスで決済する
  • 入会キャンペーンでポイントを量産する

目次

アメックスでマイルを貯めるメリットとは?

アメックスはクレジット決済によるポイントは100円につき1ポイント、水道や電気などの公共料金の決済は200円につき1ポイントが貯まります。

100円で1ポイントが貯まると聞くとポイントが貯まりやすいイメージを持つかもしれません。しかし、マイルを貯めようと思ったときに重要なのが、1ポイントを何マイルと移行(交換)できるかどうかです。

アメックスのマイルへの移行レートがどのくらいなのかを含めて、なぜマイルを貯めるならアメックスがおすすめなのか、アメックスでマイルを貯めるメリットを見ていきましょう。

アメックスでマイルを貯めるおもなメリット

  • ポイントを高レートでマイルに移行できる
  • ANAやJALなど、提携先航空会社が多い

もちろんマイルに交換するだけでなく、アメックスのポイントは他にも使い道が色々とあります。

マイル移行以外のアメックスのポイントの使い道

  • 他社ポイント(楽天ポイントやTポイントなど)に移行
  • クレジットカードの利用代金に使用
  • 商品などに交換

ここからはアメックスでマイルを貯めるメリットを1つずつ詳しく解説していきます。

ポイントを高レートでマイルに移行できる

日々のクレジット決済で貯めたアメックスのポイントは、ANAやJALなどの提携航空会社のマイルへ移行が可能です。

マイルの移行レートは航空会社によって異なりますが、基本的に2000ポイント→1000マイルになります。

これだけを聞くと、「あれ?そんなにレート還元率は良くないのでは?」と思いますよね。

そこで知っておきたいのが、アメックスのポイントアッププログラムである「メンバーシップ・リワード・プラス」の存在です。

「メンバーシップ・リワード・プラス」は、アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」のアップグレード版で、年間参加費3300円で登録できます。

この「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することで、通常より高レートでマイルに移行できるようになります。

マイルの移行レート
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合 メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合
ANA(※) 2000ポイント→1000マイル 1000ポイント→1000マイル
JAL 3000ポイント→1000マイル 2500ポイント→1000マイル
その他提携航空会社 2000ポイント→1000マイル 1250ポイント→1000マイル

※ ANAのマイルに移行する場合、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要。

マイル移行のレートがアップするのは、マイラーにとっては大きな魅力といえます。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば、マイルのレートがアップするほか、ポイントの有効期限が無期限になったり、「ボーナスポイントプログラム」への参加が可能など、さまざまなメリットがあります。

ポイントやマイルをお得に貯めたい人は、有料でもメンバーシップ・リワード・プラスへ登録した方がよいでしょう。

メンバーシップ・リワード・プラスについてすぐに知りたい人は「マイルをお得に貯めるならメンバーシップ・リワード・プラス」の項目をチェック!

ANAやJALなど、提携先航空会社が多い

アメックスは提携している航空会社が多く、貯めたポイントをさまざまな航空会社のマイルへ移行できるのも大きなメリットです。

アメックスの提携先航空会社は、ANAやJALを筆頭に合計17社もあります。

提携航空会社一覧

  • ANA
  • JAL
  • デルタ航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • タイ国際航空
  • キャセイパシフィック航空
  • シンガポール航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • スカンジナビア航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • フィンランド航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • エールフランス/KLM航空
  • チャイナエアライン
  • カンタス航空

特定の航空会社のクレジットカードの場合、高レートでマイルに移行できますが、移行先はその航空会社のマイルだけです。例えばANAカードならANAマイルにしか移行できず、貯めたポイントをJALなど他の航空会社のマイルには移行できません。

