PR(プロモーションを含みます) 当サイトを経由して商品への申し込みがあった場合には、売上の一部が当サイトに還元されます。なお、収益が記事中での製品・サービスの評価に影響を与えることはありません。

更新

ドバイ旅行で使えるクレカ5選!ドバイはキャッシュレスが普及

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子監修

「近未来都市」のイメージが強いドバイは、日本よりはるかにキャッシュレス化が進んでいます。

なかには現金不可のお店もあるため、日本人観光客でもクレジットカードは必須です。

さらにクレジットカードがあれば、次の4つのメリットも活用できます。

ドバイにクレカを持っていくメリットは?

  • ドバイは5大国際ブランドに対応している
  • 海外旅行保険が付帯している
  • 優待特典が利用できる
  • 海外キャッシングが利用できる

世界中からの移住者が多いドバイでは、5大国際ブランドVisa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club)に幅広く対応しています。

しかし「決済用」にクレジットカードを作るなら、国際ブランドはVisaMastercardが確実でしょう。

この2つの国際ブランドなら、クレジットカード取扱店で使えないことはまずありません。

また、ドバイでクレジットカードを利用するときは、タッチ決済が一般的です。

クレジットカードを選ぶときは、タッチ決済に対応しているか、Google PayやApple Payに登録できるかもポイントとなります。

この記事では、ドバイのキャッシュレス事情やおすすめのクレジットカード、お得な海外キャッシングなどについて詳しく解説します。

各カードの特徴、旅行特典、国際ブランドなどを比較し、ドバイ旅行がお得&快適になるクレジットカードを手に入れましょう。

ドバイ旅行におすすめのクレカ5選
完全ナンバーレスで不正利用に遭いにくい
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
  • 最高2000万円海外旅行傷害保険が付帯(利用付帯)
  • 利用通知サービスで不正利用を早期発見しやすい
公式サイトで詳細を見る▶
海外旅行保険の補償額が最高3000万円と高い
エポスカード
エポスカード
  • ショッピング枠を一時的に増額できる
  • OIOIの店舗で最短即日受取が可能
公式サイトで詳細を見る▶
ドバイ旅行にお得な優待特典が豊富!
JCBカードW
JCB カード W
  • 最高2000万円海外旅行保険が付帯
  • 最高100万円ショッピングガード保険が付帯
公式サイトで詳細を見る▶
プライオリティ・パスが無料
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
  • 最高5000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(一部利用付帯)
  • 楽天カードトラベルデスクを利用できる
公式サイトで詳細を見る▶
年間200万円以上の利用で無料宿泊券プレゼント
アメックスゴールド・プリファード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯
  • プライオリティ・パスの年会費が無料+ラウンジ使用料1回35米ドルが年2回まで無料
公式サイトで詳細を見る▶

さらに仕事でドバイを訪れる人には、ビジネスカードがおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、個人事業主やフリーランスであっても作ることができます。

ビジネスでドバイに行くなら
個人事業主でもOK!初めて法人カードを作る人におすすめ
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
  • 年間100万円の利用で、翌年以降年会費無料(※1)
  • ポイント最大1.5%還元(※2)
公式サイトで詳細を見る▶

※1 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを確認してください。
※2 対象の個人カードとの2枚持ちが条件です。

この記事はこんな内容です

ドバイには現金不可の店も。クレジットカードは必須アイテム!

  • 決済用のメインカードはVisaかMastercardがおすすめ
  • 公共交通機関でもクレカ決済できる
  • 決済方法はタッチ決済が主流
  • チップ用に現金を用意しておくと便利

目次

ドバイにクレジットカードが必須な理由

ドバイへ旅行するなら、クレジットカードは「絶対に必要」といっても過言ではありません。

特に次の2つのシーンでは、クレジットカードがないと大きなデメリットが生じてしまいます。

ドバイにクレジットカードが必須な理由

  • ホテル宿泊時にデポジットとしてクレカの提示が必要
  • 現金を両替するよりクレカ手数料の方が安い

それぞれ詳しく説明していきます。

ホテル宿泊時にデポジットとしてクレカの提示が必要

ドバイのホテルに宿泊するときは、チェックイン時にデポジットを支払うのが一般的です。

デポジットとは

ホテルやレンタカー会社などに一時的に預ける保証金のことです。万が一破損や盗難があったときに、デポジット額から費用が清算されます。何も問題なければ、チェックアウト時にクレジットカードを通して返金されます。

デポジットの目安は、宿泊費1~2泊分。たとえば、1泊10万円の高級ホテルに泊まる場合、デポジットだけでも約10~20万円支払うことになります。

ホテルによっては、「デポジットの支払いはクレジットカード払いのみ」と定めていることも少なくありません。

たとえ現金払いが可能だとしても、次のようにさまざまなデメリットが生じてしまいます。

デポジットを現金で支払うデメリット

  • ATMや両替所で多額の現金を用意しなければならない
  • 一時的に手元のお金が少なくなる
  • チェックアウト後、現金を使いきれず損してしまう(帰国直前など)

