公開
更新

JCBカード Wはポイント2倍で高還元!お得に貯めるコツも紹介

監修者紹介:伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤亮太監修

日本発祥の国際ブランドとして有名なJCBカード。

スタンダードなJCB一般カードも人気ですが、ポイント還元率の高いJCBカード Wも高い人気を誇ります。

こんなことが気になる人へ

  • 「JCBカード Wにはどんな特徴があるの?」
  • 「JCBカード Wでポイントを効率的に貯める方法やお得な入会特典が知りたい」

JCBカードが発行するJCBカード Wは、入会条件が39歳以下と限定されていますが、年会費無料常にポイントが2倍貯まる高還元率カードです。

通常利用でもポイント還元率1.0%という高い還元率ですが、セブン-イレブンやAmazonなどの優待店舗を利用することで、さらにポイント還元率を上げることができます。

さらに、新規入会特典も充実

お得なキャッシュバックやお友達紹介キャンペーン、家族カード入会でギフトカードプレゼントなど、多彩な特典が用意されています。

そこで今回は、JCBカード Wでポイントを貯めるコツやお得な入会特典について徹底解説

女性向けのサービスが充実したJCB CARD W plus Lも紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

年会費無料でポイント還元率1.0%!お得にポイントを貯めるならJCB CARD W

JCB CARD W

アイキャッチ画像:JCB CARD W

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン(2021年12月7日まで)
    (1)Amazon.co.jp利用で最大1万円のキャッシュバック
    (2)抽選でJCBギフトカード10万円分プレゼント
  • 家族カード入会で最大4000円分のJCBギフトカードをプレゼント(2022年3月31日まで)
  • お友逹紹介キャンペーン!最大5000円相当(1000Oki Dokiポイント)をプレゼント(2022年3月31日まで)

この記事はこんな内容です

JCBカード Wの特徴

  • JCBカード Wは年会費が永年無料
  • 常にポイント2倍!還元率1.0%でお得にポイントが貯められる
  • セブン-イレブンやAmazonでポイント還元率が大幅にアップ
  • ポイントやキャッシュバックがもらえる新規入会特典を実施中!
  • 女性向けの特典が充実したJCB CARD W plus Lもおすすめ
  • 海外利用を考えている人はJCB&VISAの2枚持ちが最適

目次

JCBカード Wは年会費無料の高還元率カード!

JCBカード Wは、39歳以下を対象としたWEB入会限定のクレジットカードです。最大の魅力は年会費無料ポイント還元率が高いこと。

JCBが発行しているJCB ORIGINAL SERIESの中でもお得なクレジットカードとして、人気を集めています。

JCB CARD W

アイキャッチ画像:JCB CARD W
ポイント 基本スペック

ポイントについて

ポイント還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント
交換可能なポイント 楽天ポイント
ポイントで交換できるもの キャッシュバック、商品券、カタログでの商品交換、など
ポイントモール Oki Dokiランド

基本スペック

年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:39歳まで申し込み可能
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン(2021年12月7日まで)
    (1)Amazon.co.jp利用で最大1万円のキャッシュバック
    (2)抽選でJCBギフトカード10万円分プレゼント
  • 家族カード入会で最大4000円分のJCBギフトカードをプレゼント(2022年3月31日まで)
  • お友逹紹介キャンペーン!最大5000円相当(1000Oki Dokiポイント)をプレゼント(2022年3月31日まで)

