公開
更新

ハワイ旅行で得するクレジットカー ドの利用法と注意点を徹底解説!

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子監修

キャッシュレス化が進む現代、クレジットカードは海外旅行の必需品。ハワイでは多くの場所でクレジットカード払いができ、日本で普及しているVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースも問題なく使えます。

こんなことが気になる人へ

  • 「ハワイでは現金払いとクレジットカード払い、どちらがお得?」
  • 「ハワイでお得に使えるクレジットカードが知りたい!」

なかでもハワイは買い物天国。憧れのブランド品を買ったり、おしゃれなレストランで食事をしたりと、大きな金額を支払う機会も多いのではないでしょうか。クレジットカードなしでハワイ旅行をするのは、現実的ではないですよね。それに、外国で大金を持ち歩くことに不安を感じる人もいるでしょう。

現金が必要になったときも、クレジットカードがあれば安心です。海外キャッシングを利用すれば街中のATMなどで、両替所よりもお得なレートで現金を引き下ろすことができます。

特にハワイは、クレジットカードの種類によって優待サービスを受けられることが多いです。割引等の優待、休憩ラウンジの利用、トロリー無料乗車など、どれもお得な特典ばかり。他にも、ポイント付与や海外保険なども付いており、ハワイでクレジットカードを利用するメリットはたくさん!

この記事では、ハワイのクレジットカード事情や使い方、注意点などの解説に加え、ハワイ旅行でおすすめのクレジットカードを、ハワイ通の編集者がご紹介します。

この記事はこんな内容です

ハワイ旅行前に知っておきたいクレジットカード情報

  • ハワイではほとんどの場所でクレジットカードが使える
  • ハワイでは現金払いよりクレジット払いがお得
  • ハワイで便利に使えるのはJCBカード
  • クレジットカードは国際ブランド2枚持ちがおすすめ
  • 現金が必要な場合も海外キャッシングの方が手数料は安い

目次

ハワイ旅行でおすすめのクレジットカードはJCBカード

JCB一般カード

アイキャッチ画像:JCB一般カード

お得なキャンペーン

  • インターネット新規入会限定キャンペーン!最大1万6500円分プレゼント!(2021年3月31日まで)
  • JCBオリジナルシリーズなら最大4ヵ月分のスマリボ手数料実質0円キャンペーン(2020年3月31日入会(カード発行まで)分まで)

ハワイは主要なクレジットカードがほとんど使える!

年々キャッシュレス決済が普及するアメリカですが、ハワイの状況も同様です。支払いの効率化はもちろん、防犯対策のためにも、多額の現金を持ち歩くことは敬遠されています。多くの飲食店やショップ、タクシー、レンタサイクルなどでも、クレジットカード決済が当たり前となっています。

2020年度の一般財団法人キャッシュレス推進協議会の「世界主要国におけるキャッシュレス決済状況」の調査によると、アメリカでは支払い全体におけるキャッシュレス決済の比率が45.5%、日本は21.4%だったそうです。単純計算で、アメリカは日本の2倍以上もキャッシュレス決済を行っていることになります

キャッシュレス比率はアメリカが日本の2倍

出典:『キャッシュレス・ロードマップ2020』
※ 世界銀行「Household final consumption expenditure(2017 年(2019/12/19 更新))」、BIS「Redbook(2017 年)」の非現金手段による年間支払金額17から算出。
※ 中国に関しては、Euromonitor International より参考値として記載。

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

アメリカでは、クレジットカードは支払い能力を証明する身分証でもあります。ホテルチェックイン時にクレジットカードの提示を求められますが、これはデポジット(保証金)といって支払いを保証するもの。クレジットカードがなければ、一定額の預り金を請求されることになります。レンタカー会社ではさらに厳しく、日本で支払いを済ませてあっても、営業所で手続きする際にクレジットカードの提示がなければレンタルできない会社がほとんどです。

国際ブランドのクレジットカードは問題なく使える

国際ブランドのクレジットカード、VISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなどは、ハワイでも問題なく使うことができます。

ただし、小さな店で決済する場合は注意が必要です。なかにはJCBしか利用できないところや、VISA、Mastercardのみ対応している店もあります。支払い時に慌てないよう、最低限の現金を持ち歩き、ブランドの異なるクレジットカードを2枚持って行くのがおすすめです

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

ハワイでは、コーヒー1杯の支払いもクレジットカードでOK。路上のパーキングメーターやホテルのコインランドリーにもクレジット決済機能がついているほど、ほとんどの場所でクレジットカードが使用できます。 ただし、郊外の店や小さなショップでは現金払いのみだったり、クレジットカードで支払える最低金額が決まっている場合があるので要注意。

JCBカードはハワイ旅行で使える特典がたくさん!