そのため、クレジットカードは1枚は必ず持っていくことをおすすめします。

現金を両替するよりクレカ手数料の方が安い

ドバイ旅行にクレジットカードを持っていけば、海外キャッシングにより手数料を節約できます。

海外キャッシングを使えば、クレジットカードを使ってドバイのATMから現地通貨(ディルハム)を引き出すことができます。

海外事務手数料として約1.60~2.20%かかりますが、両替(2.0~10.0%)よりも手数料は安くなります。

30ヶ国以上の海外旅行経験がある

ライター・長坂ヒロのドバイ情報

特にレートが悪いのは、ホテルのフロント、空港、スーク(市場)の3ヵ所。スークは今でも現金支払いが根強いことから、両替所も強気なレートを設定しています。どうしても両替が必要なら、ショッピングモールなどの両替所がおすすめです。

ドバイ(ドバイ)旅行で使えるおすすめのクレジットカード6選

ドバイ旅行にクレジットカードを作るなら、次の6枚がおすすめ。

ドバイでおすすめのクレカ6選

アメックスゴールド・プリファードがGoogle Payに非対応である点を除き、その他はタッチ決済やスマホ決済(Google Pay、Apple Pay)に対応します。

クレジットカードを選ぶときは、まず決済用Visa、Mastercard)か特典用JCB、アメックス)かを明確に区別することが大切です。

三井住友カード(NL)│年会費無料で最高2000万円の海外旅行傷害保険

三井住友カード(NL)

ドバイ旅行に便利な特典

  • 完全ナンバーレスで不正利用に遭いにくい
  • 最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯(利用付帯)
  • 国際ブランドはVisa/Mastercard

三井住友カード(NL)は、クレジットカードのセキュリティを重視する人におすすめ。

券面にカード情報が印字されない完全ナンバーレスのため、他人にカード情報を盗み見されることはありません。

カード番号やセキュリティコードなどはVPassアプリから確認でき、利用通知サービスをオンにしておけば不正利用の早期発見にもつながります。

また、三井住友カード(NL)は年会費無料でありながら、最高2000万円と充実した海外旅行傷害保険が付帯します(利用付帯)。

国際ブランドもVisaとMastercardの2種類から選択でき、いずれもドバイのクレジットカード取扱店で使えないことはほぼありません。

ドバイ旅行のメインカードとしてはもちろん、サブカードとしてもほかのカードと組み合わせやすい一枚といえます。

三井住友カード(NL)

アイキャッチ画像:三井住友カード(NL)

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 0.5%
年会費 永年無料
発行スピード 最短10秒/即発24時間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 なし
家族カード ×
ETC ×

※1:即時発行ができない場合があります
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 2024年4月22日からの新規入会キャンペーン

    新規入会&条件達成で

    3000円分

    プレゼント

    ・新規入会&スマホのタッチ決済3回利用で3000円分のVポイントPayギフトをプレゼント(学生は4000円分のVポイントPayギフトをプレゼント)

エポスカード│最高3000万円の海外旅行保険が付帯

エポスカード

ドバイ旅行に便利な特典

  • 海外旅行保険の補償額が最高3000万円と高い
  • ショッピング枠を一時的に増額できる
  • OIOIの店舗で即日受取可能

ショッピング施設のOIOIで便利なエポスカードは、利用付帯ではありますが、最高3000万円海外旅行保険が付帯するのが特徴です。

年会費無料のクレジットカードとしてはトップクラスの補償額で、ドバイ旅行中のアクシデントにもしっかり備えることができます。

また、エポスカードは以下のいずれかを上限に、利用枠を一時増額できます。

航空券やホテルの宿泊費などをカード決済するときは、出発前に一時増額を申請しておくと安心です。

エポスカードの一時増額枠

  • 現在の利用可能枠の2倍
  • 現在の利用可能枠+100万円

エポスカードの申込時には、受取方法をOIOIの店舗に指定できます。

近所にOIOIの店舗があれば最短即日のカード受け取りが可能となり、出発直前のカード発行にも便利でしょう。

エポスカード

アイキャッチ画像:エポスカード

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短当日〜約1週間 ※1
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 -
家族カード ×
ETC

※1:最短当日は店頭受取の場合
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • WEBからの新規入会で2000円相当プレゼント

JCBカード W│ドバイ利用分もOki Dokiポイント2倍

JCB カード W

ドバイ旅行に便利な特典

  • ドバイ利用分もOki Dokiポイント2倍
  • 最高100万円のショッピングガード保険が付帯
  • 【2025年1月31日までの期間限定】ブルジュハリファ50%OFF!

