tokyo-animecenter_3442_re

東京アニメセンターが市ヶ谷のDNPプラザにリニューアルオープンしたので行ってきました!

2017.11.21(Tue)

こんにちはフリー編集者(たまに小説家)の魚住です。2017年秋、アークの近所にあるDNPプラザがリニューアルされました。よく見ると、地下1階に「東京アニメセンター」がオープンしたもようです。気になる、気になる……でも、忙しくてバタバタと通り過ぎていましたが、早く行かないとリニューアルして初の企画展「タツノコプロコレクション2017」が終わってしまう! というわけで、どっぷり昭和世代からまず先陣切って行ってきました! これを見逃したら「おしおきだべ〜!」(笑)。

tokyo-animecenter_3398_re

企画展「タツノコプロコレクション2017」

東京メトロ市ヶ谷駅を出て目と鼻の先に「東京アニメセンター」があります。元々は秋葉原UDX内で運営されていたアニメ関連施設が移転。2017年10月28日、DNPプラザにてリニューアルオープンしたわけです。

tokyo-animecenter_3365_re

DNPプラザは普段、打ち合わせなどでカフェを利用していますが地下には初めて足を踏み入れます。階段を下りると、そこには華やかなアニメワールドが広がっていました。キャー! 昭和なおばさん(これでも東京デザイナー学院アニメーション科卒。新房昭之氏と同期)にはキラキラ煌めきがまぶしいー!

リニューアルオープンして記念すべき第1回企画展は「タツノコプロコレクション2017」。
企画展示エリアには、「マッハGoGoGo」「科学忍者隊ガッチャマン」「昆虫物語みなしごハッチ」「ハクション大魔王」「タイムボカンシリーズ」など、タツノコプロの歴史を彩ってきた有名なアニメキャラがいっぱいです。一気に昭和時代を思い出し、懐かしさがこみ上げてきました。「宇宙エース」(1965)からリアルタイムで観てましたからね(笑)。

世代ごとに楽しめる煌めきの展示エリア

企画展示で人気だったのはやはり最新のアニメ「Infini-T Force」「KING OF PRISM」(キンプリ)や「Wake Up, Girls!」など。特に、キンプリの人気キャラクター「速水ヒロ」の衣装を身にまとった限定描き下ろし、写真を撮れるスポット、週替わりで展示内容の変わる描き下ろしスポットなどにキンプリファンが大勢集まっていました。

昭和世代としては、リアルタイムで観ていたアニメの展示が少ないのが時の流れを感じてちょっぴり寂しいです。でも、物販エリアでは数々のアニメグッズを見つけて、寂しい気持ちもどこへやら。懐かしのタツノコプロアニメ・グッズ探しに萌えてしまいました(笑)。

物販エリアでは、「おそ松さん」「君の名は」など企画展以外のアニメグッズも販売しています。また、常設展示エリアもあるので、企画展が終わってもいつでも楽しめる催し物がいっぱい。

JR市ヶ谷駅前の釣り堀は「おそ松さん」の聖地。市ヶ谷から四谷にかけては「君の名は」の聖地。自衛隊も近いし、映画「シン・ゴジラ」おたくの私としては立派な聖地! この際、市ヶ谷を新たなアニメの聖域にするため、「東京アニメセンター」をアークのブログでも応援したいと思います。

第1回企画展の「タツノコプロコレクション2017」は2017年11月27日までですが、次の企画展も楽しみにしています。できれば今期のように昭和世代もグッとくるアニメ企画展を期待しています(笑)。

東京アニメセンター in DNPプラザ
[住所]東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル(DNPプラザ)B1F
[開館時間]11:00〜20:00
[休館日]火曜日・年末年始・施設点検日・展示入替日
●入場無料
※上記の休館日以外でも運営上の都合により休館する場合や特定スペースの運営を中止する場合があります。ご了承ください。
[お問合わせ]公式サイトの「お問い合わせフォーム」からどうぞ

「東京アニメセンター」公式サイトhttps://animecenter.jp/
Twitter:@anime_tokyo

[アクセス]東京メトロ有楽町線市ケ谷駅、南北線市ケ谷駅6番出口から徒歩約1分/JR市ケ谷駅から徒歩約5分/都営新宿線市ヶ谷駅1番出口から徒歩約6分


●撮影・文・編集= 魚住陽向(フリー編集者、ライター、小説家