ハワイ旅行でクレジットカードを2枚以上持つなら、JCBブランドのカードがお得です。ハワイでは取扱店が多く、割引・特典といった旅行者向けのサービスが充実しています。

では、JCBカードでどんな優待サービスが受けられるかを詳しく見てみましょう。

JCBカードのおもな優待サービス

  1. レストランやショップ、レジャー施設等での割引やプレゼント
  2. ワイキキトロリー ピンクラインへの無料乗車
  3. ワイキキの現地ラウンジ「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」が利用できる
  4. スマホ専用アプリ「JCBハワイガイド」の提供

これらのサービスは、発行会社がJCBのクレジットカードだけではなく、国際ブランドがJCBのクレジットカードでも受けることができます。例えば楽天カードの発行会社は楽天ですが、券面の右下のロゴが「JCB」なら問題なくサービスが受けられるのです。

ショッピングからレストランまで割引が充実

JCBカードを提示すると特典が受けられる優待店は、ハワイのオアフ島内に200店以上あります。特典の種類もさまざまで、クーポンブックがもらえたり、支払い金額が割引になったり、レストランでメニューが一品追加されたりと、うれしい内容ばかり。

数ある特典のなかから、特に旅行者が利用しやすい情報をまとめてみました。

ハワイの主要な優待店と特典例
ジャンル 店名 特典内容
ショッピング
アラモアナセンター ゲストサービスセンターでJCBのクレジットカードと優待アプリのページを提示すると、クーポンブック「プレミアパスポート」がもらえる
ビッグアイランド・キャンディーズ 100ドル以上購入し、レジ打ち前にJCBのクレジットカードを提示すると、プレゼントがもらえる
ベルヴィーハワイ 50ドル以上購入し、レジ打ち前にJCBのクレジットカードを提示すると合計金額から10ドル引き
レストラン
ウルフギャング・ステーキハウス メインディッシュを2皿以上注文するとデザートをサービス。メニューオーダー時と支払い時にJCBカードを提示
プルメリア・ビーチ・ハウス オーダー時にJCBカードを提示すると、合計金額から15%割引
※ドリンク代、税金、チップは除く
アイランド・ヴィンテージ・コーヒー 50ドル以上の商品を購入すると、100%コナコーヒーを1杯サービス。レジ打ち前にJCBカードを提示
アクティビティ
シーライフ・パーク・ハワイ チケット購入時にJCBカードを提示すると、入場料から15%引き
イオラニ宮殿 チケット購入時にJCBカードを提示すると、ガイド付きツアーおよびオーディオガイドツアーが特別料金に
アバサ・ワイキキ・スパ 予約時にJCBカードの使用を伝えると、50分以上のトリートメントの代金が10%引き

特典を受ける際は、JCBの公式アプリ「JCBハワイガイド」の画面を提示するとスムーズです。事前にスマートフォンへダウンロードしておきましょう。アプリには、特典を受けるためにクレジットカードを提示するタイミングや細かな条件なども記載されているので、利用する前に確認を。

ワイキキトロリー ピンクラインの乗車料が無料に!

ハワイ観光の移動手段で便利なのが、ワイキキトロリーです。ワイキキの主要なホテルやショッピングセンター、観光スポットなどを結び、各停留所にストップするので乗り降りもしやすいです。

なかでも利用度が高いのは、オアフ島最大のショッピングセンターであるアラモアナセンターと主要なホテルを結ぶワイキキトロリーのピンクライン。乗車時にJCBカードを提示すると、片道2ドルの乗車料が無料に。トロリーのスタッフに「ファミリー」と伝えれば、カード所有者と家族大人1名、子ども2名(11歳以下)まで特典が適用されます。

アラモアナセンターは350以上のショップやレストランが入る施設なので、ハワイ滞在中に複数回訪れる人も多いはず。JCBカードの提示で往復の交通費が無料になればうれしいですよね。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルが利用できる