JCBカード Wは、18~39歳のみが発行できる年会費無料のJCBプロパーカード。

若年層向けであることからお得な特典が多く、通常のJCBカードに比べると2倍のOki Dokiポイント(還元率1.0%)が貯まります。

もちろん、ドバイ利用分にも2倍のポイントが付与されるため、JCB取扱店では積極的に利用するとよいでしょう。

また、JCBカード Wは最高2000万円海外旅行傷害保険だけでなく、最高100万円のショッピングガード保険が付帯するのが特徴です。

ドバイで高額な買い物を予定している人は、JCBカード Wを利用することでいざというときに補償を受けることができます。

ショッピングガード保険とは?

JCBカード Wで購入した品物が購入日から90日間以内に盗難・破損した場合に、損害を補償する制度のこと。

さらに、現在、JCBカードでは期間限定キャンペーンを実施しており、以下のいずれかの特典を利用できます(2025年1月31日まで)。こうした特典を利用できるだけでも、JCBカード Wを発行するメリットは大きいでしょう。

ドバイでのJCB特典

  • ブルジュハリファ50%OFF:上限500枚
  • 5米ドルでSIMカード(4GB+30分通話)を提供:上限400枚
  • ノルカード(シルバーカード)が25%OFF:上限400枚

JCB カード W

アイキャッチ画像:JCB カード W

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 1.0%
年会費 無料 ※1
発行スピード 最短5分発行 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 なし
家族カード
ETC

※1:39歳まで申し込み可能
※2:9:00AM~8:00PMで申し込み(受付時間を過ぎた場合は翌日扱い)。顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)。モバ即での入会後、カード到着前の利用方法についてはJCBのHPにて確認
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン(2024年9月30日まで)
    ・MyJCBログイン&Amazon.co.jp利用で最大1万2000円のキャッシュバック(Amazon.co.jpで利用した金額の20%をキャッシュバック)
  • 新規入会キャンペーン(2024年9月30日まで)
    ・MyJCBログイン&Apple Pay/Google Payの利用で最大3000円のキャッシュバック(利用金額の20%をキャッシュバック)
  • 家族カード入会&家族カードでのMyJCBログインで最大4000円のキャッシュバック(家族1名の申し込みにつき2000円のキャッシュバック)(2024年9月30日まで)
  • お友逹紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1500円キャッシュバック(2024年9月30日まで)
  • (18歳〜24歳限定)新規入会&MyJCBアプリログインでもれなくAmazonギフトカード(Eメールタイプ)1000円分プレゼント(2024年4月30日まで)

楽天プレミアムカード│楽天カードトラベルデスクを利用できる

楽天プレミアムカード

ドバイ旅行に便利な特典

  • プライオリティ・パスが無料
  • 最高5000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(一部利用付帯)
  • 楽天カードトラベルデスクを利用できる

楽天プレミアムカードは、優雅なドバイ旅行を楽しみたい人におすすめ。

会員制の空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」が無料で付帯し、空港での待ち時間を有意義に過ごすことができます。

プライオリティ・パスに自分で申し込むと、年会費は最低でも99米ドルかかるため、これだけでも、楽天プレミアムカードの年会費(1万1000円)の元を取ることができます。

また、楽天プレミアムカードには最高5000万円海外旅行傷害保険自動付帯(一部利用付帯)します。

最高5000万円と高額な補償を受けられるのは、ハイステータスカードならではのメリットでしょう。

いざというときにはドバイにある楽天カードトラベルデスクを利用でき、カード紛失からレストランの予約まで、日本語で幅広いサポートを受けることができます。

楽天プレミアムカード

アイキャッチ画像:楽天プレミアムカード

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 1%
年会費 11,000円
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 自動付帯
国内旅行保険 自動付帯
家族カード
ETC

※1:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 新規入会&利用で5000ポイント進呈

アメックスゴールド・プリファード│プライオリティ・パスが無料付帯

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

ドバイ旅行に便利な特典

  • プライオリティ・パスの年会費、ラウンジ使用料(年2回)が無料
  • 年間200万円以上の利用で1泊2名分の無料宿泊券プレゼント
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯

アメックスゴールド・プリファードは、年会費3万9600円のハイステータスカード

プライオリティ・パスの年会費が無料になるだけでなく、ラウンジ使用料(1回35米ドル)が年2回まで無料になるのが特徴です。

これだけでも最低で169米ドルが無料となり、年会費の半分以上は元を取ることができます。

プライオリティ・パスの通常料金

  • 年会費:99米ドル、329米ドル、469米ドルのいずれか
  • ラウンジ使用料:1回につき35米ドル

アメックスゴールド・プリファードを継続すると、特典として1万円分のトラベルクレジット、または1泊2名分の「フリー・ステイ・ギフト」(年間200万円以上のカード利用)が手に入ります。

最高1億円と高額な海外旅行保険も付帯するため、ドバイ旅行中のさまざまなトラブルにも柔軟に対応できるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

アイキャッチ画像:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 0.5〜0.8% ※1
年会費 39,600円
発行スピード 1~3週間 ※2
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード
ETC