その点アメックスなら、貯めたポイントを高レートで17の提携航空会社のマイルに移行できます。

自分にとって最適なマイルを利用しながら見極めたい人は、さまざまな航空会社のマイルに移行できるアメックスが最適でしょう。

アメックスの中では年会費は低め!最初の1枚におすすめ

アメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・カード

お得なキャンペーン

  • 11月4日まで期間限定キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大3万ポイント獲得可能



    100円につき9ポイント
    のボーナスポイント


    ※上限2万7000ポイントまで

マイル以外にも旅行に便利なトラベルサポート特典が充実

アメックスなら手厚いトラベルサポートが付いているので、旅行先や仕事先でも安心して過ごせます。

アメックスのおもなトラベルサポート(※)

海外旅行の旅行保険が充実
H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
電話1本で国内外の航空券の発券やホテルやレンタカー、鉄道チケットを手配
国内28カ所とハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが利用できる(同伴者1名まで無料)
アメックスグリーン、アメックスゴールドなら国内外1300カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス付き
手荷物宅配サービス(成田、羽田、中部、関西)
出発時の自宅から空港まで、帰国時の空港から自宅まで無料でスーツケース1個を配送
オーバーシーズ・アシスト
海外で病院やレストランを日本語で紹介してくれる(24時間体制)
無料ポーターサービス(成田、関西)
空港内の送迎や荷物運搬のサポート
空港クロークサービス
手荷物2個まで無料で預かってくれる
各種プロテクション付き
航空便の遅延や欠航、預け荷物の遅延・紛失、急な病気などで行けなくなった旅行のキャンセル費用などの費用を補償してくれるもの

※ カードの種類によって利用できないサポートもあります。

その他にも以下のような特典もあります。

その他の特典(※)

  • 大型手荷物宅配優待特典
  • 格安の定額料金でエアポート送迎サービス(提携タクシー会社をチャーター)
  • 空港周辺パーキングが割引に
  • 海外用のレンタルスマホの貸し出しが半額
  • 京都特別観光ラウンジの利用

※ カードの種類によって利用できない特典もあります。

特に言葉が通じない海外旅行では、トラブル時の日本語サポートや旅行保険など、いざというときのサポートが付いているだけで、安心して旅行が楽しめます。

マイルをお得に貯めるなら「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録!

アメックスのポイントプログラムには「メンバーシップ・リワード」とポイントアッププログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」があります。

メンバーシップ・リワードは基本のポイントプログラムなので、アメックスのカードを持っていれば無料で登録できますが、メンバーシップ・リワード・プラス年間参加費3300円がかかります。

マイルを効率的に貯めるなら、メンバーシップ・リワード・プラスへの登録が必須です。

わざわざ参加費を支払ってまで、メンバーシップ・リワード・プラスに登録するメリットを詳しく見てみましょう。

メンバーシップ・リワード・プラスのおもなメリット

  • ポイントをマイルへ移行する際のレートがアップ
  • 「ボーナスポイントプログラム」でポイント3倍
  • 日常使いでもポイント還元率がアップ
  • ポイントの有効期限が無条件で無期限

メンバーシップ・リワード・プラスの最大のメリットは、ポイントをマイルに移行する際のレートがアップするという点です。

また、ポイント還元率がアップすれば、より多くのマイルを貯められるので、「ボーナスポイントプログラム」も見逃せません。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

ポイントをマイルに移行する際のレートがアップ!

マイルへの移行レートはメンバーシップ・リワード・プラスに加入することで、ANAの場合、通常2000ポイント→1000マイルの移行レートが、1000ポイント→1000マイルと2倍のマイルに移行できるようになります。

マイルの移行レート
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合 メンバーシップ・リワード・プラスに登録した場合 移行上限/移行手数料
ANA 2000ポイント→1000マイル 1000ポイント→1000マイル 4万マイル/年間5500円
JAL 3000ポイント→1000マイル 2500ポイント→1000マイル 上限・手数料なし
その他提携航空会社 2000ポイント→1000マイル 1250ポイント→1000マイル 上限・手数料なし