JCBのクレジットカードを持っていれば、ワイキキの中心地にあるJCBプラザ ラウンジ・ホノルルで旅行中の悩みを一気に解決できます。

知らない国を旅するときは、誰かに相談したり、助けを借りたい場面がたくさんありますよね。おすすめのレストランは?チケットを印刷したいけれどどうすればいいの?ツアーを予約したいけれど英語に自信がない…など、問題はさまざまです。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルでは、現地スタッフがレストランやアクティビティの予約、荷物の一時預かり、カード紛失・盗難時の手続きなど、ハワイ旅行全般をサポートしてくれます。フリードリンク、フリーWi-Fi完備なので、ショッピング途中の休憩にも利用できるので便利です。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルで受けられるサービス
スタッフのサポート
  • JCB優待情報や観光情報の案内
  • JCBに加盟しているホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケットの予約代行
  • カードの紛失・盗難時のサポート
その他サービス
  • インターネットの利用、プリントアウト無料
  • 日本語新聞、雑誌、現地ガイドブック、情報誌の閲覧可
  • フリードリンク
  • マッサージ機の利用可
  • 傘の無料レンタル
  • 荷物の当日中一時預かり

オアフ島最大のショッピングセンター、アラモアナセンターにはJCBプラザ・ホノルルがあります。サービス内容は異なりますが、ベビーカーの貸し出しや手荷物の当日中一時預かりなどショッピングに最適な特典が受けられるので、ぜひ利用してみましょう。

楽天とJCB、2つのラウンジを利用するなら楽天カード

楽天カード

アイキャッチ画像:楽天カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5,000ポイント進呈

ハワイでクレジットカードを使う方法

ハワイでは、クレジットカードの支払い方法がシーンによって異なります。ショップやスーパーでの支払い、レストランでの支払いの2つの流れをチェックしておきましょう。

ショップやスーパーマーケットでの使い方

レジで商品をスキャンしてもらい、支払い時にカードを提示。決済のときの本人確認は、サインではなく暗証番号(PIN)が必要となる場合があります。ハワイ出発前に確認しておきましょう。

レストランでの使い方

テーブル会計のレストラン
店員から受け取った伝票を確認してから、伝票と一緒にクレジットカードを渡します。店員がクレジットカード用のレシートを出してくれるので、金額を確認してサインをします。
レジ会計のレストラン
テーブルに伝票が置いていない場合は、自分の席で店員を呼び止めて伝票をもらいましょう。荷物をまとめてレジへ向かい、もらった伝票とクレジットカードをレジスタッフへ。クレジットカード用のレシートを受け取ったら、金額を確認してサインをしましょう。

【支払い時の会話の流れ】

客:Check please.(お会計をお願いします)
※店員を呼び止めて伝票をもらいます。
店員:How would you like to pay?(お支払いはいかがなさいますか?)
※「Cash or credit card?(現金ですか、カードですか)」と聞かれる場合もあります。
客:I’ll pay by credit card.(クレジットカードで)

レストランのチップもクレジットカード払いOK

ハワイもアメリカ本国と同様、レストランでサービスを受ければチップを払う必要があります。クレジットカード対応の店なら、会計に食事代とまとめてチップを払うこともできるので、やり方を確認しておきましょう。

クレジットカードでのチップの支払い方

  1. レシートの利用額「Amount」欄を確認
  2. 「Gratuity」または「Tip」欄に利用額の15〜20%の金額を目安に記入
  3. 「Total」欄にチップを加えた合計金額を記入してサイン

※ チップを現金で払う場合は、「Gratuity」または「Tip」欄に斜線を入れ追記できないように。「Total」には「Amount」の額をそのまま書き写しましょう。

なかには、すでにチップを加算したレシートを持ってくるレストランもあります。チップの二重払いにならないよう、レシートはしっかり確認を

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

レストランで食事代を割り勘する場合もクレジットカード払いなら簡単です。会計の際に人数分のクレジットカードを渡すだけ。それぞれ人数割りした金額のレシートを持って来てくれるので、各自チップを加算してサインしてください。

ハワイでクレジットカードが使えない場合とは?

