公開
更新

学生は卒業旅行のタイミングでクレカを作るべき!海外旅行に必須のカードを紹介

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子監修

大学卒業をひかえ、「卒業旅行」を計画中の人もいることでしょう。特に海外旅行を検討している人のなかには、どんなクレカを作ればよいかわからないという悩みを抱いている人もいるかもしれません。

こんなことが気になる人へ

  • 「卒業旅行で初めて海外に行くけど、クレカは作るべき?」
  • 「旅行先でクレカが必要になる場面は?」

結論からいえば、海外旅行に行くならクレカは必須です。

クレカがあれば、大量の現金を持ち歩く必要がないため、盗難や紛失による被害を抑えられますし、紛失したときのための保険がついているクレカもあるのです。

また、学生のうちなら年会費無料でお得に作れるクレカもあります。卒業旅行は、初めてのクレカを作成するのにぴったりのタイミングです。

この記事では、クレカが必要な理由と選ぶコツについてご紹介します。

この記事はこんな内容です

卒業旅行のためのクレカ選びのポイント

  • 学生でも作りやすい年会費無料のクレカがおすすめ
  • VISA、Mastercardのクレカは1枚持っておこう
  • 海外旅行保険が付いているクレカを選ぼう
  • 万が一に備えてサブカードを持っておくと安心です

目次

学生のうちにしか作れない高還元率クレカ

三井住友カードデビュープラス(学生)

アイキャッチ画像:三井住友カードデビュープラス(学生)

お得なキャンペーン

  • 新規入会&ご利用で最大5000円相当プレゼント!(利用金額15%分
    (2021年12月31日まで)
  • Apple Pay/Google Pay の設定で500円分ギフトコードプレゼント
    (2021年12月31日まで)

卒業旅行にクレカが必要な3つの理由

卒業旅行で海外に行く場合、なぜクレカが必要になるのでしょうか。

まず第一に、海外旅行において、クレジットカードが圧倒的に便利という利点があるからです。特に安全を考慮した場合、クレカの存在はとても重要なのです。

海外は、日本より治安が悪い地域も多く、盗難に合うリスクは日本に比べて高くなります。そのため、現金の持ち歩きはできるだけ避けたいところ。

クレカなら、たとえ盗難に合ったとしても、すぐにカード利用を停止でき、被害を抑えられます。海外旅行にキャッシュレスなクレカを持っていく人が多いのはそのためです。

ほか、セキュリティ面以外にも、クレカにはさまざまな利点があります。

海外旅行にクレカを持っていくメリット

  • 海外旅行保険が付いているものもある
  • 海外でサポートを受けられる
  • 外貨に両替するよりも交換レートが良いことがある

それぞれ具体的に解説していきます。

カードに海外旅行保険が付いていると安心

クレカのなかには、海外旅行保険が付いているものがあります。

海外旅行保険とは、現地での事故や病気などの予期せぬトラブルに備えるためのもの。経済的な負担を補償してくれます。

通常、海外旅行保険は旅行の都度入らなければなりませんが、海外旅行保険が付いているカードを持っていれば、その手間がいりません

海外旅行保険の内容はクレジットカードごとに異なります。クレカをつくるにあたっては、保険内容の違いを認識しておく必要があります。

以下、補償の内容について詳しく解説していきます。

おもな海外旅行保険の補償種類

海外旅行保険のおもな補償内容は、次のとおりです。

おもな海外旅行保険の補償内容
傷害死亡・後遺障害 旅行中の事故などで死亡あるいは後遺障害が生じた際の補償
傷害治療費用 旅行中の事故などで怪我をし、医師による治療を受けた際の補償
疾病治療費用 旅行中の病気を発症し、医師による治療を受けた際の補償
賠償責任 旅行中に他人を怪我させたり、他人の所有物を壊した際の損害賠償の補償
携行品損害 旅行中にカメラや携帯など、自分の持ち物が破損したり、盗難に遭った際の補償
救援者費用 旅行中に死亡、あるいは病気や怪我などで入院した場合に、親族が現地に行くための補償
航空機遅延費用 搭乗した航空機が遅延した際の宿泊料やキャンセル代などの補償
受託手荷物遅延 搭乗時に預けた手荷物の到着が遅延した際の、現地での服や身の回り品などの購入費用