その他の提携航空会社も、メンバーシップ・リワード・プラスに登録していれば1250ポイント→1000マイルと1.6倍もアップ。高還元率でマイルに移行できます。

ANAで東京-那覇間を往復する特典航空券の場合で比較してみると、さらにメンバーシップ・リワード・プラスのお得感がイメージできるかもしれません。

ANAで通常期の東京-那覇間の往復に必要なマイルとポイント数
必要なマイル数 必要なポイント数
メンバーシップ・リワード・プラスに登録したの場合 1万8000マイル(片道9000マイル) 1万8000ポイント
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合 3万6000ポイント

※ 特典航空券は閑散期(L:ロー)、通常期(R:レギュラー)、繁忙期(H:ハイ)によって金額が異なります。

このようにメンバーシップ・リワード・プラスに登録していれば、特典航空券をより少ないポイントで入手できます。

1つ気になるのがJALマイルへの移行レートでしょう。ANAや他の航空会社と比べてしまうとJALマイルの移行レートは決して良いとはいえません。

しかし、JAL公式サイトはこの後に説明する「ボーナスポイントプログラム」の加盟店なので、オンラインでJAL航空券を購入すれば、100円=3ポイント、通常の3倍のポイントが貯まります。

仮にすべてのポイントが100円=3ポイントで貯めたものだとしたら、JALマイルでも100円=1.2マイルで移行できます。「ボーナスポイントプログラム」を上手に活用することで、JALマイルでもお得にマイルが貯められます。

「ボーナスポイントプログラム」でポイント3倍!

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、「ボーナスポイントプログラム」に無料で申し込みができます。

申し込めば、対象加盟店で買い物をするごとに100円=3ポイント(通常1ポイント+ボーナスポイント2ポイント)とポイントが3倍になります。

対象加盟店にはYahoo!ショッピングも含まれているので、日常の買い物でもポイントが貯まりやすいのが特徴です。

おもな対象加盟店

  • Yahoo!JAPAN(Yahoo!ショッピング、ヤフオク、PayPayモール)
  • Uber Eats
  • iTunes Store/App Store
  • ヨドバシカメラ
  • 一休.com
  • JAL公式WEBサイトにてオンラインで購入の商品(国内線・国際線航空券、国内・海外ツアー商品)
  • HIS公式WEBサイトにてオンラインで購入の商品(海外航空券、ホテル、パッケージツアー、レンタカー)
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

高額になりがちなJALやHISの航空券もポイントアップの対象なので、旅行や仕事で利用する際もポイントは3倍!

アメックスは、ボーナスポイントでもマイルの移行レートは基本ポイントと同じなので、ポイントが3倍になればマイルも3倍になるのは魅力的です。

「ボーナスポイントプログラム」は必ず事前申し込みが必要なので、メンバーシップ・リワード・プラスに加入したらセットで必ず申し込みをしておきましょう。

※ 一部対象外のカードがあります。

日常使いでもポイント還元率がアップ!

還元率が良いのはマイルだけではありません。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録していれば、ポイントをカード利用代金に充当した際の還元率も上がります。

カード利用代金に充当した場合のポイント還元率
交換先 未登録の場合 登録済の場合
航空会社での利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→1円
ホテル・旅行代理店などで利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.8円(※1)
旅行関連以外で利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円
オンライン・ショッピング(アメックス加盟店)で利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円

※1 旅行代理店にて航空券(公示運賃)を購入した場合、航空会社でのご利用分として記載され、上記の換算レートと異なる場合があります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録しているかしていないかで、おおよそ2〜3倍の差が出ます。マイル以外のことを考えても、メンバーシップ・リワード・プラスに登録する方が総合的にお得だといえそうです。

ポイントの期限が無条件で無期限になる

アメックスのポイント有効期限は3年ですが、メンバーシップ・リワード・プラスに登録していれば有効期限は無期限になります。

メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合でも、3年の間に一度でもポイントを交換すれば有効期限は延長されます。

3年もあれば…と思っても、カードの年間利用額がそこまで多くない人や、航空券やホテル宿泊など高額なものと交換を考えている人は、気長にポイントを貯めたいもの。

期限切れでうっかりポイントが消失してしまったなんてことになったら、今まで積み上げてきたものが水に泡になってしまいますよね。

自分のペースでポイントを貯めるなら、メンバーシップ・リワード・プラスへ登録するのが安心です。

マイルが効率的に貯まるおすすめのクレジットカード5選!