ハワイはほとんどの店でクレジットカード決済ができます。ただし、ときには現金が必要な場合もあります。

郊外の店や小さな個人店では現金が必要になる場合も
ハワイの中心街であるワイキキを離れたり、個人経営の店では「CASH ONLY(現金のみ)」と言われる場合もあります。クレジットカードに対応していても「5ドル以上で使用可」など、最低使用金額が決まっている店も見かけます。
ファーマーズ・マーケットの場合
地元のベンダーが出店するファーマーズ・マーケットは、ハワイの観光スポットのひとつ。ただし、現金しか使用できない店もいくつかあります。
バスで直接切符を購入する場合
オアフ島内を網羅する公共交通機関、ザ・バス。乗車時に運賃を支払いますが、支払いは現金が基本です。日本のバスと同じく機械に支払いますが、お釣りは出てきません。事前に金額を確認して、小銭を持ち歩くのが安心です。
ホテルなどでチップを支払う場合
アメリカはチップ文化の国です。ハワイでももちろん、なにかサービスを受ければチップを支払う必要があります。クレジットカードに対応しているレストランなどでは、チップもカード払いOK。ただし、ホテルで何か頼み事をした場合や、クレジットカードに対応していない店では、チップは現金で渡すことになります。

クレジットカードを支払いのメインで使用しながら、多少の現金を持ち歩くことをおすすめします。特に、チップの支払いのために1ドル紙幣や5ドル紙幣を多めに用意しておくと便利です。

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

意外と多いのが、クレジットカードを読み込む機械の故障です。クレジットカードをスキャンしても反応しなかった場合、現金での支払いを求められることになります。

2枚目のカードはVISAまたはMastercardがおすすめ

海外旅行では異なる国際ブランドのクレジットカードを複数枚所有するのが良いと言われています。アメリカで普及しているVISAとMastercardは、ホノルル郊外やネイバーアイランドでも間違いなく使える国際ブランド

ハワイでは、JCBカードと、VisaもしくはMastercardを追加した2枚持ちがおすすめです。

クレジットカード2枚持ちのメリット

  • 盗難・紛失時の予備になる
  • 幅広い店舗の支払いに対応できる
  • クレジットカード付帯の海外保険が合算できる
  • クレジットカード2枚分の特典を受けることができる

クレジットカードの付帯保険合算で補償額の強化に

海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを複数枚持っている場合、傷害死亡・後遺障害以外の補償金額は合算できることをご存じですか?1枚のクレジットカードに付いている保険の補償額が低い場合でも、複数持ちで補償を手厚くすることができます

海外旅行保険について詳しく知りたいときはこちらの記事をチェック!

空港ラウンジや宅配便無料サービスなど特典が増える

JCBカードだけではなく、VISAやMastercard、国際ブランドと提携するクレジットカード会社でも独自の特典サービスを用意しています。複数枚持ちなら受けられるサービスが増えるのでお得度もアップ。

各ブランドともにゴールドランク以上のクレジットカードになると、空港ラウンジの無料利用、手荷物の宅配サービスなどが加わり、旅の快適度も上がりますよ。

旅行系優待の最強カード、SPGアメックスを詳しく知りたい!

ハワイで現地通貨が必要な場合、どの方法で両替するのが一番お得?

あらゆる場所で、ほとんどのクレジットカードが使えるハワイ。ただし、チップの支払いや小さな店では現金が必要になることもあります。日本円からドルに両替する方法は、おもに2つあります。

日本円からドルに両替する方法

  • 街中の公認両替所で両替する
  • クレジットカードの海外キャッシングでATMから現金を引き出す

それぞれ詳しく説明していきます。

街中の公認両替所で両替する

ハワイに限らず、現地通貨の両替は現地で行った方がお得です。ただし、現地といえども空港やホテルといった便利な場所は手数料が高い傾向にあるので、街中の公認両替所を探すのがいいでしょう。

両替は、ワイキキのTギャラリア ハワイ by DFS内の両替所や、ロイヤル・ハワイアン通りに点在する政府公認両替所がレートも良く、手数料なしで換金してくれます。レートは店ごとに多少異なるので、余裕があれば数軒チェックしてから両替するのをおすすめします。

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

ハワイは空港を出たときから、ある程度の現金が必要になります。空港からホテルまでタクシーで移動した場合は、40〜50ドル程度の運賃を現金払い。ホテルで荷物を部屋まで運んでもらった場合も、荷物1つにつき1〜2ドルのチップを払うことに。ハワイの空港で事前に100ドル程度の現金を用意しておくと安心です。

両替所が近くにない場合は、海外キャッシングが便利で安心

現金が必要になったとき、いつでも両替所が近くにあるとは限りません。特にハワイは郊外へ行くと、両替所がない場合がほとんど。そんな時は、比較的どこにでもあるATMで海外キャッシングを利用して、必要な分だけ現地通貨を引き下ろすのがおすすめです。

