PR 当サイトを経由して商品への申し込みがあった場合には、売上の一部が当サイトに還元されます。なお、収益が記事中での製品・サービスの評価に影響を与えることはありません。

更新

楽天カードと三井住友カード(NL)はどっちがお得?ポイント還元率やメリットを徹底比較

監修者紹介:伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤亮太監修

この記事では、楽天カード三井住友カード(NL)のスペックを比較しながら、ポイントの貯め方や活用方法についてご紹介します。

ポイントを効率よく貯められるカードとして人気の楽天カードと三井住友カード(NL)。

それぞれのポイントをお得に貯めるコツは、高還元率の対象店舗やサービスでクレジット決済をすることです。

例えば、下記のお店やサービスをよく利用している人はポイントが貯まりやすくなります。

楽天カードがおすすめな人

  • 楽天市場のネットショッピングをよく利用する
  • 楽天Pay楽天Edyをよく利用する

三井住友カード(NL)がおすすめな人

  • セブン-イレブンローソンをよく利用する
  • マクドナルドガストをよく利用する

高還元率になる条件やスペックをチェックすれば、自分にあったカードで賢くポイントを貯めることができます。

もっともお得にポイントを貯めるうえでは、高還元率になる店舗やサービスによって2つのカードを使い分けるのがおすすめです。

楽天カードと三井住友カード(NL)比較表
カード名 楽天カード

楽天カード
三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費 無料 永年無料
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、アメックス Visa、Mastercard
貯まるポイント 楽天ポイント Vポイント
ポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント
1ポイント=1円相当
0.5%
200円につき1ポイント
1ポイント=1円相当
最大還元率 16.5% 7.0%(※3)
最大還元率にする条件 SPU(スーパーポイントアッププログラム)で楽天市場を利用(※1) 対象コンビニ(セブン-イレブン、ローソンなど)、マクドナルドなどでスマホのタッチ決済を利用(※4)
ポイント有効期限 1年間(※2) 2年間
入会特典 新規入会&カード利用で5000ポイント進呈 新規入会&カード利用で最大5000円相当プレゼント+新規入会でVポイント1000円相当プレゼント
申し込み先 詳細を見る 詳細を見る
 

※1 楽天市場でのカードご利用額から「消費税・送料・ラッピング料」を除いた金額100円につき1ポイント(期間限定ポイント)となります。進呈するポイント(期間限定ポイントを含む)には上限や条件があります。
※2 期間内に1度でもポイントを獲得すれば有効期限は延長。ただし、有効期限が短い期間限定ポイントも存在します。
※3 対象店舗での最大還元率。
※4 スマホのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済を利用した場合。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払う場合があります。その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用する店舗によって異なる場合があります。通常のポイントを含みます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

次の章からは、楽天カードと三井住友カード(NL)のより詳しいポイントの貯め方や活用方法について解説していきます。

カード選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事はこんな内容です

楽天カードと三井住友カード(NL)を比較

  • 楽天ポイントは、1.0%の高還元率が魅力!
  • 楽天ポイントは楽天市場や楽天Edy、楽天Payで1ポイント=1円として現金のように利用可能(1ポイント=1円)
  • コンビニ・マクドナルドをよく利用するなら、三井住友カード(NL)のほうがポイントが貯まる!
  • 三井住友カードのVポイント1ポイント=1円でキャッシュバックやiDとして使える(1ポイント=1円)

目次

ポイント還元率1.0%でとにかくポイントが貯まりやすい!

楽天カード

アイキャッチ画像:楽天カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5000ポイント進呈

楽天カードと三井住友カード(NL)のスペックを徹底比較!

