公開
更新

【2021年版】JREポイントを効率的に貯められるおすすめクレジットカード4選!

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子監修

JRE POINTとは、JR東日本グループが運営するポイントサービスのことで、Suicaで電車に乗ったり、モバイルSucia定期券を購入したりすることでポイントが貯まります

電車の利用以外にも「えきねっと」での新幹線などのネット予約や、ルミネやアトレなどの駅ビルでの買い物でもポイントが貯まります。

貯まったJRE POINTは、1ポイント1円としてSuicaにチャージしたり、JR東日本のショッピングモールサイトの買い物に利用できるなど、使い道はさまざまです。

こんなことが気になる人へ

  • 「Suicaは使ってるけど、JRE POINTってそもそも何?ポイントの貯め方や使い道は?」
  • 「Suicaを持ってるだけでも貯まるの?どのクレジットカードが一番ポイントが貯まりやすい?」

普段使いでどんどん貯まっていくJRE POINTですが、使い方を少し工夫するだけでポイント還元率が爆上がりします!

特にJRE POINTをガンガン貯めようと思うなら、Suicaだけでなく、JR東日本のクレジットカード「ビューカード」は必須!おすすめのクレジットカードは次の4枚です。

JRE POINTが貯まりやすいおすすめのクレジットカード

  • JRE CARD
  • 「ビュー・スイカ」カード
  • ビックカメラSuicaカード
  • ルミネカード

「ビュー・スイカ」カードは2022年1月31日まで最大5000ポイントを獲得できる入会キャンペーンを実施しています。

入会&利用で最大5000ポイントをプレゼント!

「ビュー・スイカ」カード

アイキャッチ画像:「ビュー・スイカ」カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で最大5000ポイントプレゼント(2022年1月31日まで)
    (1)JCBブランドでのオンライン申し込みで2000ポイント
    (2)カード利用で最大3000ポイント

この記事では、JRE POINTの概要を解説した上で、効率的なポイントの貯め方やポイントの使い道をお伝えしていきます。

通勤・通学、買い物などで普段からJR東日本の駅を利用している人にとっては、とてもお得なポイントサービスなので、利用する以外の選択肢はありません!

この記事はこんな内容です

JRE POINTを効率的に貯める方法!

  • 「JRE POINT WEBサイト」にSuica、ビューカード、JRE POINTカードを登録する
  • モバイルSuicaとビューカードの組み合わせでポイント還元率をアップさせる
  • モバイルSuicaとビューカードや、「えきねっと」とビューカードなど、ポイントの二重取りを狙う!
  • 自分に合ったビューカードを選択して効率良くポイントを貯める

目次

JRE POINTを貯める第一歩は「JRE POINT WEBサイト」への登録

JRE POINTとは、Suicaを使って電車に乗ったり、加盟店で買い物するとポイントが貯まるJR東日本のポイントサービスのことです。

JRE POINTはJR東日本グループが提供するさまざまなサービスや店舗で貯めることができますが、その一方でポイントが貯まる場面が多すぎて、どのように利用すれば効率的に貯められるのかがよくわからないという声を多く聞きます。

最初に覚えておきたいのが、JRE POINTは、JR東日本(グループ)が発行する交通系ICカード「Suica(モバイルSuica含む)」クレジットカード「ビューカード」ポイントカード「JRE POINTカード」の3種類のカードそれぞれで貯めることができるポイントだということです(※)。

※ ビューカードにJRE POINTカードの機能が含まれていることもあります。

「JRE POINT WEBサイト」が登録する

また、それぞれのカードを「JRE POINT WEBサイト」で事前登録しておかないと、JRE POINTを貯めたり、ポイント履歴を確認したり、商品と交換したりすることができません

JRE POINTを貯める第一歩は、忘れずに「JRE POINT WEBサイト」でそれぞれのカードを登録することです。

モバイルSuicaとビューカードなど、1回の支払いで複数のカードにJRE POINTが貯まるケース(二重取り)もあるので、いずれかのカードだけ登録し忘れたといったことがないように注意しましょう。