なかには「海外キャッシングって不安。手数料やレートで損をしたくないし…」と思う人もいますよね。でも実際には、両替所よりもクレジットカードの海外キャッシングの方が、手数料が安く、レートが良い場合が多いです。

何よりハワイといえども、やっぱり海外。慣れない国で大金を持ち歩くのは、危険なので避けたいところ。海外キャッシングなら、いつでもどこでも、好きな額だけ引き出せるため、便利で安心です。

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

海外キャッシングが利用できるATMは、VISAやMastercard、JCBなどのステッカー、またはPLUSやCirrusなど特定のマークが付いたものです。利用する際に確認をしましょう。

ハワイでクレジットカードの海外キャッシングを利用する際の注意点

海外キャッシングを利用する際、事前に知っておくべきことがいくつかあります。

  • あらかじめ「海外キャッシュサービス」の設定、利用枠の確認を
  • 海外キャッシング分は「繰り上げ返済」ですみやかに返済を
  • キャッシングレートと手数料はそれぞれ異なるので注意

あらかじめ「海外キャッシュサービス」の設定、利用枠の確認を

クレジットカードには、買い物で使用する「ショッピング利用枠」と、現金を借り入れる「キャッシング利用枠」が設定されています。キャッシング利用枠が設定されているカードは、海外キャッシングの利用ができます

ただし、カードによっては事前に海外キャッシングの設定をする必要があるものも。なかには海外キャッシュサービスに対応していないカードもあるので、早めにカード会社に確認しましょう。その際、利用枠(カードで借り入れできる限度額)も合わせて確認をしておくといいでしょう。

海外キャッシング分は「繰り上げ返済」ですみやかに返済を

海外キャッシングは「借り入れ」なので、返済日までは利息が発生します。利息はキャッシングの翌日から支払い日までの間で発生し、返済までの期間が長いほど利息は高くなることに。

通常キャッシング枠で利用した分の支払いは、ショッピング枠で利用したものと同じ翌月払いとなります。ただし、キャッシング分は支払いが早ければ早いほど利息が低くなるので、本来の支払い日よりも早く返済する「繰り上げ返済」がおすすめです。

繰り上げ返済の方法はクレジットカード会社によってさまざまですが、大まかな流れは変わりません。

繰り上げ返済の手順

  1. 利用したクレジットカード会社に電話(WEBで対応している会社もある)
  2. 海外キャッシングの繰り上げ返済の旨を伝える。返済希望日までの利息を計算した支払い金額と、返済先の振込口座を教えてもらう
  3. 指定の口座にお金を振り込めば返済完了

※ 口座振替だけでなく、Pay-easy(ペイジー)などを使ったWEB決済に対応しているクレジットカード会社もあります。

では、繰り上げ返済をするとどれくらいお得なのでしょうか?クレジットカードの利息は、一般的に年18%(18%÷365日=0.049%)程度だと言われています。ここでは実質年率18%の楽天カードを例に、10万円をキャッシングした場合を比較してみました。

10万円をキャッシングした場合

繰り上げ返済の場合は利息が147円、通常引き落とし日に返済した場合は1813円という結果になりました。繰り上げ返済の方が圧倒的にお得ですね。海外キャッシングを利用した場合は、できるだけすみやかに返済をしましょう。

キャッシングレートと手数料はそれぞれ異なるので注意

海外キャッシングは、手数料やレート、利便性の面から考えても現地の公認両替所を利用するよりお得で便利なことが多いです。しかし、クレジットカード会社やカードの種類により、手数料とレートは異なります。それぞれの違いを押さえましょう。

手数料とレートの違い

  • 手数料はカードの種類によって決まる
  • レートはクレジットカードの国際ブランドによって決まる
手数料
海外キャッシングを利用するとき、かかってくるのが手数料。クレジットカード、デビットカード、キャッシュカードなど、カードの種類によって手数料率は異なります。どのカードを利用するのがお得か、以下で比較してみましょう。
海外キャッシングにおける手数料率
クレジットカード(繰り上げ返済を利用した場合) ・デビットカード
・海外用プリペイドカード
・国際キャッシュカード
手数料率 0〜0.2% 2.0〜5.0%
現地ATMの手数料 ない場合が多い 数百円

