2023.12.22
#BOOK#河嶌太郎#サトウ探偵#ひかり探偵

【2023年版】少女女性マンガのおすすめランキングTOP10!281人が選んだ人気の作品は?

今や性別や年代を問わず広く読まれている少女女性マンガ。
この記事では、少女女性マンガ読者およそ300人が選んだ「今おすすめしたい作品」のトップ10と探偵(編集者)独自のおすすめをご紹介します!

※この記事の情報は2023年5月時点のものです。
※特にことわりのない限り、紙書籍版の価格を表記しています。

当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、売上の一部が還元されることがあります。なお、得た収益が記事中での製品・サービスの評価、ランキングに影響を与えることはありません。
目次
この記事の監修者
ジャーナリスト(アニメ聖地巡礼・地方創生・エンタメ)
河嶌太郎Taro Kawashima
1984年生まれ。千葉県市川市出身。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。「聖地巡礼」と呼ばれる、アニメなどメディアコンテンツを用いた地域振興事例の研究に携わり、Yahoo!オーサーも務める。近年は「withnews」「AERA dot.」「週刊朝日」「ITmedia」「特選街Web」「乗りものニュース」「アニメ!アニメ!」などウェブ・雑誌で執筆。共著に「コンテンツツーリズム研究」(福村出版)など。コンテンツビジネスから地域振興、アニメ・ゲームなどのポップカルチャー、IT、鉄道など幅広いテーマを扱う。

マンガ好き読者が選んだ「今おすすめしたい」少女女性マンガのランキングTOP10

調査方法:Twitter投票+アイブリッジ株式会社「Freeasy」を用いたインターネットリサーチ
調査期間:2023年4月10日〜5月11日
調査対象:普段から少女女性マンガを読んでいる男女281人
得票数9
花より男子 神尾葉子 集英社
定価484円(税込)
・つくしの一般人とお金持ちの価値観がおもしろい、恋愛にもキュンとした(@1192213_youさん)
・ストーリーがおもしろく、登場人物もかっこよくてキュンキュンする!(30代女性、 @nonteyさん)
得票数7
【推しの子】 赤坂アカ×横槍メンゴ 集英社
定価693円(税込)
・魅力的なキャラクターと、複雑な人間関係が見ごたえがあっておもしろい(50代女性)
・アイドルなのにサスペンス!そのギャップがおもしろい(@yuki_ytkkさん)
得票数7
カードキャプターさくら CLAMP 講談社
定価600円(税込)
・少女なら一度は夢に見るであろう世界観がかわいく描かれている(50代女性)
・登場人物全員が魅力的で、優しい気持ちになれる作品だからです!魔法少女は永遠の夢ですね(@S21ZmcpGoAFpi19さん)
得票数7
山田くんとLv999の恋をする ましろ KADOKAWA
定価693円(税込)
・キュンキュンするのはもちろん、ヒロインの茜ちゃんが素直でかわいくていい子だしカップルごと推せます。クスッと笑えるコメディ要素もあり最高です。山田くんのお顔もイケメンで目の保養!(@manami_anna13さん)
・ギルドメンバーがいいキャラなのも良き(@uuuuu61536870さん)
5
得票数6
君に届け 椎名軽穂 集英社
定価484円(税込)
・悩み事に真剣に向き合う姿に刺激を受ける。映画化もされているので、実写でも楽しめる(@kntlife5さん)
・王道青春ストーリーかつ、キャラクターの純粋さや個性もあって楽しい!(30代女性、30代男性)
5
得票数6
ハニーレモンソーダ 村田真優 集英社
定価484円(税込)
・羽花ちゃんと界くんたちの成長が見れてすごく嬉しくなる。いい感じにキュンキュン・ハラハラするところがあって、次巻がはやく読みたくなる!(10代女性)
・王道の恋愛マンガでキュンキュン必須!ちょっと危なっかしくて、闇を抱えている界がほっとけない…(@krkrkpmjnさん)
7
得票数5
美少女戦士セーラームーン 武内直子 講談社
定価858円(税込)
・伝説のマンガ(30代女性)
・とにかくおもしろい(50代男性)
7
得票数5
ちはやふる 末次由紀 講談社
定価495円(税込)
・競技かるたという題材が珍しい。青春を思い出せる!(30代男性、50代女性)
・かるたの世界がとてもおもしろい。千早のかるた愛がほほえましい(70代男性)
7
得票数5
夏目友人帳 緑川ゆき 白泉社
定価528円(税込)
・淡い色合いと繊細なタッチの絵柄。他者との交流の機微や、優しさ、切なさ等、じんわり心に染みる作品(40代女性)
・妖と主人公、他の登場人物たちとの心温まる交流がほっこりする。恋愛要素はないが、いろいろと明かされてないこともあり気になる(@kansetu_itai333さん)
7
得票数5
花野井くんと恋の病 森野萌 講談社
定価472円(税込)
・恋がまだよくわからない少女と、愛が重すぎるイケメン男子の純愛のお話。愛が重いだけでも最高だけど、きちんと成長していく姿も尊いです(@ren_yuuさん)
・花野井くんのヤンデレが癖になる。ヤンデレ男子しか勝たん!!!!!!(30代女性、20代女性)