楽天カードのポイントはとにかくポイントが貯まりやすい

楽天カードのポイント還元率は常時1.0%と、これだけでも高還元率です。

しかし、楽天市場での買い物で3倍になるなど、ポイント還元率をアップさせる要素がいくつもあります。

楽天カードでポイントが貯まりやすい要因

  • 楽天サービスの利用でポイントがアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)
  • カード決済しなくてもポイントが貯まる楽天ポイント加盟店
  • 楽天Edy、楽天Payへのチャージでもポイントが貯まる

ここからは、楽天カードでポイントが貯まりやすい要因について、詳しく紹介していきます。

楽天市場でポイント3倍!SPUで最大16.5%のポイント還元率を狙える

楽天カードの利用で貯まるポイントは「楽天ポイント」です。

ポイント還元率が常時1.0%と高還元率ですが、楽天市場での買い物ならこれが最大3.0%にアップします。

また楽天市場をはじめ、楽天銀行や楽天モバイルなど、楽天グループのサービスを利用することでさらにポイント還元率が高くなります。

これを「SPU(スーパーポイントアップ)」プログラムといい、楽天市場での買い物によるポイントが最大16.5%までアップします。

楽天ポイント加盟店での買い物や楽天Edy、楽天Payでもポイントが貯まる!

コンビニや飲食店、ドラッグストアなど、街なかにある楽天ポイント加盟店での買い物をすると、楽天カード利用分とは別に、楽天ポイントが付与されます。

買い物200円につき1ポイント(還元率0.5%)が一般的です。

ただし、もっとお得にポイントが付与されるケースもあります。

例えば、電子マネー「楽天Edy」の利用です。楽天カードから楽天Edyにチャージをすると、それだけで200円につき1ポイント貯まります。

チャージされたポイントで支払うと、そこでも通常200円につき1ポイントが加算

また、椿屋珈琲店などの「ポイントプラス加盟店」で支払った場合は2倍(200円=2ポイント)になります。

バーコード決済の楽天Payは、さらにお得です。楽天カードからのチャージで200円につき1ポイントが、そして支払い時には、200円につき2ポイントが還元されるのです。

楽天Edyと楽天Payのポイントの貯まり方
楽天カードからチャージ 支払時
楽天Edy
(電子マネー)
還元率0.5%
(200円につき1ポイント)
還元率0.5%
(200円につき1ポイント)
楽天Pay
(バーコード決済)
還元率0.5%
(200円につき1ポイント)
還元率1.0%
(200円につき2ポイント)

楽天カードを上手に使えば、ポイントはどんどん貯まっていきます。

楽天カードのことを詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック!

三井住友カード(NL)はさまざまな方法でポイント還元率がアップする

三井住友カード(NL)の利用で、「Vポイント」が貯まります。

三井住友カード(NL)のポイント還元率は0.5%。これだけ見たら高還元率とは言えません。

ただし、三井住友カード(NL)にも、対象コンビニやマクドナルドなどでスマホのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済を利用するとポイント還元率が最大7.0%(※1)になるなど、お得な仕組みがいくつも用意されています。

三井住友カード(NL)でポイント還元率がアップする仕組み

  • 対象コンビニ・マクドナルドなどでスマホのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済を利用するとポイント還元率が最大7.0%(※1)
  • 「ココイコ!」や「ポイントUPモール」の利用でポイント還元率をアップ
  • 指定されたスーパー・ドラッグストアなどから3店舗を選択してポイント+0.5%

※1 スマホのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済を利用した場合。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払う場合があります。その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用する店舗によって異なる場合があります。通常のポイントを含みます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カード(NL)でポイント還元率がアップする仕組みを詳しく紹介していきます。

対象コンビニ、マクドナルドなどでのポイント還元率がなんと最大7.0%!

三井住友カード(NL)は、対象コンビニ(セブン-イレブン、ローソンなど)、マクドナルドなどでのカード利用で、ポイント還元率が最大7.0%にまでアップします。

還元率の内訳は図の通りです。ポイント還元率7.0%の条件スマホのタッチ決済での支払いです。

スマホでVisaのタッチ決済、Mastercardタッチ決済の利用で支払った場合のみポイント還元率が最大7.0%にアップします。

※ 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※ iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※ 一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払う場合があります。その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用する店舗によって異なる場合があります。
※ 通常のポイントを含みます。
※ ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

対象コンビニやマクドナルドなどでのポイント還元率の内訳

「ココイコ!」や「ポイントUPモール」活用でポイントが効率よく貯まる

三井住友カード(NL)のポイント還元率をさらにアップさせる方法があります。

例えば「ココイコ!」は、対象店舗にあらかじめエントリーした上でカード決済すると、通常より多くのポイントが貯まるキャッシュバックされるなどの特典が受けられるサービスです。

また、三井住友カードが運営するサイト「ポイントUPモール」を経由してネットショッピングすると、お店によって異なりますが、ポイント還元率が+0.5〜9.5%になります。