まずは、JCBカードのメリットをチェックしておきましょう。

コストゼロなのにハイスペック!JCBカード Wの3大メリット

JCBカード Wを持つメリットは3つあります。

JCBカード Wの3大メリット

  1. 年会費が永年無料
  2. ポイントが常に2倍で貯めやすい
  3. 海外旅行保険&ショッピング保険が利用付帯

ここで押さえておきたいポイントは、年会費無料でありながらハイスペックな機能を備えていること。

初めてクレジットカードを作る人はもちろん、すでに他のクレジットカードを利用している人も、持っていて損はない1枚といえるでしょう。

では、具体的にどのような魅力があるのでしょうか。ここから詳しく解説していきます。

年会費が永年無料&追加カードも無料で発行できる

まずお伝えしたいのが、JCBカードWは年会費無料で発行できるということ。

一般的なクレジットカードは、初年度無料でも2年目以降に年会費が発生するパターンが多いですが、JCBカード Wは永年無料です。

39歳までに申し込みをしておけば、費用負担はありません。

また、家族カードやETCカードも無料で追加発行が可能

維持コストをかけずにクレジットカードやETCカードを使えるのはうれしいですよね。

ポイントが常に2倍!還元率1.0%でザクザク貯まる

JCBカードWは、JCBカードの中でもポイント還元率が高いカードに位置づけられます。

スタンダードなJCB一般カードの場合、毎月のカード利用合計額1000円ごとに1ポイントのOki Dokiポイントが貯まります。

Oki Dokiポイントは最大で1ポイント5円相当の価値があるため、JCB一般カードの基本の還元率は約0.5%となりますね。

これに対して、JCBカード Wは常にポイント2倍

カード利用合計額1000円ごとに2ポイントのOki Dokiポイントが貯まるため、ポイント還元率は1.0%となります。

どれくらいの違いがあるのか、年間100万円分の買い物をした場合を例に見てみましょう。

1年で100万円利用した場合の獲得ポイントの差
カードの種類 ポイント還元率 獲得ポイント
JCB一般カード 0.5% 5000ポイント
JCBカード W 1.0% 1万ポイント

このように、たった還元率0.5%の違いでも、使う金額によって獲得ポイントの差が大きく開きます。

貯めたポイントは、豪華商品やギフトカード、他社ポイント、マイルなど、さまざまな用途で使えるため、貯めたら貯めた分だけお得に活用できますよ。

Oki Dokiポイントの交換先をもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もチェック!

海外旅行保険&ショッピング保険が利用付帯で安心

JCBカード Wには、海外旅行の際に安心な保険が2つ付いています。

JCBカード Wに付く海外旅行保険

  • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高100万円の海外ショッピング保険

どちらも、旅行代金や公共交通機関の交通費などをJCBカード Wで支払っていることが条件となる利用付帯ですが、年会費無料にもかかわらず、手厚い保険が付いているのは魅力的ですよね。

また、旅行先で万が一の事故やトラブルに巻き込まれてしまった場合も「JCBプラザコールセンター(海外)」で電話相談ができます。

24時間年中無休で問い合わせができるうえに日本語で対応してくれるため、とても心強いです。

知っておくと安心!JCBカード Wの2つのデメリット

メリットの多いJCBカード Wですが、他のクレジットカードと同様にデメリットもあわせ持っています。

何に注意すべきなのか、申し込み前にデメリットも確認しておきましょう。

JCBカード Wの2つのデメリット

  1. 入会条件が39歳以下に限定されている
  2. 利用明細はWEB上でしか確認できない

デメリットとしては以上の2点が挙げられます。具体的に見ていきましょう。

入会条件が39歳以下に限定されているので注意

JCBカード Wは、申し込み対象が18歳以上39歳以下の人に限定されているため、40歳以上の人は入会することができません

しかし、高校生を除く学生でも申し込みができるため、39歳以下であれば未成年でもクレジットカードを発行できるチャンスがあります。

また、この年齢制限はあくまでも入会時の年齢を指しているため、39歳までに申し込んでいれば40歳を過ぎてもカードを利用することができます

もちろん、年会費無料・ポイント還元率1.0%というスペックも変わりません。

利用明細を確認できるのはWEBのみ

WEB入会限定となっているJCBカード Wは、利用明細の確認もWEBのみという特徴があります。

入会とあわせて、JCBの会員専用WEBサービス「MyJCB」とWEB明細サービス「MyJチェック」に自動登録され、紙の利用明細書は発行されません。

とはいえ、「MyJCB」と「MyJチェック」はどちらも登録無料。最長15ヶ月分の利用明細をPDFなどでダウンロードできるため、そこまで大きなデメリットではありませんが、利用明細を紙で保管したい人は注意しておきましょう。

常にポイント2倍!JCBカード Wでポイントを貯める3つのコツ

ここでは、JCBカード Wの大きな特徴であるポイント還元率をさらにアップさせる技をお伝えしていきます。

JCBカード Wは普通に使っていてもポイントを獲得しやすいカードですが、3つのコツを押さえることで、より効率的にポイントを貯めることができます。

JCBカード Wでポイントを貯める3つのコツ

  1. JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント獲得
  2. 最大20倍!ネットショッピングは「Oki Dokiランド」を活用
  3. JCBトラベル」から旅行予約すればポイント2倍!

