fabcafe_01gaigan

特集/体験・ものづくりカフェ(東京都内編)

2015.8.24(Mon)

「カフェでひと休み」もいいけれど、最近は「○○を作りにカフェに行きたい」「○○の道具、あそこで使えるみたいだよ」という会話が増えてきました。みんなの「作りたい」というクリエイティブ魂が盛り上がっています。そこで今回は東京都内で気軽に行けるものづくりカフェを特集します。また、個人で揃えるのは難しい道具・機材を使用できるお店も紹介。創作意欲が高まる季節に向けて、お店の雰囲気もチェックしてみてください。

 

文具好き集合!実際に使って試せる[文房具カフェ

表参道文房具

buncafe_naikan2_1

店内にある文房具、気になるペンや色鉛筆などを実際に触れて使うことができる文房具カフェ。文房具関連の書籍や雑誌のライブラリーも充実しているから文房具好きには天国のような空間です。気に入った文房具は購入も可能。また、カフェメニューも豊富で、ランチだけでなくオリジナルメニューのお料理やアルコール類も。文房具を愛でながら至福の時間を満喫できそうです。

文房具カフェ
[営業時間]10:00〜23:30
[定休日]なし
[住所]東京都渋谷区神宮前4-8-1 内田ビルB1F
[URL]http://www.bun-cafe.com
※お出かけの際には上記サイト・トップページのinfo欄で、当日の営業時間やLOなどをご確認ください

 

はんだづけカフェ]でLEDを光らせてみたい!

秋葉原/末広町はんだづけ

handacafe_door

「半田付けしながらお茶?」なんて驚いてはいけません。最近は理系女子(りけじょ)もいるし、興味アリな人が多いのです。電子工作のための道具や場所をシェアできるオープンスペースがこのはんだづけカフェ。実はこのカフェにはメニューがなく、お茶は出たりしません。自販機で買ってきた飲み物を持込可能なのです(アルコール類は持込不可)。1階には食事ができるカフェもあります。ここで夏休みの自由研究や工作などしてみてはいかがでしょう。

はんだづけカフェ
[営業時間]平日:18:00~20:30/土日祝:13:00~18:00
[定休日]火木(営業なし)
[住所]東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda #311
[URL]http://handazukecafe.com
※営業日カレンダーや詳細については上記サイトでご確認ください

 

青山でカジュアルに陶芸家!?[at Kiln AOYAMA

青山陶芸

atkiln_kyoshitsu02

陶芸をやるには「その焼き物の産地に行かなければ…」なんていう概念を覆し、東京都心で気軽に陶器を作れるなんてご存じでしたか? at Kiln AOYAMA陶芸教室、ギャラリー、ショップで構成された複合施設。2階には岐阜県多治見市から取り寄せられた土や道具を使った陶芸を体験できる工房があります(電気窯もあり)。初心者でもきれいに楽しく製作できるようスクールの体験コースもあるので、サイトで確認の上、予約してくださいね!

at Kiln AOYAMA(アットキルン アオヤマ)
[営業時間]1F/SHOP・GALLERY 11:30〜20:00 2F/STUDIO 13:00〜21:00
[定休日]水曜日
[住所]東京都港区南青山6-6-22
[URL]http://atkiln.com
※臨時休業の場合もあります。体験コースやLOなど詳しい営業時間は上記サイトでご確認ください

 

HappyPrinters]子どもからアーティストまでワイワイ

原宿use/デジタル印刷マシン

happyprinters_kobonaka

プロ向けデジタルオンデマンドプリンターなどを個人に解放する新しいカタチの工場型SHOPHappyPrinters。UVプリンター、Latexプリンター、レーザーカッターなどが使えます(料金などは要確認)。写真、イラストを持参すれば、アイデアが形に。あなたのアート作品がグッズになるかもしれません。また夏休みの工作宿題にもピッタリ。様々なものづくりワークショップもサイトでチェックしてみて。実はこちらはカフェはありませんがワークショップや交流会によってはドリンク持ち込み可能に(要確認)。

HappyPrinters
[営業時間]11:00〜19:00[定休日]不定休
[住所]東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG 1B
[URL]http://happyprinters.jp
※予約優先なので、事前予約がおすすめです。上記サイトで営業日時などをご確認ください

 