さらに詳しい補償内容について知りたい人はこちらの記事をチェック

海外でサポートを受けられる

クレジットカード会社は、海外に現地サポートデスクを置いているので、クレカを所持していると現地サポートが受けられる場合もあります。

現地のフライト情報やショッピング、レストラン、ホテル等の情報サポート、予約手配などの各種のサービスを、日本語で受けられます

カード紛失時も、サポートデスクに連絡をすればカードの停止など早急に対応してもらえるため、安心です。

例えばJCBカードを持っている人は、各国のJCBプラザでホテルやレストラン、JCB優待などを案内してもらえるほか、紛失時は緊急サポートを受けられます

両替よりもレートが良い場合も

海外では、現金よりもクレカで買い物をした方がお得になる傾向にあります。

日本あるいは現地で現地通貨に両替する場合、そのたびに銀行や両替所に行く必要があります。

一方クレカなら、両替の手間がありません。かつ、手数料や為替レートも、現金で両替した場合より良心的である場合が多いのです。

またクレカがあれば、海外滞在中に万が一手持ちの現金が足りなくなった際にも、カード支払いや海外キャッシングという手が使えます。

手持ちの現金が足りなくなったときには、キャッシングも可能

海外で手持ちの現金が尽きた場合や、突然必要になった際には、キャッシングの利用がおすすめです。

VISAやMastercard、JCBなど、利用しているクレカと同じマーク、あるいは、VISAならPlus、MastercardならCirrusのマークがあるATMにて、キャッシングが可能になります。引き出し手数料はかかるものの、大抵は日本で円を現地通過に両替するよりも安く済みます。

PlusとCirrusのマーク

※1 ビザワールドワイドが所有する世界規模のATMネットワークで、すべてのVISAカードに対応。
※2 VISAのPlusと並ぶ世界的な銀行オンラインシステムでMastercardが中心となって運営。

ただし、キャッシングには以下の注意点もあります。

海外キャッシングでの注意点

  • 海外キャッシュサービスなどの利用設定が必要な場合がある
  • キャッシングの上限枠が設定されている場合がある

キャッシングを利用する可能性があれば、上記の点を旅行前に確認しておかなければいけません。

また一般的に、キャッシングの金利は年利18.0%程度と高めに設定されています。利息は借りた日から日割りで計算されます。翌月に一括返済すれば大きな負担になることは少ないですが、帰国後すぐに返済する方が無難です。

海外キャッシングについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック

現地で焦らないために!海外旅行に最適なクレジットカードを選びのコツ

海外旅行にクレカを持っていくと、さまざまなメリットがあることがわかりましたが、具体的にどんなクレカを選ぶとよいのでしょうか。

いくつかのポイントから、海外旅行に最適なクレカについて考えてみましょう。

旅行に活躍するクレカ選びのコツ

  • 海外で使うならVISA、Mastercard
  • 年会費は安めに、海外旅行保険の「自動付帯」を選ぶ
  • マイルが貯められるカードも選択肢に
  • メインカードとサブカードの複数枚作る

海外旅行保険が「自動付帯」のカードを選ぶ

海外旅行保険が付いているクレカのなかでも、種類によって保険の適用条件が異なります。以下の2種類の付帯のシステムを理解しておきましょう。

保険の種類

自動付帯
クレジットカードを所持しているだけで保険が適用される
利用付帯
チケット代やツアー代などの料金を該当のクレカで支払うことで保険が適用される

なお、利用付帯の条件はカードにより異なります。利用付帯のクレカに申し込む際には、事前に条件をよく確認しておくことが重要です。

マイルが貯められるカードも選択肢に

航空会社が発行しているクレカを持っていれば、普段のカード支払いに加えて、飛行機の利用でも自動的にマイルが貯まります。

例えば、フライトで通常の区間マイルが貯まるうえに、搭乗ごとに追加マイルが貯まるサービスも付くJALカードやANAカードは、今後も海外旅行を考えている人やマイラーにはおすすめです。

メインカードとサブカードの複数枚を作る

クレカの種類や特典で選ぶ以外に、もうひとつ大切なポイントがあります。

それは、クレカを複数枚作ることです。ひとつをメインのカード、ひとつをサブカードとして利用します。その理由は、次の2点です。

クレカを複数持ちしておきたい理由

  • クレカの利用上限や盗難などトラブル時にサブカードが活躍する
  • メインカードでカバーしていない特典や保険を持つカードをサブにするとメリット大

学生が作れるクレカは基本的に、利用限度額が比較的低めに設定されています。

そのため、旅行で大きな出費が予想される際には、複数のクレカがあると安心です。また、盗難などでメインのクレカを紛失しても、サブカードがあれば困りません。

また、メインカードをおもに利用しつつ、多くの場所で利用できる国際ブランドや、海外サポートデスクが強いなどの、独自の特典を持つカードをサブカードに選ぶことも、海外旅行をより賢く楽しむ方法の1つです。

海外への卒業旅行におすすめのクレカはこちら!