今すぐ登録方法を知りたい人は「JRE POINTの登録方法」をチェックしてください。

JRE POINTの貯め方と使い方

JRE POINTはどんな場面で貯まるのかを見ていきましょう。

JRE POINTの貯め方
Suica、モバイルSuica(鉄道利用)で貯まる
Suica、モバイルSuicaでJR東日本の電車に乗る
モバイルSuicaのグリーン券を購入(二重取り可能)
モバイルSuicaの定期券を購入(二重取り可能)
Suica、モバイルSuicaで駅ナカ、駅ビルなど「JRE POINT」加盟店での買い物
ビューカードで貯まる
ビューカードで「えきねっと」できっぷを購入する(二重取り可能)
ビューカードでモバイルSuicaでグリーン券を購入(二重取り可能)
ビューカードでモバイルSuicaで定期券を購入(二重取り可能)
ビューカードでSuica、モバイルSuicaへのチャージやオートチャージ
ビューカードで「JRE MALL」でのショッピング
ビューカードで普段のショッピング
JRE POINTカードで貯まる
Suica、モバイルSuicaで駅ナカ、駅ビルなど「JRE POINT」加盟店でJRE POINTカードを提示
その他
「えきねっと」できっぷを購入する(二重取り可能)
「JRE MALL」でのショッピング(※1)

※1 ビューカードを利用しなくてはポイントは付与されるが、還元率は下がる。

他社のポイントとの違いは、Suica、モバイルSuicaの利用でもポイントが貯められることです。なお、電車に乗る、グリーン券の購入、定期券の購入でSuica、モバイルSuicaに貯まるJRE POINTを、JR東日本では「鉄道利用で貯まるJRE POINT」と呼んでいます。

JREポイントをもっとも効率的に貯めるには、「ビューカード×モバイルSuica」が最強!

JRE POINTが貯める方法は多種多様ですが、効率的に貯めるには下記2点が大切です。

  • 高還元率になるようにサービスを利用する
  • 二重取りできるチャンスを逃さない

まず、JRE POINTは同じような利用シーンでも、ICカード型のSuicaとモバイルSuicaを利用した場合で還元率が異なります。JR東日本の電車に乗った際、ICカード型のSuicaではJREPOINTが運賃の0.5%しか貯まりませんが、モバイルSuicaなら2.0%貯まります。

また、「えきねっと」で予約したきっぷをビューカードで支払う際も、予約時に決済すると還元率が3.0%(ゴールドカードは8.0%)になりますが、駅や券売機で受取り時に決済すると0.5%にしかなりません。

二重取りできるチャンスを逃さないことも重要です。

モバイルSuicaのグリーン券や、モバイルSuicaの定期券を購入をビューカードで行えば、鉄道利用分と、ビューカード分両方でJRE POINTを獲得できます。

また、「えきねっと」で予約したきっぷをビューカードで支払えば、こちらも「えきねっと」の利用分と、ビューカード分のJREPOINTが貯まります。

ここから詳しく見ていきますが、高還元率と二重取りの両方を実現させるには「ビューカード×モバイルSuica」の組み合わせで利用するのがおすすめです。

特にビューカードは種類も豊富で、それぞれにカードごとに特徴があるので、自分の使い方に合ったカードを選ぶことが大切です。

JRE POINTがざくざく貯まるおすすめのクレジットカード4選!

ビューカードとひと言でいってもその種類は多種多様。その中でも特にポイントが貯まりやすいおすすめのカードは次の4枚です。

JRE POINTを貯められるおすすめのビューカード4選
JRE CARD
JREカード
初年度無料
2年目以降524円
Suicaオートチャージ Suica定期券 家族カード×
JRE CARDの詳細を見る▶
「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カード
524円
Suicaオートチャージ Suica定期券 家族カード
「ビュー・スイカ」カードの詳細を見る▶
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード
初年度無料
2年目以降も利用すれば無料(※)
Suicaオートチャージ Suica定期券× 家族カード×
ビックカメラSuicaカードの詳細を見る▶