※1:American Express Safekey利用時で算出
※2:カード到着までの期間
※3:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

お得なキャンペーン

  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で

    合計12万ポイント


    ・入会後3ヶ月以内に50万以上円利用で2万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内に100万円以上利用で8万ボーナスポイント
    ・入会後6ヶ月以内にアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインにて5万円以上利用で1万ボーナスポイント
    ・100万円分の通常ポイント1万ポイント

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド│個人事業主でもOK!初めての法人カードにおすすめ

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

ドバイ旅行に便利な特典

  • 個人事業主、フリーランスでも発行できる
  • 年間100万円の利用で、翌年以降年会費無料(※1)
  • ポイント最大1.5%還元(※対象の個人カードとの2枚持ちが条件)

ビジネスでドバイに行くなら、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドがおすすめ。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは法人はもちろん、個人事業主フリーランスでも発行できます。申し込みにあたり、決算書や登記簿謄本も必要ありません

初年度は5500円の年会費がかかりますが、年間100万円利用すれば翌年以降の年会費が永年無料になります。(※1)

さらにボーナスポイントとして1万ポイントが還元されるため、ビジネス関連の経費は積極的にカード決済するとよいでしょう。(※1)

公私を明確に区別したい人には、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドと三井住友カード(NL)の2枚持ちがおすすめ。

2枚持ちすれば決算が簡略化されるうえ、以下のサービスで1.5%(200円につき3ポイント)のポイント還元を受けられます。

1.5%還元の対象サービス

  • JAL
  • ANA
  • ETC

また、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの利用可能枠は最大500万円と高額です。(※ 所定の審査あり)

ドバイでのビジネスや投資を考えている人は、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドがあることで急なビジネスチャンスにも対応しやすくなるでしょう。

※ 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを確認してください。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

アイキャッチ画像:三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

基本スペック

ポイント還元率(通常時) 0.5%
年会費 5,500円 ※1
発行スピード 1週間程度
国際ブランド
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
国内旅行保険 利用付帯
家族カード ×
ETC

※1:年間100万円の利用で翌年以降永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間などの実際の適用条件の詳細は、三井住友カードのホームページを確認してください
※2:電子マネーは国際ブランドによって使用できないものがあります

ドバイ旅行にクレカを持っていくメリット

ドバイ旅行にクレジットカードを持っていけば、次の3つのメリットによりお得と快適が手に入ります。

ドバイ旅行にクレカを持っていくメリット

  • 海外旅行保険が付帯している
  • 優待特典が利用できる
  • 海外キャッシングが利用できる

「旅行のためだけにコストをかけてまでクレジットカードを持ちたくない」という人は、年会費無料のカードを選ぶと良いでしょう。

年会費無料のクレジットカードでも、海外旅行保険や優待特典が充実しているカードもあります。

海外旅行保険が付帯している

クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯するのが一般的です。

もちろん、保険料は無料で、コストは一切かかりません。

自分で海外旅行保険に申し込むと1週間で約2500~3500円かかるため、これだけでも旅費の節約につながります。

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、次の2種類にわかれます。

利用付帯と自動付帯
適用条件 対象カード
利用付帯 旅費の一部(交通費や宿泊費)をクレジットカード決済することで適用
  • 三井住友カード(NL)
  • エポスカード
  • JCBカード W
  • アメックスゴールド・プリファード
自動付帯 クレジットカードを持っているだけで、自動的に保険が適用
  • 楽天プレミアムカード(一部利用付帯)
  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

利用付帯の場合は事前に旅費などの該当のクレジットカードで決済する必要があるため、事前に適用条件を調べておきましょう。

優待特典が利用できる

クレジットカードには旅行関連の優待特典が付帯し、ドバイ旅行をお得&快適にできます。

クレジットカードに付帯する特典(一例)

  • 現地サポートデスク
  • ショッピングガード保険
  • 手荷物宅配サービスの優待割引
  • Wi-Fiレンタル、スーツケースレンタルの優待割引
  • 空港ラウンジ(ハイステータスカード向け)

特に海外旅行初心者におすすめなのは、現地サポートデスクです。

クレジットカードの盗難や紛失はもちろん、レストランやチケットの予約依頼なども日本語で対応してもらえ、ドバイ滞在中の言葉の壁を取り除いてくれます。

JCBやアメックスは、旅行特典が充実した国際ブランドとして知られるため、「決済用」とは別に「特典用」としてドバイに持っていくのもよいでしょう。

海外キャッシングが利用できる

クレジットカードの海外キャッシング機能を使えば、ドバイのATMから現地通貨(ディルハム)を引き出せます。

海外キャッシングは両替よりレートが良いうえ、大金を持ち歩かなくて良いのがメリットです。

必要なときに必要な分だけ引き出すことで、ドバイ滞在中の防犯対策にもつながります。

ディルハムは日本円からの両替レートが悪いため、手数料を節約するなら海外キャッシング一択といえます。

ドバイのクレカ決済事情

ドバイは人口の8割以上が外国人移住者ということもあり、5大国際ブランドに幅広く対応しています。

ドバイのクレジットカード決済事情

  • ドバイでは5大国際ブランドに対応しているが、メインはVisaかMastercardで
  • 決済方法はタッチ決済が主流
  • レストランやカフェではモバイル決済も可能
  • ドバイでクレジットカードが使える場所・使えない場所