海外への卒業旅行を考えている学生のための魅力的なクレカをまとめました。

海外旅行保険付きのものや、海外利用でポイントが貯まりやすくなるものなど、さまざまな特典があるので、用途に合わせて選びましょう。

  • 利用すれば年会費無料、海外でも安心のVISAカード、三井住友カード デビュープラス(学生)
  • 海外旅行でマイルがどんどん貯まるJALカード navi(学生専用)
  • 海外利用でポイント2倍!保険も付いてくるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

利用すれば年会費無料、海外でも安心のVISAカード、三井住友カード デビュープラス(学生)

三井住友カード デビュープラス(学生)は、18歳〜25歳限定の学生向けカードです。年会費は初年度無料、カードを年1回以上利用すれば初年度以降も無料です。

カードのおもな特徴

  • シェアNo.1のVISAだから世界各国で使いやすい
  • 初年度年会費無料、翌年以降も1回以上のカード利用で無料に
  • 国内外のサポートデスクがあり、24時間年中無休でサポートを受けられる
  • 満26歳以降はプライムゴールドに自動切替わりで、旅行保険付帯などさらにサービスが増える

三井住友カードデビュープラス(学生)

アイキャッチ画像:三井住友カードデビュープラス(学生)

基本スペック

ポイント還元率 1%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短翌営業日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -
家族カード
ETC

※1:2年目以降は前年1回以上の利用で無料
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&ご利用で最大5000円相当プレゼント!(利用金額15%分
    (2021年12月31日まで)
  • Apple Pay/Google Pay の設定で500円分ギフトコードプレゼント
    (2021年12月31日まで)

海外旅行でマイルがどんどん貯まるJALカード navi(学生専用)

JALカード naviは、ショッピングのほか、フライト利用時にもマイルがもらえるため、効率よくマイルを貯めることができます。卒業後のカード継続で2000マイルが付与される特典も用意されています。

カードのおもな特徴

  • ショッピングでは100円につき1マイル、入会後の初回搭乗ボーナス最大5000マイル、毎年の初回登場ボーナス2000マイル、フライトマイル25%アップなど、マイルが非常に貯めやすい
  • 海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • 日本語による24時間救急サービス/海外総合サポートデスクあり
  • 卒業後に2000マイル付与、普通カードに自動切替

JALカード navi(学生専用)

アイキャッチ画像:JALカード navi(学生専用)

基本スペック

ポイント還元率 -
年会費 無料 ※1
発行スピード 約2〜3週間 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード ×
ETC

※1:在学期間中年会費無料
※2:カード到着までの期間。提携国際ブランドによって異なる
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会特典:入会ボーナス2,000マイル+入会搭乗ボーナス1,000マイル
  • 利用特典:JALカード naviの利用金額に応じてボーナスマイルプレゼント! 合計20万円以上で500マイル、合計60万円以上で2,000マイル(2021年3月まで)

年会費無料で保険も自動付帯!サブカードにも便利なエポスカード

エポスカードは、無条件で年会費無料。それでいて海外旅行保険は、持っているだけで保険が適用される「自動付帯」です。

補償内容も傷害治療費用、賠償責任、携行品損害など充実しているので、メインカードにはもちろん、サブカードにもおすすめです。

カラオケや映画館、テーマパーク、ショップなど全国1万以上の店舗で優待が受けられます。

カードのおもな特徴

  • 永年年会費無料
  • 海外旅行保険自動付帯で、保険内容も充実している
  • カラオケや映画館、テーマパークやショップなど、日本国内の1万店舗以上で優待が受けられる

エポスカード

アイキャッチ画像:エポスカード

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短当日〜約1週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 -
家族カード ×
ETC

※1:最短当日は店頭受取の場合
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • WEBからの新規入会で2000円相当プレゼント

海外利用でポイント2倍!保険も付いてくるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードとアメックスの提携により発行されているクレカで、25歳まで年会費は無料です。

海外で利用すると、ポイント還元率が通常の0.5%から2倍の1.0%になります。死亡・後遺障害補償が最高3000万円の海外保険が自動付帯することから、サブカードとしても優秀です。