いずれもJCBカード Wの「ポイント2倍」が適用されたうえで、それぞれのボーナスポイントが加算されるため、大変お得です。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント獲得

JCBのポイント優待店「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」でJCBカード Wを利用すると、優待店ボーナスポイントが加算され、通常より多くのポイントを獲得できます。

優待店ボーナスポイントは店舗によって異なりますが、中にはポイント倍率10倍を超える店も。日常的に使いやすい店舗も多いため、手軽にポイントを貯められますよ。

参考までに、おもな優待店の例を紹介します。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの一例
店舗 事前登録 ポイント倍率
セブン-イレブン 不要 3倍
ビックカメラ 必要 2倍
スターバックス 必要 10倍
モスバーガー 必要 2倍
成城石井 必要 2倍
タイムズパーキング 必要 2倍

なお、一部の優待店舗は事前登録(ポイントアップ登録)が必要なケースがあります

JCB ORIGINALシリーズ専用サイトから無料で登録できるので、事前に手続きを済ませてしておくとよいでしょう。

最大20倍!ネットショッピングは「Oki Dokiランド」を活用

JCBの運営するポイント優待サイト「Oki Doki ランド」を経由してネットショッピングを行うと、ショップによってOki Dokiポイントが2〜20倍にアップします。

登録されているショップは約400店舗。Amazonや楽天市場などの大手ネットショップから旅行サイトやグルメサイトまで、ジャンルも多彩です。

Oki Doki ランド登録ショップの一例
ショップ ポイント倍率
Amazon 2倍
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
じゃらんnet 2倍
ホットペッパーグルメ 5倍

さらに、独自のポイントを持っているショップを利用した場合は、Oki Dokiポイントと各店舗の独自ポイントをダブルで貯められます

期間限定でポイントアップキャンペーンを行っている店舗もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「JCBトラベル」から旅行予約すればポイント2倍!

JCBカード会員は、JCB会員専用の旅行会社「JCBトラベル」から旅行予約を行うことで、お得にポイントを貯めることができます。

カード会員のランクによってポイント倍率は異なりますが、JCBカード Wの場合はOki Dokiポイントが2倍にアップ

貯めたポイントは、1ポイント=4円分として次回の旅行代金に充てることができるため、旅行好きの人におすすめです。

また、JCBトラベルは30社以上の旅行会社を取り扱っているためプランも充実。国内外ともに幅広い選択肢の中から選択することが可能です。

旅行プランに迷ってしまったときは、JCBトラベルデスクのオペレーターと相談することもできますよ。

JCBカード Wのお得な新規入会特典をチェック!

ここからは、お得な新規入会キャンペーンについて紹介します。入会の時期によってキャンペーン内容は異なりますが、2021年10月時点では以下のようなキャンペーンが行われています。

新規入会キャンペーン

  1. Amazon利用で最大1万円キャッシュバック!(カード利用金額の15%)
  2. 家族カード入会で最大4000円分プレゼント
  3. 友達紹介で紹介した人に最大5000円相当のポイント(1000ポイント)をプレゼント!

※ 2021年12月7日までのキャンペーン情報です。

年会費無料のカードで1万円のキャッシュバックはあまり聞かないので、Amazonをよく利用する人にはうれしいキャンペーンです。

なお、これらのキャンペーンは予告なく終了する可能性もあるため、事前に必ず公式サイトを確認しておきましょう。

女性向けの特典が満載!JCB CARD W plus L

ここまでJCBカード Wについて紹介してきましたが、実はJCBカード Wは2種類あります。

そこで紹介しておきたいのが、JCBカード Wの機能に女性向けのサービスがついたJCB CARD W plus Lです。

JCB CARD W plus L

アイキャッチ画像:JCB CARD W plus L

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:39歳まで申し込み可能
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン(2021年12月7日まで)
    (1)MyJCBアプリログインのうえ、Amazon.co.jp利用で最大1万円のキャッシュバック
    (2)抽選でJCBギフトカード10万円分プレゼント
  • 家族カード入会で最大4000円分のJCBギフトカードをプレゼント(2022年3月31日まで)
  • お友逹紹介キャンペーン!最大5000円相当(1000Oki Dokiポイント)をプレゼント(2022年3月31日まで)