また、2021年に行われた万博では、感染対策の一環として国を挙げてキャッシュレス化を推進。結果的に、飲食店などほとんどの店がデジタル決済を導入し、キャッシュレス化が一気に加速しました。

そのため、ドバイ旅行中に現金が必要なケースはかなり少ないといえます。

ドバイでは5大国際ブランドに対応、メインはVisaかMastercardで

ドバイでは世界中からの移住者や旅行者に対応するため、5大国際ブランドに幅広く対応しています。

しかし、「決済用」メインカードとしては、VisaMastercardの2つがおすすめです。

ドバイがあるUAE(アラブ首長国連邦)では、VisaとMastercardで全体の95%を占めます。

UAEの国際ブランドシェア率
国際ブランド シェア率
1位 Visa 56.0%
2位 Mastercard 39.0%
3位 American Express 4.0%
4位 その他 1.0%

※ 出典:statista「Market share of payment card brands - Visa, Mastercard, American Express, or in-market local card schemes - in the United Arab Emirates (UAE) from 2016 to 2022」 。

近年はアメックスやJCBなどに対応したお店も増えていますが、確実に使えるとは限りません。

特に個人経営の小規模店では、カード決済可でもVisa、Mastercardのみとなる可能性が高いでしょう。

決済方法はタッチ決済が主流

ドバイでクレジットカードを利用するときは、カードを決済端末にかざすタッチ決済が主流です。

そのため、店員とのカードの受け渡しがなく、暗証番号の入力も必要ありません。

タッチ決済を利用するには、タッチ決済に対応したクレジットカードを発行する必要があります。

手元のクレジットカードがタッチ決済に対応しているかわからないときは、下記のように券面にリップルマークがついているかどうかを確認しましょう。

タッチ決済対応のクレジットカード

タッチ決済に対応していないクレジットカードでも、Google PayやApple Payに登録すれば、スマホによるタッチ決済が可能です。

レストランやカフェではモバイル決済も可能

ドバイの飲食店では、モバイル決済による会計が可能です。

これは感染症対策として導入されたシステムですが、今でも飲食店では広く浸透しています。

メニューや現金の受け渡しがなく、システムさえ知っていれば観光客でも利用しやすいといえます。

飲食店の利用方法

  • テーブルに設置された二次元コードをスマホで読み取り、メニューをみる
  • 二次元コードから決済画面に進み、モバイル決済する

モバイル決済が可能なお店では、無料のWi-Fiを提供していることがほとんどです。

ただし、セキュリティ面が不安な人や、Wi-Fiにつながらないストレスなどを回避したい人は、SIMカードやレンタルWi-Fiを用意しておくのが確実でしょう。

ドバイでクレジットカードが使える場所・使えない場所

キャッシュレス化の進んだドバイでは、一部の例外を除きほとんどのお店でクレジットカード決済が可能です。

クレカが使える場所・使えない場所
使える場所 使えない場所
  • ホテル
  • レストラン
  • スーパー
  • コンビニ
  • タクシー
  • 観光名所
  • 交通機関のチケット購入
  • 美容院、病院 など
  • 渡し船
  • 路面店 
  • チップ

感染対策としてキャッシュレス化が進んだという背景から、飲食店では「カード決済推奨」、「現金不可」とするケ―スも多々あります。

また、ブルジュ・ハリファ(高さ828mのタワー)や未来博物館などの観光スポットでは、クレジットカードを使ったオンライン予約が一般的です。

ただし、「現金は一切持たず、すべてクレジットカードで」というわけにはいきません。

決済端末のエラーによりクレジットカードが使えなかったり、現金でチップが必要になったりすることもあるため、最低限の現金は持っておく必要があります。

30ヶ国以上の海外旅行経験がある

ライター・長坂ヒロのドバイ情報

ドバイには、日本のような電子マネーはありません。しかし、決済手段として暗号資産(仮想通貨)を使えることもあります。ビットコイン、イーサリアムなどを持っている人は、クレジットカードと併用するのも選択肢の一つです。

ドバイの通貨ディルハム(AED)は日本での流通は少ない

ドバイの現地通貨ディルハムは、日本国内ではほとんど流通していません

両替レートも高めに設定されていることが多いため、海外キャッシングを利用するか、米ドルを両替するのがおすすめです。

ドバイの現金事情

  • ドバイの紙幣はディルハム(Dh/AED)
  • UAEディルハムへの両替は日本でも可能
  • チップ用に現金を用意してお

ドバイの紙幣はディルハム(Dh/AED)