※ 現地ATMの手数料は、現地のATMオーナーが別途徴収する手数料のこと

帰国後すぐに繰り上げ返済の手続きをすれば、クレジットカードの手数料率が低いという結果になりました。

キャッシングレート
海外でクレジットカードを使うと、現地での利用金額に対してキャッシングレート(換算レート)を掛けて、日本円での請求金額が決定します。キャッシングレートは、国際ブランドが決めた「基準レート」と、基準レートに上乗せした「外貨取扱手数料」によって決まります。

キャッシングレートの算出方法

キャッシングレート(換算レート)=基準レート(※1)×(1+外貨取扱手数料※2)

※1 基準レート:利用日の為替相場によって決定する取引用のレート。VISA、Mastercard、JCBなどクレジットカードの国際ブランドによって異なる。
※2 外貨取扱手数料:楽天カードやセゾンカードなど、カード会社によって異なる。1.30〜2.20%のことが多い。

キャッシングレートを安く抑えるには、基準レートと外貨取扱手数料が安いクレジットカードを選ぶのが正解です。ただし、クレジットカードのお得さはレートだけでなく、ポイント還元率などさまざまな要素が関わってきます。海外キャッシングだけでなく、旅先や日常のどんな場面でクレジットカードを使うか、総合的に判断してクレジットカードを選びましょう。

国内でもお得にポイントが貯められる楽天カード

楽天カード

アイキャッチ画像:楽天カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5,000ポイント進呈

どうやるの?ハワイのATMで現地通貨を引き下ろす方法

海外キャッシングをする際は、現地のATMを操作する必要があります。日本語を選択できない機種もあるので、大まかな流れを事前にチェックしておきましょう。

  1. 国際ブランドのマークがついたクレジットカードを挿入
    画面選択に「日本語」があれば選択
  2. 4桁の暗証番号(PIN)を入力

    ※ 事前にクレジットカード会社に確認

  3. 取引選択画面で「Withdraw(引き出し)」を選択
  4. カード種類選択画面で「Credit Card(クレジットカード)」を選択
  5. 画面に引き出せる金額一覧が出るので、希望の額を選択

    ※ 「OTHER(その他)」を選べば自分で金額を設定することもできる

  6. 取引終了。クレジットカードと現金、利用明細を受け取る

クレジットカードを使う際の注意点

次に、ハワイでクレジットカードを使うときに注意したい4つのポイントを説明していきます。

  1. 支払いは「現地通貨建て」を選ぶ
  2. 金額を確認してからサインまたは暗証番号の入力を
  3. 明細書を必ず日本に持ち帰ること
  4. クレジットカード会社の緊急連絡先をメモしておく

支払いは「現地通貨建て」を選ぶ

クレジットカードで決済をすると、ハワイの現地通過のドルで決済処理がされます。ただし、店によっては支払いをドルまたは円から選べることも。これを「現地通貨建て」、「日本円建て」と言います。

日本円建ては「日本円でいくらになるのか」をその場で表示してくれますが、デメリットはレートが高いこと。日本円建ての場合、店が独自に設定した手数料を加算した為替レートで決済されるため、割高になる可能性があります。

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

決済のとき、店が日本円建てを進めてきたら要注意。「円レートで払った方がお得!」と宣言している店以外は、支払いが高くつく場合がほとんどです。

金額を確認してからサインまたは暗証番号の入力を

クレジットカード決済をするときは、内容と金額に間違いがないかを確認してからサインや暗証番号の入力へ進みましょう。

サインや暗証番号の入力には、金額を了承したという意味が含まれます。トラブルを回避するためにも金額だけでなく、購入した商品やオーダーしたメニューなどの内容もチェックを。

明細書を必ず日本に持ち帰ること

クレジットカードを利用したら、その場で必ずレシートや明細書をもらいましょう。

日本に持ち帰り、クレジットカードの請求が来るまで大切に保管してください。不正な引き落としや請求ミスがあった場合の証明にもなります。

クレジットカード会社の緊急連絡先をメモしておく

万が一クレジットカードを紛失・盗難した場合に備えて、クレジットカード会社の緊急連絡先は必ずメモしておきましょう。スマホに登録するだけでなく、番号を控えたメモを持ち歩くなど念には念を。

ハワイ通編集者が教える

なるほどポイント!