マイルを効率的に貯めるには、メンバーシップ・リワード・プラスへの登録が必須とお伝えしましたが、どのアメックスカードを選ぶかも大事なポイントになります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録できるのは、アメックスグリーン、アメックスゴールド、アメックスプラチナなどのプロバーカードだけです。

しかし、プロパーカードだけでなく、アメックスの提携カードにもマイルを貯めやすいカードは存在します。

航空会社ANAとの提携カード「ANAアメックス」や、世界最大のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルとの提携カード「SPGアメックス」もマイルを貯めるにはおすすめのカードです。

ここでは、マイルを貯めるのにおすすめなアメックスのクレジットカードを5枚紹介します。

おすすめクレジットカード5選

  • アメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)
  • アメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)
  • アメックスプラチナ(プラチナ・カード)
  • ANAアメックス(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)
  • SPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

年会費は低め!アメックスを始める最初の1枚におすすめのアメックスグリーン

アメックスグリーンは、アメックスのプロパーカードの中で一般カードの位置づけ。年会費は1万3200円とけっして安くありませんが、アメックスのプロパーカードの中では一番低く設定されています。

アメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・カード

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 13,200円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 11月4日まで期間限定キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大3万ポイント獲得可能



    100円につき9ポイント
    のボーナスポイント


    ※上限2万7000ポイントまで

おすすめポイント

  • アメックスのプロパーカードで年会費が一番低い
  • ポイントをANA、JAL含む17社のマイルに移行できる
  • メンバーシップ・リワード・プラス登録で下記のメリット
    (1)マイルへの移行レートがアップ
    (2)Amazon、Yahoo!ショッピングなどでボーナスポイントを獲得
    (3)ポイントの有効期限がなくなる
  • 国内28ヵ所とハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジを利用できる
  • 国内外1300ヵ所以上の空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスの登録が無料

マイルへの移行先が豊富なこと、年会費3300円のメンバーシップ・リワード・プラスの登録で、マイルへの移行レートがアップすることなどは、これまで紹介した通りです。

このほか、アメックスグリーンは空港ラウンジの利用や、空港手荷物宅配サービスなど、旅に関する特典も豊富。旅行代金をカードで支払う必要がありますが、海外旅行保険、国内旅行保険も用意されています。

一般カードながら、他社のゴールドカード以上の特典やサービスが期待できます。

アメックスグリーンの特典や旅行保険の詳細についてはこちらをチェック

ワンランク上の旅を楽しむならアメックスゴールド

アメックスゴールドは、年会費3万1900円とゴールドカードの中でも高めですが、旅行や食事関連の特典が充実していて、その内容は他社ならプラチナカード並みです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 31,900円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 11月4日まで期間限定キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大5万ポイント獲得可能



    100円につき9ポイント
    のボーナスポイント


    ※上限4万5000ポイントまで

おすすめポイント

  • ポイントをANA、JAL含む17社のマイルに移行できる
  • メンバーシップ・リワード・プラス登録で下記のメリット
    (1)マイルへの移行レートがアップ
    (2)Amazon、Yahoo!ショッピングなどでボーナスポイントを獲得
    (3)ポイントの有効期限がなくなる
  • 国内外1300ヵ所以上の空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスの登録無料だけでなく、利用も年2回まで無料
  • 「ゴールド・ダイニングby招待日和」が利用可能
  • 1枚目の家族カードは無料で発行できる

マイルの移行先の豊富さ、メンバーシップ・リワード・プラスの登録でのマイルの移行レートアップなどは、アメックスグリーンと同様です。

アメックスゴールドの魅力は充実した特典内容。国内外1300ヵ所以上の空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスは登録だけでなく、年2回まで無料で利用できます。