ドバイで流通している通貨は、ディルハム

英語ではAEDと表記され、1AED=約40円が目安となります。

Dh/AED

1AED=約42.8円

※ 2024年6月時点の為替レート。

ディルハムの紙幣は、次の8種類。特に500AEDや1000AEDの高額紙幣は流通が少なく、商店では断られる可能性が高いといえます。

海外キャッシングで高額紙幣が出てきたときは、ショッピングモールやスーパーなどでくずしておくと便利です。

ドバイの紙幣(ディルハム)の種類
ディルハム(AED) 日本円
1000AED 4万2776円
500AED 2万1388円
200AED 8555円
100AED 4278円
50AED 2139円
20AED 856円
10AED 428円
5AED 214円

※ 2024年6月時点の為替レート。

日本円をディルハムに両替した場合

  • 1万円⇒約234ディルハム
  • 10万円⇒約2338ディルハム

※ 2024年6月時点の為替レート。

UAEディルハムへの両替は日本でも可能

UAEの現地通貨ディルハムは、日本国内でも両替可能です。

日本で両替が可能な場所

  • 銀行
  • 金券ショップ
  • 空港の自動両替サービス
  • 外貨宅配サービス

とはいえ、日本国内ではUAEディルハムの流通量や需要が少なく、業者の取扱量も限られています。

流通量の多い米ドルやユーロに比べると、手数料も高くなりやすいでしょう。

どうしても日本国内でディルハムを手に入れたいという人は、外貨宅配サービスを使うのが確実です。

また、米ドルなら1USD=3.6725AEDの固定相場制がとられているため、円安などの影響を受けずに両替することが可能です。

チップ用に現金を用意しておく

外国人移住者の多いドバイでは、チップ文化も広く浸透しています。

レストランでは、カード決済時にチップを上乗せすることもできますが、基本的に現金を用意しておくのが便利でしょう。

なお、チップの相場は料金の10~15%が目安。もちろん、チップはあくまで感謝の気持ちであるため、サービスの質に応じて自由に設定できます。

ドバイにおけるチップの相場

  • レストラン:10~15%
  • ホテル:5ディルハム(ポーター)、5~10ディルハム(ルームクリーニング)
  • タクシー:5~10ディルハム

30ヶ国以上の海外旅行経験がある

ライター・長坂ヒロのドバイ情報

5ディルハム紙幣、10ディルハム紙幣をたくさん持っておくと、チップの支払いに便利です。同じ金額でも、大量のコインを渡すのは失礼にあたるため、注意しましょう。

ドバイの交通機関では基本的にクレカ決済できる

ドバイの公共交通機関では、基本的にクレジットカード決済が可能です。

ドバイで利用できる公共交通機関は、おもに次の7種類です。

基本的にはクレジットカード決済で問題ありませんが、もしものために例外も確認しておきましょう。

ドバイの交通機関

  • バス
  • ドバイ・メトロ(無人鉄道)
  • ドバイ・トラム(路面電車)
  • フェリー
  • タクシー
  • アブラ(渡し船)
  • eスクーター

たとえば駅の券売機は現金とクレジットカードに対応していることが多く、少額でもクレカ決済できます。

また、ドバイで何度も公共交通機関を使うなら、ノルカード(Nol Card)もおすすめです。

ノルカードは日本のSuicaやPASMOのようなチャージ式交通系ICカードで、券売機に並ぶ必要がありません。

バス、メトロ、トラムに乗るにはノルカード(Nol Card)が必要

ドバイのバス、メトロ、トラムに乗車するには、ノルカード(Nol Card)が必要です。

ノルカードには次の4種類があり、駅の券売機またはカウンタ―で購入できます。

ノルカードは4種類
カード発行費 有効期限 こんな人におすすめ
レッドカード 2AED 90日 短期旅行者
シルバーカード 25AED(うち19AEDは運賃として利用可能なため、実質6AED) 5年 中、長期旅行者
ゴールドカード 5年 Gold Class Cabin(日本でいうグリーン車)に乗りたい人
ブルーカード 70AEDト 5年 ドバイ在住の学生やシニアのみ