※ カード利用がない場合は524円かかる。

ルミネカード
ルミネカード
初年度無料
2年目以降1048円
Suicaオートチャージ Suica定期券 家族カード×
ルミネカードの詳細を見る▶

通常より多くのポイントがもらえる「VIEWプラス」など、ビューカードの共通点

それぞれのカードの詳細を説明する前に、ビューカードの共通点を見ていきましょう。

ビューカードの共通項目

  • 通常より多くのJRE POINTがもらえる「VIEW プラス」利用時ポイント還元率は同じ
  • その他ビューカードの会員特典は共通で受けられる
  • JRE POINTの有効期限は2年。使った日&貯めた日から自動延長で2年⇒普段ビューカードを使用していれば実質無期限(一部期間限定ポイントあり)

JR東日本の対象サービスをビューカードで決済することで、通常より多くJRE POINTが貯まるサービスをVIEWプラス」といいます。

その「VIEWプラス」が2021年7月に改訂。これまで一律1.5%のポイント還元率だったものが、利用内容やカードのランクによってポイント還元率が異なるようになりました。

VIEWプラスの改訂内容
利用内容 付与率
ゴールドカード ゴールドカード以外のビューカード
「えきねっと」でJR券予約(予約時決済 8.0% 3.0%
「モバイルSuica」でモバイルSuicaグリーン券を購入 8.0% 3.0%
「モバイルSuica」でモバイルSuica定期券を購入 4.0% 3.0%
「モバイルSuica」にチャージ
Suicaにオートチャージ
1.5%
上記以外のSuicaのチャージ 0.5%
JR東日本の駅でのビューカードの利用(上記以外) 0.5%

ゴールドなら最大8.0%、ゴールド以外のビューカードは最大3.0%と、サービス内容によってはかなりお得になります!

しかしビューカードの使い方を間違えると、還元率は0.5%とお得感は薄れてしまうので、えきねっとの利用やSuicaへのチャージは損をしないようにポイントを押さえておきましょう。

ビューカードの共通点はわかったので、ここからは各ビューカードの特徴を説明していきます。

JR東日本の駅ビルでよく買い物をする人はJRE CARD

JR東日本グループの駅ビル、具体的には下記のJRE CARD優待店をよく利用するならJRE CARDがおすすめです。優待店での買い物はポイント還元率が3.5%になります。

JRE CARD優待店の一例

  • アトレ
  • アトレヴィ
  • グランデュオ
  • テルミナ
  • シャポー など

※ 施設内でも一部優待店とならない店舗もあります。

JREカード

アイキャッチ画像:JREカード

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短1週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード ×
ETC

※1:2年目以降は524円
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で最大5000ポイントプレゼント(2021年10月31日まで)
    ※すべて期間限定ポイント

JRE CARDは、下記の3タイプから選ぶことができます。

JRE CARDの種類

  • Suica・定期券機能が付かないタイプ
  • Suica機能が付いているタイプ
  • Suica定期券が付いているタイプ

Suica機能が付いているタイプのみ、国際ブランドをVISA、Mastercard、JCBから選択できます(他2枚はVISAのみ)。

既にSuicaを使用している人はSuica・定期券なしのタイプで問題ないでしょうし、JR東日本で通勤・通学している人はSuica定期券付きのタイプが便利かもしれません。

JRE CARDのメリット

  • JRE CARD優待店ではポイント還元率が3.5%
  • Suica、クレジットカード、定期券が1枚におさまる

通勤・通学で定期券を利用&家族で利用するなら「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードは、ビューカードの中でもっともスタンダードなタイプのビューカードです。

ボーナスポイントが最大5250ポイントプラスされるのは、「ビュー・スイカ」カードだけです。

年間の利用額ごとにボーナスポイント
年間利用額 ボーナスポイント 合算ボーナスポイント
30万円以上 250pt 250pt
70万円以上 1000pt 1250pt
100万円以上 1500pt 2750pt
150万円以上 2500pt 5250pt