カードのおもな特徴

  • ステータス性のあるアメックスを25歳まで年会費無料で持てる
  • 海外旅行保険自動付帯
  • 海外でのカード利用はポイント還元率2倍

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

アイキャッチ画像:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短即日発行 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:26歳になるまで年会費無料。26歳以上は2年目以降3300円
※2:カウンター受け取りの場合、最短即日発行
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会・利用で永久不滅ポイント最大1650ポイント(8250円相当※)をプレゼント

※1ポイントを5円相当で算出した場合

こんなときにも役立つ!海外でのクレカ活躍シーン

海外旅行において、実際にクレカが役立つ具体的なシーンを紹介します。

クレカは買い物以外でもさまざまな場面で使うことがあり、なければサービスを受けられないこともあります。海外旅行に行く前に、よくチェックしておきましょう。

海外旅行でクレカが役立つシーン

  • クレカはホテルやレンタカー利用時のデポジットとして必要な場合がある
  • クレカならチップの支払いも簡単
  • 日本語対応デスクでホテル予約が可能

クレカはホテルやレンタカー利用時のデポジットとして必要な場合がある

海外では、ホテルのチェックイン時やレンタカーを利用する際にデポジット(保証金)を要求されることが多々あります。

これは未払いなどのトラブルを避けるための慣習です。トラブルがなければサービス利用後に全額返金されます。

デポジットの支払い方法は、クレカか現金です。クレカがない場合は、現金で支払うことになり、ときには高額の現地通貨を請求されることもあります。

そもそもクレカでの支払いしか認めていない場合も多く、特にレンタカーは、日本で予約をしていたとしても、現地でクレカを提示しなければ利用できない会社がほとんどです。

現地で安心確実にサービスを受けたいのであれば、クレカは必携といえます。

クレカならチップの支払いも簡単

アメリカやヨーロッパの国々では、チップ文化が浸透していますが、チップを支払うために、いちいち小銭を用意しておくことは面倒です。

しかしクレカがあれば、レストランなどにおいては、伝票にチップの金額を記入するとチップ込みの支払いができるので、手間を減らせます。

海外ガイドブック編集者が教える

なるほどポイント!

レストラン、タクシーなどでサービスを受けた際には総額の10%程度、ホテルで荷物を運んでもらったり、ルームサービスやクリーニングをしてもらったときには1〜3ドルのチップを支払います。

日本語対応デスクで旅行のフォローは万全!

クレカ会社が用意する現地対応デスクは、ホテルをはじめ、レストランやショー、イベントやツアーの予約や案内も行っており、非常に便利です。

そのほか、観光情報の提供、空港からの送迎や、カード会社によってはフリーWi-Fiの使えるラウンジの提供もしています。

現地の状況をよく知っているスタッフと日本語でやりとりでき、旅行途中でツアーに参加したくなったというときにも臨機応変に対応してくれます。

海外ガイドブック編集者が教える

なるほどポイント!

事前に渡航先のどこに日本語対応デスクがあるかを確認しておきましょう。また、現地での緊急連絡先はデスクとは別に電話番号を設けているカード会社も多いので、こちらもメモなどしておくと安心。

さいごに...

この記事のまとめ

ここまで、卒業旅行として海外旅行を考えている学生向けに、クレカをつくるメリットや、おすすめのクレカの種類を紹介してきました。

旅先でのトラブルを避けるため、現金はできるだけ持ち歩きたくないもの。クレカなら仮に盗難にあったとしても、すぐにカード利用を停止でき、被害を食い止めることができます。

海外旅行保険や、手厚いサポートデスクも、心強いサービスです。またデポジットやチップなど、海外ならではの慣習も、クレカがあれば戸惑わずに済みます。

このように、クレジットカードを海外旅行に持っていくメリットはさまざまです。卒業旅行を機会に、作成を考えてみてはいかがでしょうか。

卒業旅行でクレジットカードを作る際のポイント

  • クレカは海外旅行でこそ大活躍
  • どこでも使えるのはVISA、Mastercardのクレカ
  • 海外旅行保険が自動付帯しているクレカで、旅をより安心にト
  • 利用上限や旅先でのトラブルに備えるためサブカードを持つのも手

「海外への卒業旅行におすすめのクレカはこちら!」をもう一度見る

監修者

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子

いいだみちこ

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。どの金融機関にも属さない独立系FP。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。