短期滞在で数回しか公共交通機関を利用しない人なら、レッドカードがおすすめです。

レッドカードは10回を上限に繰り返し利用でき、基本的にどの券売機でも購入できます。

また、公共交通機関が1日乗り放題となる1 Day Passも購入できるため、何ヵ所も観光スポットをめぐる日などに便利でしょう。

なお、いずれのカードも現金、クレジットカードでの支払いが可能です。

ノルカード(Nol Card)はクレジットカードでのチャージ可能

ノルカードは、カード購入時だけでなく、クレジットカードでのチャージも可能です。

チャージ方法は、おもに券売機とオンラインチャージの2種類あります。

券売機は英語表記に対応しており、「CARD TOP UP」を選択すれば簡単に希望額をチャージできます。

ただし、レッドカードは払い戻し不可のため、チャージ額は最低限に留めるよう注意しましょう。

タクシーもクレカのタッチ決済OK

ドバイのタクシーには、基本的にクレジットカード決済端末が搭載されています。

いずれもタッチ決済に対応しているため、ドライバーにクレジットカードを渡すこともありません。

ただし、例外的に端末のエラーによりクレジットカードが利用できないことも。こうしたトラブルに備え、最低限の現金を用意しておくと安心です。

また、ドバイではUberをはじめとする配車アプリも広く浸透しています。

配車アプリなら事前にカード情報を登録しておくことで、車内での決済が不要となります。

アブラ(渡し船)は現金のみ!一律1AED

ドバイ・クリークを往復する木造船アブラでは、クレジットカードは利用できません

支払いは現金のみで、運賃も1回につき1AEDとお手頃です。

たとえ1AEDの硬貨を持っていなくても、受付などでお釣りはもらえます。

ただし高額紙幣は断られる可能性が高いため、あらかじめ少額にくずしておくと安心でしょう。

30ヶ国以上の海外旅行経験がある

ライター・長坂ヒロのドバイ情報

ノルカード(Nol Card)は券売機でのクレカ決済が可能ですが、券売機やクレジットカードによっては、うまく発行できないこともあります。その場合は、別の新しそうな券売機を利用するか、有人カウンターで購入すると確実ですよ。

現地通貨が必要になったら海外キャッシングがお得

ドバイで現地通貨(ディルハム)を引き出すなら、海外キャッシングがおすすめ。

海外キャッシングには次の2つのメリットがあり、ドバイ滞在をお得&安全にできます。

海外キャッシングのメリット

  • キャッシングは両替よりもレートが良い
  • 大金を持ち歩く必要がない

キャッシングは両替よりもレートが良い

海外キャッシングを利用すれば、両替よりも手数料を安くできます。

手数料の比較

  • 海外キャッシング:金利(18.0%)+ATM手数料(約220円)
  • 両替:取引額の約2.0~10.0%

海外キャッシングの金利は年率18.0%ですが、1日あたりに換算すると約0.05%。たとえば1ヵ月後に返済すれば、手数料は約1.5%と両替より安くなります。

また、クレジットカードによっては「繰り上げ返済」を利用でき、借入期間が短くなることで利息はさらに安くなります。

日本円ではレートが高くなりやすいディルハムだからこそ、海外キャッシングを利用するメリットはかなり大きいでしょう。

大金を持ち歩く必要がない

海外キャッシングは、ATMさえあれば24時間いつでも利用できます。

つまり、必要な金額を必要なときに引き出すことができ、大金を持ち歩く必要はありません。

ドバイは治安がよい国として知られていますが、不慣れな土地で大金を持ち歩くのは精神的負担になるものです。

また、万が一現金を盗まれても、海外旅行保険などで補償を受けることはできません。

クレジットカードならすぐに利用停止手続きをとれるほか、不正利用額を補償してもらえることが多いため、防犯対策としても効果的です。

両替所は詐欺の危険もあるから要注意!

ドバイの両替所では、詐欺のリスクもゼロではありません。

特に、ドバイに到着して間もないうちは、ディルハムの取り扱いに慣れておらず、換金額が少なくても気付きにくいでしょう。

ドバイで両替所を見つけやすいのは、おもに次の5ヵ所です。

両替所

  • ショッピングモール
  • 街の両替所
  • スーク(市場)
  • 空港
  • ホテルのフロント

スーク(市場)はレートが割高なため、ショッピングモールなどの両替所を利用するのがおすすめです。

30ヶ国以上の海外旅行経験がある

ライター・長坂ヒロのドバイ情報

海外キャッシングなら、基本的にどのATMを利用しても手数料は変わりません。両替所を何ヵ所もめぐってレートを比較すると、かなりの時間が無駄になってしまうため、ドバイ滞在をフル活用するためにも海外キャッシングがおすすめです。

ドバイのATMの使い方とATMを使うときの注意点

ドバイのATMで海外キャッシングを利用する方法は、おもに次の7ステップ。

ATM操作には4桁の暗証番号が必要なため、不明なときは出発前にカード会社に問い合わせておきましょう。

ATMでの現金の引き出し方法

  1. ATMにクレジットカードを入れる
  2. 言語(英語 ENGLISH)を選択をする
  3. クレジットカードの暗証番号(PIN)を入力する
  4. WITHDRAWAL AMOUNT(引き出し金額を入力する)を選択
  5. Current(当座預金口座)/Saving(普通預金口座)を選択する
  6. 引き出す金額を入力する
  7. 現金とクレジットカードを取る

ATMを利用するときは、次の2点に注意が必要です。

ATMを使うときの注意点

  • ATMを使うなら人目のある場所を利用する
  • ATM付近でのスリやひったくりに注意!