海外の旅行先での日本語サポートは、アメックスグリーンでも受けられますが、アメックスゴールドのサポートには、病院の予約や入院の手配など、緊急時の支援サービスも含まれています。

旅行以外にも、国内外約200店舗のレストランで所定のコースを2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料になる「ゴールド・ダイニングby招待日和」が利用可能です。

この他にも数多くの特典が用意されています。アメックスゴールドの特典や旅行保険の詳細についてはこちらで詳しく紹介しています。

また、カード継続時の特典も豪華です。

アメックスゴールドの継続特典

  • 旅行予約サイト「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に使える1万5000円クーポンをプレゼント
  • 厳選した600以上のホテルが参加するプログラム、ザ・ホテル・コレクションの館内利用100ドル相当分を割り引き
  • スターバックス特典として、ドリンクチケット3000円分をプレゼント

ステータス、特典、サポートのすべてが最高クラス!アメックスプラチナ

アメックスプラチナは、ステータス、特典、サポートのどれをとっても最高クラスのクレジットカードです。年会費は14万3000円と破格ですが、特典やサポート内容を考えれば十分に元が取れるといわれています。

プラチナ・カード

アイキャッチ画像:プラチナ・カード

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 143,000円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内のカード利用で合計5万ポイント獲得可能

おすすめポイント

  • ポイントをANA、JAL含む17社のマイルに移行できる
  • メンバーシップ・リワード・プラスには無料で登録可能。登録することで下記のメリット
    (1)マイルへの移行レートがアップ
    (2)Amazon、Yahoo!ショッピングなどでボーナスポイントを獲得
    (3)ポイントの有効期限がなくなる
  • プラチナ・コンシェルジュ・デスクが利用できる
  • 高級ホテルの上級会員特典が受けられる
  • カード継続時に国内高級ホテルの宿泊券(2名分)を受け取れる
  • 電化製品やパソコン、カメラなどの補償「ホームウェア・プロテクション」
  • 家族カードが4枚まで無料で発行できる

アメックスプラチナは、メンバーシップ・リワード・プラスに無料で登録が可能です。登録後のボーナスポイントやマイルへの移行レートのアップなどは、アメックスグリーンとアメックスゴールドと同様です。

アメックスプラチナには、「プラチナ・コンシェルジュ・デスク」という24時間365日利用できるコンシェルジュサービスが用意されています。航空券やホテルの手配、レストラン予約、イベントチケット予約など、まるで執事のような役割を担ってくれます。

また、マリオット・ボンヴォイやヒルトン・オナーズなどの3つの高級ホテルグループの上級会員の資格が無条件で獲得できます。さらに毎年のカード継続時には国内高級ホテル1泊分の無料宿泊券(2名分)もプレゼントされます。

各種サポートも充実していて、カード購入の有無にかかわらず、電化製品やパソコン、カメラの故障を使用期間に応じて、購入金額の50〜100%を補償する「ホームウェア・プロテクション」も備えています。

家族カードが4枚まで無料。4枚すべて発行すれば、アメックスプラチナを1人2万8600円で利用できます。

ANAマイルを貯めるならANAアメックス

ANAアメックスは、ANAグループとアメックスの提携カードです。

ANAマイルしか貯められませんが、ANAカードマイルプラス加盟店でカードを利用すれば、通常のポイントは別に100円につき1マイルが自動加算されます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:ANAアメリカン・エキスプレス・カード

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 7,700円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 期間限定キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大4万マイル獲得可能



    \ 新規入会1000マイル獲得 /


    10万円利用で2000ポイント
    25万円利用で7000ポイント
    50万円利用で2万5000ポイント

おすすめポイント

  • 搭乗ごとにボーナスマイルが加算される
  • ANAカードマイルプラス加盟店で決済すれば、通常のポイント+100円につき1マイルが自動加算
  • 入会で1000マイル、継続ごとに1000マイルが進呈

ANAアメックスを持っていれば、ANAのフライトを利用するごとに、通常の搭乗マイルに加え、区間ごとに「クラス・運賃倍率×10%」のボーナスマイルが積算されます。

さらに、カード入会時と継続時に1000マイルのボーナスマイルが進呈されるので、あっという間にマイルが貯まります!