※ 2022年10月現在。

※ ポイント還元率は予告なく変更となる場合があります。

「ココイコ!」「ポイントUPモール」が利用可能な店や通販サイト
アップする還元率 代表的な店や通販サイト
ココイコ! +0.5%〜 タカシマヤ、大丸・松坂屋、東急百貨店、ヤマダデンキ、ビックカメラ・ソフマップ、紀伊國屋書店、ブックファースト、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、東京マリオットホテル、ENEOS、かっぱ寿司、びっくりドンキー、魚民、白木屋など
ポイントUPモール +0.5〜9.5% Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、【ふるさと】ふるさと納税サイト、じゃらんnet、セシール、ニッセンオンライン、Joshin、DHC、ファンケル、アイリスプラザなど
※2022年8月現在
※ポイント還元率は予告なく変更となる可能性があります

さらに、上記とは別に、指定されたスーパーやドラッグストア、カフェ、ファーストフードなどのうち最大3店舗を登録しておくことで、ポイント還元率が0.5%アップします。

Vポイントのことを詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック!

対象コンビニ・マクドナルドなどでポイント還元率が最大7.0%

三井住友カード(NL)

アイキャッチ画像:三井住友カード(NL)

お得なキャンペーン

  • 2024年4月21日までのキャンペーン

    新規入会&利用で

    最大6000円相当

    プレゼント

    ・新規入会&カード利用で最大5000円相当のVポイントをプレゼント(利用金額10%

    ・新規入会でVポイントギフトコード1000円分をプレゼント

楽天ポイント・Vポイントともに利用方法は豊富

ポイントの利用方法で比較するなら、楽天カードの楽天ポイントと三井住友カード(NL)のVポイントは互角です。

利用方法はどちらも豊富であり、ポイントの使いみちで困ることはなさそうです。

電子マネーやバーコード決済にポイントをチャージして、現金のように使えるのも大きな魅力

1ポイント単位から使え、ポイントを無駄にする心配もありません。

いっぽうで、ポイントをそのまま支払いに使える店舗が多い楽天ポイントと、他社へのポイント交換先が豊富なVポイント、といった特徴の違いがあります。

ここからは、楽天ポイント、Vポイントの利用方法を詳しく見ていきます。

楽天ポイントとVポイントは現金のように使える
楽天カード 三井住友カード(NL)
貯まるポイント 楽天ポイント Vポイント
支払いに使える店舗 ガスト、マクドナルド、吉野家、すき家、くら寿司、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ビックカメラ、ジョーシン、ジュンク堂書店など多数
交換可能なポイント 楽天Edy 、楽天ポイント、nanaco、Tポイント、Pontaポイント、dポイント、ヨドバシゴールドポイント、ビックポイント
交換可能マイル ANAマイル ANAマイルなど
チャージ可能な電子マネー・バーコード決済 楽天Edy楽天Pay iD
公式ページ 楽天カードの公式ページを見る▶ 三井住友カード(NL)の公式ページを見る▶

楽天市場での買い物や楽天Edy・楽天Payのチャージに利用可能

楽天ポイントは、楽天カードの支払いのほか、楽天市場など楽天サービス、楽天ポイントカード加盟店での支払い、楽天Edy、楽天Payのチャージに使えます。

楽天ポイントの利用方法

  • 楽天カードの支払いに利用
  • 楽天市場など、楽天サービスの利用
  • 楽天ポイント加盟店での利用
  • マイルに交換
  • 楽天Edyへのチャージ、楽天Payでの支払い

以下、詳しく見ていきましょう。

楽天サービスや楽天ポイント加盟店で使える

楽天ポイントは、楽天市場楽天モバイルなど、各種楽天サービスの利用代金の支払いに利用できます。

残高が大きくなったところで楽天トラベルでの旅行代金にあてる、といった使い方も可能。

また楽天証券を通じて、投資信託な国内株式などの買付代金にあてれば、「投資家デビュー」です。

楽天ポイントが利用できる楽天サービス

  • 楽天市場での買い物
  • 楽天モバイル、楽天でんき、楽天ビューティなどの利用代金
  • 楽天証券の投資信託や国内株式などの運用資金
  • 楽天トラベルの旅行代金 など