JCB CARD W plus L限定のサービスとして、以下の2つが挙げられます。

JCB CARD W plus L限定のサービス

  1. 豪華プレゼントに応募できるLINDAリーグ
  2. オプションで加入できるお手頃な保険を用意

具体的にどのようなサービスなのか、詳しく解説していきます。

LINDAリーグで豪華プレゼントや優待特典に応募できる!

JCB CARD W plus Lに入会すると、女性のキレイをサポートする企業群「LINDAリーグ」の参加企業が提供している割引特典や優待を利用したり、豪華賞品が当たる抽選キャンペーンに応募することができます

参加企業は、コスメやファッション、グルメやトラベル関連などさまざま。プレゼントや特典内容も多岐にわたります。

LINDAリーグで提供されている優待特典の例

  • 一休.comレストランで使用できる500円引きクーポンのプレゼント
  • スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍
  • JCBトラベルからの旅行予約でOki Dokiポイント2倍
  • TOHOシネマズで使える映画鑑賞券を20組限定でプレゼント

これらの特典はほんの一例で、ほかにもホテルの宿泊割引やネイルサロンの割引など、お得で魅力的なものばかり。

特典内容は毎月更新されるため、定期的に「LINDAサイト」をチェックしてみてくださいね。

オプションで加入できるお手頃な保険が充実

JCB CARD W plus Lの特典として、オプションで加入できる2種類の女性向け保険が用意されています

JCB CARD W plus Lの女性向け保険

  1. 女性特定がんの手術や犯罪被害などを補償してくれるお守リンダ
  2. 女性特有の疾病による入院や手術費用をサポートしてくれる女性疾病保険

どちらも女性特有の疾病や事件、事故を支援する充実の保険内容です。お手頃な料金から申し込めるため、もしもに備えておきたい人はぜひ検討してみてくださいね。

お守リンダは選べる4つのプランを用意

「お守リンダ」では、AからBまで4つのプランを用意しており、自分にあったものを選択することができます。どのような保険があるのか、プラン内容を確認してみましょう。

お守リンダの保険プラン
プラン 補償 補償内容 月額保険料
プランA 女性特定がん
  • 女性特定がん限定手術保険金(50万円)
30〜630円(※)
プランB 天災限定傷害
  • 入院保険金(5000円/日)
  • 手術保険金(5・10・20万円)
60円
プランC 犯罪被害補償
  • ひったくり損害保険金(最高50万円)
  • 鍵取替え費用保険金(最高3万円)
  • ストーカー行為等対策費用保険金(最高50万円)
100円
プランD 傷害入院補償
  • 入院保険金(5000円/日)
390円

※ 保険始期日時点の満年齢により月額保険料は異なる。

例えば、プランAの場合は、女性特有の病気と向き合うために用意されており、乳がん・子宮がん・卵巣がんと診断され、手術を受けた場合に保険金が支払われます。

どのプランも比較的リーズナブルな月額保険料で加入できるため、まだ医療保険に入っていない人や格安の掛け金で保険に入っておきたい人におすすめです。

手厚いサポートで安心の女性疾病保険

JCB CARD W plus Lを持っている人限定で加入できる「女性疾病保険」では、女性特有の疾病による入院費や手術費などを手厚い補償でサポートしてくれます。

女性疾病保険
疾病入院保険金 3000円/日
女性特定疾病入院保険金 3000円/日
疾病手術保険金 入院中 3万円
外来 1万5000円
女性特定疾病手術保険金 入院中 3万円
外来 1万5000円

対象年齢は18歳から69歳。保険料は年齢によって異なりますが、月額290円(18〜24歳)から加入できます

また、女性特有の疾病はもちろん、ほぼすべての病気による入院や約1000種類の手術が補償対象に入っています。海外での入院も補償対象となっているため、万全の備えをしておきたい人でも安心ですね。

2枚持ちでリスク回避!JCBカードの注意点とは?