通勤・通学の定期券を利用している人は、ボーナスポイントが貯まりやすいのでおすすめです。

「ビュー・スイカ」カード

アイキャッチ画像:「ビュー・スイカ」カード

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 524円
発行スピード 最短1週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で最大5000ポイントプレゼント(2022年1月31日まで)
    (1)JCBブランドでのオンライン申し込みで2000ポイント
    (2)カード利用で最大3000ポイント

「ビュー・スイカ」カードのメリット

  • 年間の利用金額によってボーナスポイントがもらえる
  • 家族カードが作れる
  • ゴールドカードなら定期券やグリーン券購入で8.0%のポイント還元率
  • Suica、クレジットカード、定期券が1枚におさまる

「ビュー・スイカ」カードは唯一家族カードが作れるのと、年間の利用額に応じて、ボーナスポイントがもらえるのが大きな魅力といえます。

旅クレ編集者の

知っとくポイント!

普段新幹線やSuicaグリーン券を利用する人はゴールドカードがおすすめ!

2021年7月から「VIEW プラス」が改定され、ビューカードのゴールドカード「ビューゴールドプラスカード」がとてもお得になりました。

「えきねっと」で新幹線のチケットを含むJR券を予約時に決済したり、モバイルSuicaでモバイルSuicaグリーン券を購入したりすると、なんとポイント還元率が8.0%に!モバイルSuica定期券の購入でもポイント還元率は4.0%になっています。

年会費は1万1000円と若干高めですが、JR東日本の電車やサービスをよく利用するなら、元は十分にとれるほどのポイント還元率といえます。

ビューゴールドプラスカードの会員であれば、東京駅にある「ビューゴールドラウンジ」の利用も可能です(※)。

※ 当日東京駅発の新幹線グリーン車、特急列車グリーン車を利用する人が対象。

新幹線やSuicaグリーン券をよく利用するなら

ビューゴールドプラスカード

アイキャッチ画像:ビューゴールドプラスカード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用&抽選で最大3万ポイントプレゼント!(2022年1月31日まで)
    (1)JCB入会キャンペーン申し込みで2000ポイント
    (2)家族カード同時入会で1000ポイント
    (3)利用金額に応じて1万2000ポイント
    (4)抽選で100名に1万ポイント
    (5)通常の入会特典として5000ポイント

ビックカメラでよく買い物をする人は「ビックカメラSuicaカード」

ビックカメラSuicaカードはビックカメラでお得に買い物ができるのはもちろん、通常のポイント還元率も他のビューカードより高い傾向にあるのが特徴です。

他のビューカードは基本還元率0.5%ですが、ビックカメラSuicaカードだと、JRE POINT0.5%+ビックポイント0.5%が付くので、合計1.0%の還元率になります。

ビックカメラSuicaカード

アイキャッチ画像:ビックカメラSuicaカード

基本スペック

ポイント還元率 1% ※1
年会費 無料 ※2
発行スピード 最短1週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード ×
ETC

※1:1000円につき10円相当のポイント(JRE POINT 5ポイント、ビックポイント 5ポイント)が貯まる
※2:2年目以降は525円かかるが、ビューカードにて前年1年間のうち1回でもクレジット利用が確認できた場合は無料
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

また、通常ビックカメラのポイント還元率はクレジット払いで8.0%ですが、ビックカメラSuicaカードで支払うとポイントが10.0%還元されます!

さらにポイントを上乗せするには、ビックカメラSuicaカードのSuicaにオートチャージをして、そのチャージしたSuicaで購入すれば、10%のビックポイント+チャージした分の1.5%JRE POINTが付き、最大11.5%のポイント還元が受けられます。

Suicaにチャージ
1.5%相当JRE POINT還元

ビックカメラで買い物
10%相当ビックポイント還元

合計11.5%相当ポイント還元

ビックカメラSuicaカードのメリット

  • 通常の買い物でも時は、実質1.0%と他のビューカードより高還元率
  • ビックカメラで買い物をすると最大11.5%のポイント還元率!
  • JRE POINTを1円=1ポイントとしてビックポイントとしても利用できる
  • 2年目以降もカードを一度でも利用すれば年会費は無料