その他、ANAグループでのカード利用でポイントが1.5倍になったり、機内販売で100円につき1マイルが加算されます。

旅行や出張でANAの飛行機をよく利用する人にとっては、とてもマイルが貯めやすいとっておきのカードといえます。

マイルとホテル特典が充実のSPGアメックス

SPGアメックスは、世界最大のホテルチェーンであるマイオット・インターナショナルとアメックスの提携カードです。

ホテル特典が充実していることから、旅行やホテル好きの間で人気の高いカードです。

SPGアメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:SPGアメリカン・エキスプレス・カード

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 34,100円
発行スピード 1~3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:カード到着までの期間
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 期間限定キャンペーン(2021年12月7日まで)

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大6万ボーナスポイント獲得可能


    10万円利用で3万ボーナスポイント
    30万円利用で3万ボーナスポイント

おすすめポイント

  • マリオット・ボンヴォイの上級会員になれる
  • 毎年のカード更新毎にホテルの無料宿泊券がもらえる
  • 対象レストランやバーが15%割引
  • ポイントが貯めやすく、航空会社40社以上のマイルに移行可能

やはり最大のメリットは、マリオット・ボンヴォイのゴールドエリート(上級会員)の資格が獲得できることでしょう。

ゴールドエリート会員のおもな特典

  • 客室を無料でアップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトで250ポイント、または500ポイント進呈
  • ボーナスポイント1ドル=12.5ポイント(25%)もらえる
  • ホテル内レストランが15%割引
  • 12歳以下は朝食無料

さらに、カード継続で毎年1泊2名分のホテル無料宿泊券がもらえます。1泊3万円〜4万円のホテルに年1回無料で泊まれるので、これだけでもSPGアメックスの年会費3万4100円を支払う価値は十分あります!

ポイント制度はアメックスのプロバーカードとは異なりますが、マイル還元率もボーナスマイルを利用すれば1.25%と高還元率!年に1回は旅行する人、高級ホテルに泊まりたい人にとってはとてもお得なカードといえます。

SPGアメックスについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック

ポイントをマイルへ移行する方法

実際にアメックスで貯めたポイントをマイルへ移行する際、事前登録とポイントの移行手続きが必要になります。

ANAやその他の提携航空会社では手続きが若干異なります。特にANAマイルへの移行は別途コースへの登録が必要になるので、その方法も含めてご紹介します。

提携航空パートナーの会員登録を済ませておく

アメックスのポイントをマイルに移行するには、事前に提携先航空会社の会員登録を行う必要があります。

会員番号を取得してから、アメックスのオンライン・サービスにて「移行先提携航空パートナーの登録」を行います。

提携航空パートナーの登録と初回ポイントの移行方法

  1. オンライン・サービスにログインする
    サービスを利用するにはまずはオンライン・サービスに登録する必要があります。
  2. メニューを選択する
    メンバーシップ・リワード カタログサイトの「ポイントプログラムについて」のメニューから「ポイント移行 提携先プログラムのご登録/メンバーシップ・リワード・プラスへのご登録」を選択します。
  3. 移行先の提携航空パートナーを選択する
    「提携先プログラム」でマイル移行したい提携航空会社を選び、必要事項を入力すれば申請が完了します。

ANAマイルへの移行は「ANAコース」に登録が必要

ANAマイルへの移行に限っては、「メンバーシップ・リワードANAコース」へ別途登録が必要です。ANAコースへの登録は残念ながら年間5500円が別途かかってしまいます。

つまり、ANAマイルへお得なレートで移行するには、「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費3300円)に登録した上で、「メンバーシップ・リワードANAコース」(年会費5500円)に登録する必要があるので、ANAマイルへ移行するのに8800円の年間費用がかかる計算になります(※)。