JCBカードの場合、ワイキキのJCBプラザ ラウンジ・ホノルルでカード紛失・盗難時のサポートと海外専用緊急再発行カードの即日発行を行っています。

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード4選

クレジットカードは種類が多く、自分に合ったものを選ぶのは難しいですよね。ここでは、ポイント還元率や旅行保険、優待特典など、ハワイ旅行にぴったりなクレジットカードを紹介します。お得な一枚を厳選して、旅をもっと充実させましょう。

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード4選

  • JCB CARD W
  • 楽天カード
  • エポスカード
  • CLUB-Aカード

それぞれ詳しく紹介していきます。

年会費無料でポイントも貯まりやすい!優待特典たっぷりのJCB CARD W

旅のサポートから優待特典まで、ハワイ旅でとにかく活躍するJCB CARD W。日本語対応スタッフが常駐するJCBラウンジ プラザ・ワイキキが無料で利用でき、観光情報や予約代行、荷物の預かりなどさまざまなサービスを受けられます。また、買い物に便利なワイキキトロリー ピンクラインの乗車料金が無料なのもうれしいポイント。

JCBのポイントであるOki Dokiポイントは、海外でカードを利用すれば2倍貯まります。また、利用付帯の海外旅行保険の内容も充実。ショッピングカード保険は最高100万円、国内・海外航空機の遅延保険が付いており、ハワイをはじめ海外旅行にぴったりの一枚です。

ハワイ旅行で使えるその他の特典と海外キャッシングの可否

  • JCBラウンジ プラザが利用できる
  • ワイキキトロリー ピンクラインが乗車無料
  • 加盟店(ホテル、ツアー会社、レストラン、ショップなど)で優待特典
  • ショッピング保険つき(最大100万円)
  • 海外キャッシング可

JCB CARD W

アイキャッチ画像:JCB CARD W
付帯保険 基本スペック

付帯保険について

海外旅行保険 利用付帯
海外旅行傷害保険金(死亡・後遺症) 2,000万円
海外旅行傷害・疾病保険金(治療) 100万円 ※1
賠償責任保険金 2,000万円
携行品損害保険金 20万円 ※2
国内旅行保険 -
国内旅行傷害保険金(死亡・後遺症) -
ショッピング保険金 100万円
家族カード
家族特約 ×

※1:1回の事故につき100万円限度
※2:保険期間中100万円限度

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
電子マネー
ETC

※1:39歳まで申し込み可能
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • JCB カード W 新規入会限定!Apple Pay・Google Pay 利用で20%還元!(最大5000円)(2020年12月31日入会(カード発行まで)分まで)
  • 新規入会&利用で入会後3ヶ月ポイント4倍!(2020年12月31日入会(カード発行まで)分まで)
  • インターネット新規入会限定キャンペーン!最大1万4500円分プレゼント!(2021年3月31日まで)

日本でも活躍!ポイント還元率と補償内容がうれしい楽天カード

年会費無料で、100円利用ごとに1ポイントが貯まる楽天カード。日常使いはもちろん、ハワイでも大活躍です。便利な場所にある楽天カードラウンジが利用でき、人気のショップやレストランでも優待特典が受けられます国際ブランドでハワイに強いJCBを選べば、JCBの特典も利用できるのでさらにお得に。

楽天カードに付いている海外旅行保険は、傷害治療や疾患治療の保証金額が高めに設定されています。ただし、利用付帯なので注意が必要です。利用付帯の条件は「出国前に海外旅行の代金(旅行代理店で予約したツアー料金や航空券など)を出国前に決済」すること。事前に要件を確認して、該当料金を支払うようにしましょう。

ハワイ旅行で使えるその他の特典と海外キャッシングの可否

  • ワイキキとアラモアナセンター内にある楽天カードラウンジの利用可
  • 加盟店(ショップやレストラン)で優待特典
  • JCBカードの特典が利用できる
  • (プレミアム、ゴールド会員なら空港ラウンジが利用可能)
  • 海外キャッシング可

楽天カード

アイキャッチ画像:楽天カード
付帯保険 基本スペック

付帯保険について

海外旅行保険 利用付帯
海外旅行傷害保険金(死亡・後遺症) 2,000万円
海外旅行傷害・疾病保険金(治療) 200万円
賠償責任保険金 2,000万円
携行品損害保険金 20万円 ※1
国内旅行保険 -
国内旅行傷害保険金(死亡・後遺症) -
ショッピング保険金 -
家族カード
家族特約 ×

※1:年間20万円

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 無料
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
電子マネー
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5,000ポイント進呈