ビックカメラSuicaカードは、JRE POINTに加えビックポイントも貯まるので、ポイントの二重取りができるのが大きな魅力と言えます。

1点だけ注意しなくてはいけないのが、Suica定期券機能は付いていないので、Suica定期券を利用している人は、JRE CARDか、「ビュー・スイカ」カードの方が便利かもしれません。

ルミネやNEWoManをよく利用する人はルミネカード

ルミネカードは関東ではお馴染みのショッピング施設、ルミネと提携しているビューカードで、定期券としても使えます

ルミネ系列のお店で割引などのお得な特典が適用されるので、ルミネでよく買い物をする人はこちらのカードがおすすめです。

ルミネカード

アイキャッチ画像:ルミネカード

基本スペック

ポイント還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短1週間
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード ×
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で最大3000ポイントプレゼント(2022年1月31日まで)
    (1)JCBブランドでのオンライン申し込みで2000ポイント
    (2)カード利用で最大1000ポイント

ルミネカードのメリット

  • ルミネやNEWoManでの買い物がいつでも5%OFF
  • 年に数回の10%OFFキャンペーンもあってお得!
  • ルミネ・ニュウマン・ネット通販「アイルミネ」での年間の利用金額に応じてルミネの商品券がもらえる

ルミネやNEWoManをよく利用する人にとって、いつでも5%割引はうれしいですよね。

買い物以外にも、施設内の飲食店、ルミネのネット通販でも5%割引は適用されます。

また、年に4回ほど行われる10%割引キャンペーンの時期を狙うとさらにお得です!

そして、ルミネ・ニュウマン・ネット通販「アイルミネ」での年間の利用額に応じてルミネの商品券がもらえます。

年間の利用金額でもらえるルミネ商品券
年間の利用金額 ルミネ商品券
20万円〜50万円未満 1000円分
50万円〜70万円未満 2000円分
70万円〜100万円未満 3000円分
100万円以上 5000円分

ルミネやNEWoManは関東の一部にしか展開していないので、おすすめできる人はある程度限られますが、たまにでも利用するならおすすめのカードです。

ビューカード特約店でJRE POINTがお得に貯まる会員特典

ビューカードには特約店があり、駅レンタカーや、ENEOSサービスステーションでの支払いにJRE POINTを利用すると通常よりお得にポイントが貯まります。

特約店一覧
特約店 取得ポイントと還元率
STATION WORK 1000円につき15ポイント還元率1.5%
トレン太くん 1000円につき10ポイント還元率1.0%
BELLE MAISON 1000円につき10ポイント還元率1.0%
ENEOS 1000円につき10ポイント還元率1.0%
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
1000円につき10ポイント還元率1.0%

※ 一部店舗、エリア、利用条件の制限があります。

ビューカードを持っているだけで受けられる会員特典

ビューカードは持っているだけで割引サービスが受けられる店舗やホテルなどもあります。

ビューカードを持っているだけで受けられる会員特典

  • アトレ、アトレヴィ各店で合計5万円以上のカード利用をすると500ポイント
  • JR東日本ホテルズでの宿泊料金20%OFF
  • 国内外の旅行傷害保険も付いている(海外は自動付帯) など

上記以外にも特約店や会員特典は数多くあるので、詳細についてはビューカードの公式サイトで確認しましょう。

Suica、JRE POINTカードなど、ビューカード以外で貯まるJRE POINT

JRE POINTは、ビューカード以外、Suicaでの鉄道利用「えきねっと」の利用加盟店でのJRE POINTカードの提示などでも貯めることができます。

ビューカードと組み合わせて利用することでポイントの二重取りもできるので、どうやれば貯められるのかを理解して、ポイントの取りこぼさないようにしましょう。

鉄道利用で貯まるJRE POINTを狙うならモバイルSuica!