※ ANAアメックスは年間にかかる費用は異なります。

メンバーシップ・リワード・プラスは任意申し込みなので、未登録の場合でも大丈夫ですが、ANAマイルに移行するには「メンバーシップ・リワードANAコース」への登録はマストになります。

「年間8800円もかかるなら、メンバーシップ・リワード・プラスには登録しないでおこう…」と思うかもしれませんが、ANAマイルを効率的に貯めるなら、マイル移行レートが2倍になるメンバーシップ・リワード・プラスも合わせて登録した方がお得です!

ANAマイルへの移行費用は年間6600円!ANAに絞ってマイルを貯めるならおすすめ

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:ANAアメリカン・エキスプレス・カード

お得なキャンペーン

  • 期間限定キャンペーン

    入会後3ヶ月以内のカード利用で

    最大4万マイル獲得可能



    \ 新規入会1000マイル獲得 /


    10万円利用で2000ポイント
    25万円利用で7000ポイント
    50万円利用で2万5000ポイント

メンバーシップ・リワードANAコースへの登録と初回ポイントの移行方法

メンバーシップ・リワードANAコースへの登録方法は、アメックスのオンラインサービスからできます。

まずオンライン・サービスにログインし、「メニューを選択する」までは先ほどご紹介した提携航空パートナー登録手順と同じです。

「提携先プログラム」でANAを選択し、ANAマイレージクラブの登録情報を入力。「メンバーシップ・リワードANAコース」の注意事項を確認し、登録を行ってください。

登録が完了すれば、移行したいポイント数を入力し申請すれば完了です。

一度登録してしまえば2回目以降は、ログイン後に登録済のパートナー(航空会社)の一覧から選ぶだけで、提携先の会員番号が表示されます。

マイル移行期間を確認しておこう

マイル移行の申請が完了したからといって、即時にマイルが使えるわけではありません。

ポイントがマイルに移行する移行期間が航空会社ごとに設けられているので、確認しておきましょう

各提携航空会社のマイルの移行期間
提携航空会社 マイル移行期間
ANA 5営業日以内
JAL 初回移行時:2週間以内
2回目以降:同日中
その他提携航空会社 初回移行時:2週間以内
2回目以降:同日中〜10日以内(基本的には5日以内の航空会社が多い)

※ 各提携航空会社の移行期間の詳細は、「メンバーシップ・リワード カタログサイト」で確認できます。

ANAの移行期間は通常5日以内ですが、メンバーシップ・リワードANAコースへの登録と、マイル移行の申請を同時に行った場合、マイルへの移行までに1〜3週間かかります。

他の提携航空会社も初回は時間がかかるので、余裕を持って移行の申請手続きをしておくと安心です。

さいごに...

この記事のまとめ

アメックスのポイントはさまざまな使い道がありますが、お得な使い道としておすすめなのがマイルへの移行です。効率的にマイルを貯めるなら「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録はマストと言えるでしょう!

年に1度旅行や出張で飛行機を利用するなら、1枚は持っておきたいアメックスカード。独自で発行しているプロパーカードをはじめ、ANAやホテルグループとの提携カードなどさまざまな種類があります。

今回ご紹介したアメックスカードの中から自分に最適な1枚を選んで、マイルをどんどん貯めましょう!

アメックスはマイルをお得に貯められる最適なカード!

  • メンバーシップ・リワード・プラスへの登録でマイル移行レートがアップ
  • ボーナスポイントプログラムでポイントが通常の3倍貯まる!
  • ANAマイルに絞るなら提携カードのANAアメックスがおすすめ
  • ワンランク上のステータス、特典、サービスならゴールドかプラチナがおすすめ

「マイルが効率的に貯まるおすすめのクレジットカード5選!」をもう一度見る▶

監修者

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子

いいだみちこ

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。どの金融機関にも属さない独立系FP。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。