防犯面を徹底したい人は、もっともセキュリティ性が高い銀行内のATMを利用することをおすすめします。

ATMを使うなら人目のある場所を利用する

ドバイの街中を歩くと、ショッピングモールや観光施設周辺、大通りなどさまざまな場所でATMを見かけます。

しかし、海外キャッシングを利用するなら、できるだけ人目のあるATMを使うのが鉄則です。

あまり人がいないエリアのATMだと、ATM利用後に犯罪のターゲットになる可能性も高くなってしまいます。

また、ドバイをはじめ、海外のATMではクレジットカードが吸い込まれてしまうことも少なくありません。

こうしたトラブルに備え、銀行やショッピングモールのようにすぐにスタッフを呼べるATMを利用すると確実です。

ATM付近でのスリやひったくりに注意!

比較的治安のよいとされるドバイですが、ATM付近ではスリやひったくりのターゲットになる可能性もゼロではありません。

こうした被害に遭わないためには、次の対策が効果的です。

犯罪に巻き込まれないためには

  • お金を引き出したら、すぐに現金を貴重品ポケットなどにしまう
  • ホテル周辺のATMを使う
  • 寄り道はせず、できるだけすぐにホテルに帰る

30ヶ国以上の海外旅行経験がある

ライター・長坂ヒロのドバイ情報

ドバイモールのように観光客が多く集まる場所では、観光客を狙ったスリが意外に多いものです。特に夜の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」のように、たくさんの人が密集するときは貴重品の管理に十分注意しましょう。

クレジットカードを使うときの注意点

ドバイ旅行に欠かせないクレジットカードですが、次の3点には注意が必要です。

クレジットカードを使うときの注意点

  • クレジットカード手数料を上乗せされることが多い
  • 支払いは現地通貨建て
  • 支払い回数は選べない

クレジットカード手数料を上乗せされることもある

ドバイでクレジットカードを利用すると、手数料が決済額に上乗せされることもあります。

日本の場合、クレジットカード利用による手数料は店舗負担が原則ですが、ドバイでは手数料分をプラスで請求されることも少なくありません。

特に、スーク(市場)や個人商店などで買いものするときは、あらかじめクレジットカードの利用可否、利用条件を確認しておくと安心でしょう。

支払いは現地通貨建て

ドバイの買い物でクレジットカードを利用すると、現地通貨建て(AED)と日本円(JPY)建てを選択できることがあります。

結論から言うと、手数料が安いのは現地通貨建て(AED)です。

日本円のほうが安心感があるかもしれませんが、店舗が設定したレートにより最大約10.0%も手数料をとられることがあります。

一方、現地通貨建てなら国際ブランドが定める手数料(約1.60~2.20%)が適用され、どの店舗で使っても基本的にレートは変わりません。

クレジットカードの決済端末に「AED、JPY」と表示されたときは、迷わずAEDを選択しましょう。

支払い回数は選べない

ドバイの買い物でクレジットカードを利用した場合、支払い方法は基本的に一括のみです。

分割払いやボーナス払いを選択することはできません。

どうしても分割払いにしたいときは、まずは一括払いで決済し、あとでクレジットカードのマイページやアプリから支払い方法を変更することができます。

また、リボ払い専用のクレジットカードなら、ドバイでの利用分にも自動的にリボ払いが適用されます。

さいごに...

この記事のまとめ

ドバイは世界的にもキャッシュレス化が進んでおり、日本人観光客でもクレジットカードは必要です。

特に、以下の3点はドバイならではの特徴といえます。

ドバイのクレカ事情

  • 5大国際ブランドに対応(メインはVisaかMastercardがおすすめ)
  • タッチ決済が主流
  • レストランやカフェではモバイル決済も可能

ドバイ旅行にクレジットカードを持っていけば、海外旅行保険が付帯したり、海外キャッシングで手数料を節約できたりと、さまざまなメリットが生まれます。

また、優待特典を上手に活用すれば、割引により旅費の節約にもつながるでしょう。

また、ドバイ旅行に行くなら、クレジットカードは最低でも2枚、できれば3枚は持っていくのがおすすめです。

1枚しか持っていないと、磁気不良などでカードが使えなくなった場合に「飲食店を使えない」、「ホテルのデポジットを払えない」などさまざまな不便が生じてしまいます。

異なる国際ブランドのクレジットカードを組み合わせれば、「決済用」、「特典用」と使い分けることができ、各ブランドの強みを最大限に引き出せるでしょう。

下記リンクからおすすめクレジットカード6選をおさらいし、「キャッシュレス先進国」ドバイでのスマートな会計に役立ててください。

▶「ドバイ旅行におすすめのクレジットカード6選」をもう一度見る

監修者

監修者紹介:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田道子

いいだみちこ

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。どの金融機関にも属さない独立系FP。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。クレジットカード専門サイトで数多く記事監修を担当

公開

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。