Suicaの鉄道利用で貯まるJRE POINTは下記の通りです。

鉄道利用でSuicaに貯まるポイントと還元率
利用方法 還元率
モバイル
Suica
ICカード型
Suica
JR東日本の電車に乗る 2.0% 0.5%
グリーン券を購入 2.0%
定期券を購入 2.0%

表からわかる通り、JRE POINTを貯めたいならモバイルSuicaが圧倒的にお得です。

特にモバイルSuicaのグリーン券、定期券の購入をビューカードで行うと、ビューカード側のポイント還元率もアップするので、モバイルSuicaをまだ導入していない人は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

えきねっと利用で貯まるJRE POINT!チケットレス利用で付与利率アップ

えきねっとの利用も、JRきっぷの利用内容の応じてJRE POINTが付与されます。

えきねっとの利用で貯まるJRE POINTの還元率
乗車・受取り方法 チケットの種類 付与率 対象金額
チケットレス乗車 新幹線eチケットサービス
(えきねっとトクだ値含む)
2.0% 発売額
えきねっとチケットレスサービス 5.0%
えきねっとトクだ値(チケットレス特急券)
きっぷを指定席券売機(みどりの券売機)で受取って乗車(※) えきねっとトクだ値(在来線特急)
(JR東日本・JR北海道)
0.5% 発売額
おトクなきっぷ(特別企画乗車券)
上記以外の商品 ト料金
(特急・設備料金含む)

※ 「新幹線eチケットサービス(えきねっとトクだ値含む)」を、紙のきっぷで受取った場合も含まれる。

JRE POINTを少しでも多く貯めたいなら、「えきねっと」で予約したきっぷはチケットレスで利用するようにしましょう。

指定席券売機で紙のチケットを受け取った場合と比較して、新幹線のチケットなら4倍、在来線のチケットなら10倍ポイントをお得に獲得できます。

JRE POINTの二重取り!ビューゴールドプラスカードならポイント還元率10.0%以上!

Suicaでの鉄道利用や「えきねっと」の利用で、JRE POINTが貯まることを説明しましたが、ビューカードと組み合わせて利用することでビューカード側にもJRE POINTが付与されます。

つまりポイントの二重取りです。合算したポイント還元率は、ビューカードのゴールドカード「ビューゴールドプラスカード」なら6.0〜13.0%(※)、それ以外の一般のビューカードだと5.0〜8.0%(※)になります。

※ 最大還元率になるのは「えきねっと」で、えきねっとチケットレスサービスもしくは、えきねっとトクだ値をビューカードで予約時決済した場合。

ビューゴールドプラスカードでの二重取りの例

※1 ビューゴールドプラスカードで「えきねっと(JR券予約)」を利用し、予約時決済した場合のポイント付与率。
※2 ビューゴールドプラスカードでモバイルSuicaを利用した場合のポイント付与率。
※3 「えきねっと」にて新幹線eチケット(指定席)を購入し、チケットレス乗車した場合のJR東日本のポイント付与率です。
※4 モバイルSuicaにてモバイルSuicaグリーン券もしくはモバイルSuica定期券を購入した場合のJR東日本「鉄道で貯まるJRE POINT」の付与率。

上図はビューゴールドプラスカードの還元率の例ですが、一般のビューカードの場合、VIEWプラスの還元率のところを3.0%にすれば合計のポイント還元率が計算できます。

新幹線のチケットなどは高額なので、この二重取りの仕組みを使えばJRE POINTが一気に貯まっていきますよ。

JRE POINTカードを提示してポイントを貯める

駅ナカ、駅ビルのJRE POINT加盟店で、JRE POINTカードを提示するとポイントを貯められます。

ポイント還元率は約1.0%で、110円につき1ポイントが付与されます。

このマークがある店舗がJRE POINT加盟店

加盟店一例

  • アトレ
  • シャポー
  • ビーンズ
  • テルミナA
  • ラスカ など…

※ 施設内でも一部加盟店とならない店舗もあります。

また、下記のマークのJR東日本グループの店舗や、その他駅ナカのお店でSuicaを使って買い物すると、100円もしくは200円につき1ポイント、JRE POINTが付与されます。

このマークがある店舗でSuicaで買い物するとJRE POINTが貯まる

上記の緑色と黄色の両方のマークがある店舗なら、JRE POINTカードの提示Suicaでの支払いポイントの二重取りが可能です。

JRE POINTカード機能付きのビューカードとは?