日本発祥の国際ブランドであるJCBカードは、国内利用に強いというメリットの反面、VISAやMastercardに比べると海外での普及率が低いというデメリットがあります。

そのため、旅行や出張で海外に行く際はJCB以外の国際ブランドをサブカードとして持っていくのがおすすめです。

特に利用可能店舗が世界No.1といわれているVISAは、世界中どこに行っても安心。国内外問わず使いやすいブランドなので、1枚持っておくと重宝するでしょう。

今回は、数あるVISAブランドの中でも、手厚いサポートサービスが魅力の三井住友VISAカードを紹介します。

三井住友カード

アイキャッチ画像:三井住友カード
付帯保険 基本スペック

付帯保険について

海外旅行保険 利用付帯
海外旅行傷害保険金(死亡・後遺症) 2,000万円
海外旅行傷害・疾病保険金(治療) 50万円 ※1
賠償責任保険金 2,000万円
携行品損害保険金 15万円 ※2
国内旅行保険 -
国内旅行傷害保険金(死亡・後遺症) -
ショッピング保険金 100万円
家族カード
家族特約

※1:1回の事故につき限度50万円
※2:1旅行中かつ1年間15万円限度

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短翌営業日
国際ブランド
電子マネー
ETC

※1:2021年3月31日までにインターネット入会で無料。2年目以降は1回以上の利用と「マイ・ペイすリボ」への登録で無料
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&ご利用で最大5000円相当プレゼント!(利用金額15%分
    (2021年12月31日まで)
  • Apple Pay/Google Pay の設定で500円分ギフトコードプレゼント
    (2021年12月31日まで)

三井住友VISAカードが海外利用に向いているポイントとして最高2000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯していることが挙げられます。

それに加え、年間100万円までのショッピング補償や、24時間年中無休のサポート窓口が備わっているのも魅力的です。

さらに、年会費はインターネット入会で初年度無料、2年目以降も1375円とお手頃な価格設定になっています。

年会費割引特典もあるので、サブカードとして持ちやすい1枚といえるでしょう。

ハワイ&韓国に行くならJCBカードが最適!豊富な特典でお得感満載

海外利用時には注意が必要なJCBカードですが、ハワイと韓国に行くなら話は別です。

ハワイと韓国はJCBカードを利用できる店が多いほか、優待サービスや特典も満載。

どちらも現地会員専用のラウンジ「JCBプラザ ラウンジ」が設置されており、観光情報の案内をはじめ、レストランやオプショナルツアーの予約代行、荷物の一時預かりなど、さまざまなシーンでサポートを受けることができます。

お得な割引サービスを利用できる加盟店や優待店もあるので、ハワイと韓国に行く際にJCBカードを持っていれば、より充実した旅行を楽しめますよ。

ハワイ旅行で得するクレカの利用法を知りたい人はこちらの記事もチェック!

韓国旅行でお得なクレカ活用術を知りたい人はこちらの記事もチェック!

さいごに...

この記事のまとめ

今回は、JCBカード W/JCB CARD W plus Lについて紹介してきました。

多彩なJCBカードの中でも、この2枚のポイント還元率はトップレベル

年会費コストをかけずに、これだけお得にポイントを貯められるというのは大きなメリットです。

ここで最後に、JCBカード W/JCB CARD W plus Lの特徴を振り返ってみましょう。

  • JCBカード W/JCB CARD W plus Lは年会費永年無料
  • 常にポイント2倍で還元率1.0%の高還元率カード
  • JCBの運営サイトを活用するとポイントがザクザク貯まる
  • お得な新規入会特典でポイントやキャッシュバックなどがもらえる
  • JCB CARD W plus Lは女性向けの特典が大充実
  • 海外で利用するときはJCB&VISAの2枚持ちが安心

年会費無料ながらハイスペックな機能を兼ね備えたJCBカード W/JCB CARD W plus Lの2枚。

新規入会キャンペーンも開催されているので、この機会にぜひ入会を検討してみてはいかがでしょうか。

「JCBカード Wは年会費無料の高還元率カード!」をもう一度見る

監修者

監修者紹介:伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー

伊藤亮太

いとうりょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師。早稲田大学エクステンションセンター講師。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。