楽天ポイントは、街なかにある楽天ポイント加盟店での支払いにも使えます。

楽天ポイント加盟店は、コンビニ、ファミリーレストラン、ドラッグストアなど、日常使いのお店も多く、使いみちにこまることはありません。

楽天Edy・楽天Payのチャージすれば現金感覚で使える

楽天ポイントを、電子マネーの楽天Edyに1ポイント=1円でチャージできます。

またバーコード決済の楽天Payの場合は、「ポイントを使う」を選択しておくだけで1ポイント=1円で利用できます。

楽天Edy、楽天Payともに、大手コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、数多くのチェーン店で使えるので、現金感覚での利用が可能です。

なお、楽天ポイントをANAマイルに交換することも可能ですが、交換レートは2ポイント=1マイルと、高いとは言えません。

楽天ポイントは楽天Edy・楽天Payにチャージすれば現金感覚

楽天カード

アイキャッチ画像:楽天カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5000ポイント進呈

Vポイントはさまざまなポイントへの交換やキャッシュバックに使える

三井住友カード(NL)を使うと貯まるVポイントは、他社へのポイント交換先が豊富、という特徴があります。

もちろん、各種の支払いにあてることも可能です。「Vポイント」アプリにチャージして、電子マネーとして使うこともできます。

Vポイントの利用方法

  • 他社のポイントに交換
  • マイルに交換
  • キャッシュバック(カードの支払いに利用)
  • 「Vポイント」アプリへのチャージ

以下、Vポイントの利用方法を詳しく見ていきましょう。

ポイントの交換先は豊富、ギフトカードにも交換可能

Vポイントは、使える店舗が多い楽天ポイントはもちろんのこと、他社のポイントへの交換先が豊富です。

例えば、Vポイント1ポイント=楽天ポイント0.7ポイント、Vポイント1ポイント=0.8Tポイントで交換できます。

ただし、交換レートが1対1であることはほとんどなく、交換後にポイントが減ることがほとんどです。

Vポイントの他社ポイントなどへの交換レート
ポイント 1Pあたりの交換レート 最小交換単位
楽天Edy 0.8円 500P→400円分
楽天ポイント 0.8P 500P→400P
nanaco 0.8P 500P→400P
Tポイント 0.8P 500P→400P
Pontaポイント 0.8P 500P→400P
dポイント 0.8P 500P→400P
ヨドバシゴールドポイント 0.8P 500P→400P
ビックポイント 0.8P 500P→400P
マイル 1Pあたりの交換レート 最小交換単位
ANAマイル 0.5マイル 500P→250マイル
オンラインギフトカード 1Pあたりの交換レート 最小交換単位
Amazonギフト券 0.8円分 500P→400円分

また、Vポイントは百貨店やスーパー、ショッピングセンターなど、全国50万店以上の店舗で利用できるVJAギフトカードとの交換も可能です。

VJAギフトカードへの交換に必要なVポイント数
VJAギフトカード 必要なVポイント数
5000円 5500P
1万円 1万500P
1万5000円 1万5500P
2万円 2万500P

VJAギフトカードとの交換では、1ポイント=1円相当以外に500ポイントが必要となります。

交換するポイント数が変わっても、500ポイントは固定なので、2万円分を交換するのがお得です。

キャッシュバックや「Vポイント」アプリにチャージできる

V ポイントには、クレジットカードの支払いにあてる「キャッシュバック」できるサービスがあります。

また、スマホの「Vポイント」アプリにチャージすれば、電子マネー「iD」としても利用可能に。1ポイント=1円で使えます。

キャッシュバックは2021年2月末まで、1ポイント=0.6円だったためお得な利用方法ではありませんでした。

2021年3月1日からは、1ポイント=1円、1ポイント単位で利用ができるようになりました。

「Vポイント」アプリを使えば1ポイント=1円でiD支払いに利用可能!