ビューカードの券面にJRE POINTのロゴのあるビューカード、もしくはカード券面に「JREP番号」と記載のあるビューカードが対象です。このビューカードは、JRE POINTカードとしても使えるので、別途JRE POINTカードを入手する必要はありません(※)。

※ 番号記載ないビューカードは別途「JRE POINT WEBサイト」にてJRE POINTカードを申請する必要があります。

Suicaへのチャージ、「えきねっと」の特典チケットなど!JRE POINTの使い方は多種多様

貯まったJRE POINTの使い方を見ていきましょう。

JRE POINTの使い方
Suica、モバイルSuicaにチャージする
Suciaグリーン券と交換する
「えきねっと」で特典チケットの交換や座席のアップグレードに利用する
駅ナカ、駅ビルなど「JRE POINT」加盟店でのショッピングに利用する
「JRE MALL」でのショッピングに利用する
商品券やSuicaペンギングッズなどと交換する
JR東日本の交通系スマートフォンアプリ「Ringo Pass」でタクシー利用に使う
JR東日本のエキナカシェアオフィス「STATION WORK」に利用する

JRE POINTは上記の通り、利用方法は多種多様です。

しかも、Suicaへのチャージや、駅ナカ、駅ビルのちょっとした買い物に利用できるなど、ポイントの使い勝手も良いのでポイントの使い方で困ることもないでしょう。

さらにポイントを貯めれば、えきねっとで「JRE POINT特典チケット」と交換でき、JR東日本管轄の新幹線に乗ることもでき、鉄道版マイルのような使い方も可能です。

ポイントをSuicaにチャージするには、JRE POINT WEBサイト、もしくはアプリからチャージ申請が必要になります。

申請後、カードタイプの場合は駅の自動券売機でチャージの受取操作が必要になります。モバイルSuicaの場合はアプリ上で受取可能なので簡単です。

ポイントの使い方に困ったら有効期限のないルミネ商品券への交換がおすすめ

1ポイント=1円以上の還元を受けたい人は、Suicaグリーン券への交換か、ルミネ商品券への交換がおすすめです。

Suicaグリーン券へ交換は、600ポイントで1240円分のSuicaグリーン券と交換ができるので、1ポイント=約2.06円の計算になりお得です。

また、ルミネ商品券はポイントが多ければ多いほどお得になります。

JRE POINT ルミネ商品券
2000pt 2000円分
3600pt 4000円分
5300pt 6000円分
6800pt 8000円分
8400pt 1万円分
1万6400pt 2万円分
2万4400pt 3万円分

2000ポイントから交換可能ですが、ポイントが貯まれば貯まるほどお得です。

2万4400ポイントで3万円分の商品券と交換できてお得です。

また、ルミネ商品券は有効期限がないので、ポイントの使い道に困ったらルミネ商品券と交換するのも良いでしょう。

JRE POINT特典チケットと交換!鉄道版マイルのように利用する

JRE POINT特典チケットとは、JRE POINTを特定区間の新幹線、在来線特急のチケットに交換できるサービスのことです。

新幹線チケットは「新幹線eチケットサービス」との交換になるため、利用できる新幹線は「東北・山形・秋田・北海道新幹線」「上越・北陸新幹線」といったJR東日本管轄の新幹線が対象

在来線特急チケットは「えきねっとチケットレスサービス」との交換なので、「あずさ・かいじ・富士回遊・はちおうじ・おうめ」「ひたち・ときわ」「踊り子・湘南」「スワローあかぎ」「成田エクスプレス」「あかぎ」といった特急のチケットが対象になります。

乗車距離によって、それぞれ必要となるポイント数は異なります。

JRE POINT特典チケットの交換に必要なポイント数
商品名 乗車km 利用ポイント
新幹線
(新幹線eチケットサービス)
0km〜100km 2160pt
101km〜200km 4620pt
201km〜400km 7940pt
401km以上 1万2110pt
在来線特急列車
(えきねっとチケットレスサービス)
0km〜50km 460pt
51km〜100km 720pt
101km〜200km 1280pt
201km以上 1940pt