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料のエポスカード

ファッションビル「OIOI」で知られる丸井グループが発行するエポスカード。年会費が無料ながら、付いている海外旅行保険は出発前の届けや手続きが一切不要の自動付帯。最高270万円の疾病治療が受けられるほか、携行品損害なども補償します。

カードの入会申し込みをして、即日発行できるのも特徴のひとつ。WEBで申し込み「店頭受取」を選択するか、マルイ各店などのカードセンターで申し込めば、当日中にカードが受け取れます。

ハワイのレストランやショップ、サロンで優待特典を受けられるのもうれしいポイント。サポートデスクに電話をすれば予約代行も依頼できます。

ハワイ旅行で使えるその他の特典と海外キャッシングの可否

  • 旅行保険は自動付帯なので、カードを所持しているだけで適用される
  • 加盟店(レストラン、ショップ、スパなど)で優待特典
  • (プラチナ、ゴールド会員なら空港ラウンジが利用可能)
  • 海外キャッシング可

エポスカード

アイキャッチ画像:エポスカード
付帯保険 基本スペック

付帯保険について

海外旅行保険 自動付帯
海外旅行傷害保険金(死亡・後遺症) 500万円
海外旅行傷害・疾病保険金(治療) 200万円 ※1
賠償責任保険金 2,000万円
携行品損害保険金 20万円 ※2
国内旅行保険 -
国内旅行傷害保険金(死亡・後遺症) -
ショッピング保険金 - ※3
家族カード ×
家族特約 ×

※1:疾病治療費用は270万円
※2:1個・1組・1対あたり10万円限度
※3:別途「エポスお買い物あんしんサービス」(年間1000円の保険料)の加入で年間50万円まで補償

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短当日〜約1週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
ETC

※1:最短当日は店頭受取の場合
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典2,000円分のエポスポイントプレゼント

マイルも補償も充実!海外で大活躍のCLUB-Aカード

海外旅行保険だけでなく、国内旅行傷害保険も自動付帯されるCLUB-A カード。補償内容も最高5000万円と手厚く、年会費はかかりますが安心のサポートを受けられます。

搭乗ボーナスとして、JALのマイルがたっぷり貯まるのも特徴のひとつ。搭乗ボーナスは入会時に5000マイル、毎年初回搭乗時に2000マイルが付与されるので、年1回海外旅行へ行くのなら断然お得です。提携しているハワイアン航空を利用しても、マイルを貯めたり使ったりすることができますよ。

JALカード CLUB-Aカード

アイキャッチ画像:JALカード CLUB-Aカード
付帯保険 基本スペック

付帯保険について

海外旅行保険 自動付帯
海外旅行傷害保険金(死亡・後遺症) 5,000万円
海外旅行傷害・疾病保険金(治療) 150万円
賠償責任保険金 2,000万円
携行品損害保険金 50万円 ※1
国内旅行保険 自動付帯
国内旅行傷害保険金(死亡・後遺症) 5,000万円
ショッピング保険金 100万円 ※2
家族カード
家族特約 ×

※1:1旅行につき50万円限度、年間100万円限度
※2:JCBカードは年間最高100万円まで補償。他は不明

基本スペック

ポイント還元率 -
年会費 11,000円
発行スピード 約2〜3週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
ETC

※1:カード到着までの期間。提携国際ブランドによって異なる
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会ボーナスなど、最大7,100マイルプレゼント!

さいごに...

この記事のまとめ

ここではハワイのクレジットカード事情について説明しました。

ほとんどの場所でクレジットカードが使えるものの、現金が必要な場面も多々あるハワイ。最後に、クレジットカードを持つメリットと、お得な選び方をまとめましょう。

クレジットカードを持つメリット

  • 旅行保険や優待割引、特典など、さまざまなサービスが受けられる
  • 海外キャッシングを利用すれば、いつでも必要な分だけ現地通過を引き下ろせる
  • 盗難・紛失した場合も、クレジットカード会社に連絡すれば被害は最小限

クレジットカードを選ぶポイント

  • 国際ブランドはハワイでの特典が充実したJCBがおすすめ
  • クレジットカードの2枚持ちで、旅行保険や優待特典はさらに充実!

旅の支払いをスムーズに行い、万が一の場合にそなえるためにもクレジットカードは必携です。自分に合った一枚を選んで、ハワイ旅行をより快適に、お得に楽しみましょう。

「ハワイ旅行におすすめのクレジットカード4選」をもう一度見る

監修者

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子

いいだみちこ

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。どの金融機関にも属さない独立系FP。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。