三井住友カード(NL)

アイキャッチ画像:三井住友カード(NL)

お得なキャンペーン

  • 2024年4月21日までのキャンペーン

    新規入会&利用で

    最大6000円相当

    プレゼント

    ・新規入会&カード利用で最大5000円相当のVポイントをプレゼント(利用金額10%

    ・新規入会でVポイントギフトコード1000円分をプレゼント

お得な入会キャンペーンも両カードの魅力

入会キャンペーンに関しては、三井住友カード(NL)は2024年1月1日~2024年4月21日の期間限定で、新規入会&利用で最大6000円相当の獲得が可能です。

新規入会&カード利用で最大5000円(利用金額の10%)と、新規入会でVポイントギフトコード1000円分がプレゼントされます。

楽天カードは新規入会特典として入会で2000ポイント、カード初回利用で3000ポイント(期間限定ポイント)の、合計5000ポイントがもれなく付与されるキャンペーンを継続中です。

ときおり8000ポイントがもらえるキャンペーンも実施されるため、そのタイミングを狙って入会するのも1つの手です。

簡単な条件で5000ポイントがゲットできる

楽天カード

アイキャッチ画像:楽天カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5000ポイント進呈

ナンバーレスカードはカード番号が印字されていないクレカ

三井住友カード(NL)は「ナンバーレスカード」です。

券面にカード番号やセキュリティコードが印字されていません

カード番号を盗み見される心配がないため、不正利用などのトラブルを回避できると期待されています。

以下、ナンバーレスカードのメリットと、デメリットを紹介していきます。

ナンバーレスカードのメリット・デメリット

メリット
盗み見される心配なし
デメリット
カード番号・セキュリティコードの確認が少し手間

メリットとデメリットは表裏一体!カード情報の確認には「Vpass」アプリが必須

ナンバーレスカードのメリットは、券面にカード番号やセキュリティコード、氏名などを盗み見される心配がないこと。

全体的に、不正利用を防ぐためのセキュリティが向上しています。

なお印字されなくなったカード番号などは、カード会員向けの「Vpass」アプリで簡単に確認できます。

一方、デメリットは、カード番号をVpassアプリでしか確認できないため、番号の確認にひと手間がかかること。

また、万が一アクセスできないときは通販などでカード情報を入力できないことです。

ナンバーレスで盗み見される心配なし!

三井住友カード(NL)

アイキャッチ画像:三井住友カード(NL)

お得なキャンペーン

  • 2024年4月21日までのキャンペーン

    新規入会&利用で

    最大6000円相当

    プレゼント

    ・新規入会&カード利用で最大5000円相当のVポイントをプレゼント(利用金額10%

    ・新規入会でVポイントギフトコード1000円分をプレゼント

さいごに...

この記事のまとめ

ここまで、ポイントの貯まり方や使い勝手を中心に、楽天カードと三井住友カード(NL)を比較してきました。

結論からいうと、楽天カードと三井住友カード(NL)をそれぞれポイント還元率によって使い分け、効率良くポイントを貯めるのがおすすめです。

楽天カードはポイント還元率が1.0%と、0.5%の三井住友カード(NL)よりもポイントが貯めやすいですが、三井住友カード(NL)にも、対象コンビニ(セブン-イレブン、ローソンなど)やマクドナルドなどでポイント還元率が最大7.0%(※)になるなど、楽天カードよりポイントが貯まる場面があります。

メインカードを楽天カードにしながら、ポイント還元率がアップするところでは三井住友カード(NL)を使って賢くポイントを貯めましょう。

どちらのカードも年会費は無料であり、2枚持ちにしても負担はありません

楽天カードと三井住友カード(NL)の見極めのポイント

  • ポイント還元率1.0%。「SPU」により楽天市場での買い物が最大還元率16.5%と、とにかくポイントがたまりやすいのが楽天カード
  • 三井住友カード(NL)は、対象コンビニ(セブン-イレブン、ローソンなど)やマクドナルドなどでのポイント還元率が最大7.0%(※)!
  • 「ナンバーレスカード」の三井住友カード(NL)はセキュリティも万全
  • 楽天カードをメインに、ポイント還元率がアップする店舗では三井住友カード(NL)をサブに。「2枚持ち」で賢くポイントを貯めよう

※ スマホのVisaのタッチ決済・Mastercardタッチ決済を利用した場合。
※ 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※ iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※ 一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払う場合があります。その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用する店舗によって異なる場合があります。
※ 通常のポイントを含みます。
※ ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

監修者

監修者紹介:伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤亮太

いとうりょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師。早稲田大学エクステンションセンター講師。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

公開

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。