「JRE POINTアップグレード」で座席をグリーン車がグランクラスにアップデート

JRE POINTは、新幹線や特急のチケットだけでなく、新幹線の座席のアップグレードにも利用できます。

JRE POINTアップグレードを利用すると、下記の新幹線のグリーン車やグランクラスに座席をアップグレードできます。

JRE POINTアップグレードで必要となるポイント数
新幹線名 グリーン車
アップグレード
グランクラスアップグレード(軽食なし) グランクラスアップグレード(軽食あり)
はやぶさ 3500pt 6500pt 8500pt
はやて
やまびこ
3000pt 6000pt
なすの 1500pt 4500pt
こまち
つばさ
3000pt
かがやき
はくたか
3000pt 6000pt 8000pt
あさま 2000pt 5000pt
とき 3000pt 6000pt
たにがわ 1500pt 4500pt

旅好きならポイントを貯めて、JRE POINT特典チケットやJRE POINTアップグレードに交換するのもおすすめな利用方法です。

JRE POINTの登録方法

気を付けなければいけない点は、Suicaやビューカードを持っているからといって、自動でポイントは貯まらないということです。

必ずJRE POINT WEBサイトから、持っているカードを登録する必要があります。年会費や入会金はかからないので、気軽に登録しましょう。

JRE POINT WEBサイトでの登録手順

  1. JRE POINT WEBサイトのトップ画面右上の「新規登録」を押す
  2. メールアドレスとパスワードを入力し「次へ」へ。登録内容に間違いなければ「登録する」をクリック(仮登録が完了)
  3. 入力したメールアドレス宛にメールが届きます。記載のURLをクリックすれば本登録完了です!
  4. 本登録が完了したら、登録したメールアドレスとパスワードでサイトへログインしましょう
  5. 第2パスワードを設定します
  6. 登録するカードを選択しましょう。※ 登録カードによって登録手順は多少異なります。今回はSuicaで登録してみましょう。
  7. 手持ちのSuicaの種類を選択する
  8. 必要事項(Suica情報と個人情報)を入力しましょう。Suicaの裏面右下に記載の「JE」で始まる17桁の番号と、その他の必要事項を入力し[次へ]を押す
  9. 入力確認をし、間違いがなければ「登録する」で完了!

ビューカードとの組み合わせでお得にJRE POINTを獲得しよう!

「ビュー・スイカ」カード

アイキャッチ画像:「ビュー・スイカ」カード

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で最大5000ポイントプレゼント(2022年1月31日まで)
    (1)JCBブランドでのオンライン申し込みで2000ポイント
    (2)カード利用で最大3000ポイント

さいごに...

この記事のまとめ

JRE POINTを効率的に貯める鍵は、ビューカードとモバイルSuicaの組み合わせで利用することです。

カードタイプのSuicaを利用している場合、モバイルSuicaに切り替えることをおすすめします。

自分のライフスタイルに合ったビューカードを選べば、さらにポイントをお得に貯めることができます!

JRE POINTの効率的な貯め方と還元率のまとめ!

  • Suicaで電車に乗る際、カードタイプは0.5%だがモバイルSuicaだとポイント還元率2.0%
  • Suicaのオートチャージ、モバイルSuicaにチャージでポイント還元率1.5%
  • モバイルSuicaグリーン券、モバイルSuica定期券をビューカードで決済するとポイント還元率3.0%(ゴールドカードならモバイルSuicaグリーン券は8.0%、モバイルSuica定期券は4.0%のポイント還元率)
  • 「えきねっと」で予約したJR券をビューカードで予約時決済すればポイント還元率3.0%(ゴールドカードなら還元率8.0%)

二重取りなどを上手に利用して、JRE POINTをガンガン貯めましょう!

「JRE POINTがざくざく貯まるおすすめのクレジットカード4選!」をもう一度確認する

監修者

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子

いいだみちこ

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。どの金融機関にも属さない独立系FP。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。