初心者から気軽にミシンを使える[ボビナージュ

吉祥寺ミシン

bobinage_simple

最近、「手作りで子どもの持ち物を作りたい」「ミシンは欲しいけどどれがいいのか分からない」「使い方を教えてほしい」など、ミシンに触れたいというニーズが増えています。ボビナージュのクリエイトルームでは気軽にミシンが使えます。また、各種ワークショップミシン教室(初心者/中級者以上/上級者向け)もあり、手作りの楽しさも教えてくれます。手作り作品、ボビナージュオリジナル商品、こだわりの雑貨なども販売。Bobinageは「手作りの喜び」とともに歩み続ける蛇の目ミシン工業(株)が運営するショップです。

Bobinage(ボビナージュ)
[営業時間]10:00〜19:00[定休日]月曜日
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
[URL]http://www5.janome.co.jp/bobinage/
※各ミシン教室の申し込み、各種ワークショップの予約など、詳細は上記サイトをご覧ください

 

ぽたかふぇ。]でポタリーをやってみよう!

高円寺ポタリー

potacafe_re_iriguchi

素焼きの皿やカップなどに陶器専門の絵の具で絵を描き、釉薬を塗って、窯で焼き上げる本格的な陶芸が楽しめるカフェがココ。ポタリーとは陶器(ビスク)の下絵付け(ポタリーペインティング)のことです。親子で行って、カップに好きな絵柄を描いたり、アーティスティックな作品に仕上げたり、と家族や友達と楽しいひとときが過ごせそう。ランチやカフェメニューも豊富。とっても楽しいギャラリー(ギャラリースケジュールを確認してください)もあります。肩肘張らずに自分の「作品」を作ってみてください。

ぽたかふぇ。
[営業時間]11:00〜21:00(LO. 20:30)[定休日]木曜日
[住所]東京都杉並区高円寺北3-21-5
[URL]http://info.pottercafe.main.jp
※ポタリーをされる方は席確保などのためにご予約をお勧めしております。詳細は上記サイトでご確認ください

 

働く女性たちのオアシス[ニットカフェ 森のこぶた

虎ノ門手芸全般

mori-no-kobuta

オフィス街にあるニットカフェ森のこぶたの開店は朝7時です(モーニングセットもあり)。そして、おいしいランチの後は閉店時間までニットカフェに。ニットだけじゃなく、刺繍やビーズなど手芸だったら何でもOKのようです。手芸関連の書籍や雑誌も自由に閲覧可能。いろんなワークショップも開催されているので、スケジュールを確認して参加してみては? また、手芸サークルや教室などの交流の場としても使えそう。お仕事帰りに、手芸や編み物をしにふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。あなたの癒しの空間になりそうです。

ニットカフェ 森のこぶた
[営業時間](平日)7:00〜18:00[定休日]土日祝(イベント開催時は営業)
[住所]東京都港区西新橋2-2-2 澤ビル1F
[URL]http://www.morinokobuta.com/
※各種ワークショップなどの詳細やお申し込みは上記サイトをご確認ください

 

ものづくりスピリッツの原点[FabCafe]がリニューアル!

渋谷use/デジタル工作マシン

fabcafe_01gaigan

大量生産やマーケットに制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」という2つの意味が込められた「Fab」。FabCafeグローバルネットワークは世界中に広がり、その概念もすっかり定着しました。そして2015年8月、店舗面積を約2倍に拡張し、サービスもより充実させリニューアルオープン! デジタル工作機械もレーザーカッター、3Dプリンター3Dスキャナー、カッテングマシンなどに加え、UVプリンターを導入。また、新しいフロア中央に登場したオープンキッチンで野菜をFab。おいしいFabが体験。そして新クルーとして、パーソナルロボット「Pepper」がお出迎え。FabCafeには「ココに来ないと体験できないFab」がいっぱいです。

FabCafe Tokyo
[営業時間]月〜土/10:00〜22:00■日・祝/10:00〜20:00
[定休日]不定休
[住所]東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
[URL]http://fabcafe.com/tokyo/
※事前予約制のサポートカウンターが新設。予約など詳細は上記サイトをご確認ください

*
***

「体験・ものづくりカフェ特集」いかがでしたか?
ものづくりが大好きなアークの社員たちも、今回紹介させていただいたお店に興味津々で体験取材に訪れそうです。今後は各店の体験レポートもご期待ください。
また、他にも興味深いカフェがたくさんあります。「アークのブログ」では、そちらも紹介させていただこうと思っていますので、なにか作りたくてウズウズしている方は要チェックですよ!

●文= 魚住陽向 (フリー編集者、ライター、小説家)
●編集=大山勇一