90年代以降の新旧の名作が集った形に

河嶌太郎の顔画像
「最も売れた少女マンガ」としてギネス記録にもなっている『花より男子』、30年前に社会現象を引き起こした『美少女戦士セーラームーン』、20年前に社会的ヒットとなり、今連載中の続編でもヒットを飛ばしている『カードキャプターさくら』、現在テレビアニメ絶賛放送中の『【推しの子】』や『山田くんとLv999の恋をする』など、90年代の新旧の名作が勢揃いするかたちとなりました。『君に届け』や『ちはやふる』、『夏目友人帳』といった2000年代を代表する名作も順当にランクインしており、とてもバランスの良い顔ぶれになったのではないでしょうか。

作品のジャンルとしても、『カードキャプターさくら』や『美少女戦士セーラームーン』、『夏目友人帳』といった魔法もの、『君に届け』や『ハニーレモンソーダ』のように、恋をきっかけに主人公が成長する作品、『ちはやふる』のような部活恋愛ものなど、幅広く集まったようにも思います。十人十色、どれを読んでもそれぞれの魅力がある作品が集いました。

専門家&探偵団が選んだ少女女性マンガのべスワンを紹介!

河嶌太郎
河嶌太郎
40代ジャーナリスト
アニメもマンガも大好きです!
オタク文化に多大なる影響を与えた『カードキャプターさくら』
おすすめに選んだ理由と熱意の詳細はこちら
ひかり探偵
ひかり探偵
20代編集者
『カードキャプターさくら』が永遠のバイブル
大人になっても泣ける恋愛もののおすすめは『花野井くんと恋の病』!
おすすめに選んだ理由と熱意の詳細はこちら
サトウ探偵
サトウ探偵
40代編集者
流行りもの大好き!王道大好きのチョイス!
新しいのにどこか懐かしい 『山田くんとLv999の恋をする』がおすすめ!
おすすめに選んだ理由と熱意の詳細はこちら

少女女性マンガ読者が選んだ「今おすすめしたい作品」TOP10!あらすじと基本情報

花より男子 神尾葉子 集英社

得票数9
定価484円(税込)

裕福な生徒が集まる英徳学園に高校から入学した主人公・つくしは、ある日学園を支配する「F4」という男4人組に楯突いたことで、学園のいじめのターゲットにされてしまう。

だが、それに敢然と立ち向かうつくしの姿勢に、F4のリーダーである道明寺がつくしに心惹かれていく。

2023年に「最も多く発行された単一作者による少女コミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された歴史的名作。累計発行部数は6100万部を超え、当時社会問題にもなっていた「いじめ」をテーマにした作品でもあり、悩みを持つ多くの読者を救ったとされます。アニメや実写ドラマ化なども何度かされています。
1992年連載開始の作品で、リアリティの部分などに「古さ」を感じるかもしれませんが、つくしという強いキャラクター像や物語構成は現代にも通じるものがある作品です。
連載雑誌 マーガレット(集英社)
巻数 37巻
刊行開始~終了年 1992年~2004年

【推しの子】 赤坂アカ×横槍メンゴ 集英社

得票数7
定価693円(税込)

『かぐや様は告らせたい~天才達の恋愛頭脳戦〜』で人気を博した原作者・赤坂アカの最新作。

主人公の青年産婦人科医・ゴローは、自分になついていた患者で12歳で亡くなった少女・さりなの影響でアイドルオタクとなる。
数年後、そんな彼のもとに「推し」のアイドル・星野アイが意外な形で現れる。そうして、ゴローは星野アイと深く関わっていくことになる。

河嶌太郎の顔画像
【推しの子】というタイトルからみると、アイドルの話? それともアイドル好きの話? といったことが連想されますが、物語は意外な方向へとドラマティックに動きます。
同時に芸能界の裏実情も魅力的に描いており、リアリティのある作品に仕上がっています。「アイドル」や「転生」といった近年流行りの作品の設定がふんだんに盛り込まれているのも特徴でしょう。2023年4月にテレビアニメが開始されてから、『鬼滅の刃』を超える注目作ともいわれています。
連載雑誌 週刊少年ジャンプ(集英社)
巻数 11巻
刊行開始~終了年 2020年〜連載中

カードキャプターさくら CLAMP 講談社

得票数7
定価600円(税込)

小学生の木之本桜は、ある日父の書庫で不思議な本を発見する。するとその本から封印の獣ケルベロス(ケロちゃん)が現れ、共に本に封印されていた「クロウカード」がなくなっていることに気付く。そのカードは放っておくと「災い」をもたらすという。さくらはカードを封印する者=カードキャプターとなり、魔法少女としての毎日が始まる。

河嶌太郎の顔画像
90年代後半を代表する不朽の名作で、少女だけでなく、少年や「オタク」と呼ばれる人種にも広く深く刺さり、また多くの人を「オタク」に引きずり込んだ作品といえます。当時誕生しつつあった「萌え」というネットスラングをはじめ、「萌え文化」の中心となった作品でもあります。2016年から続編の「クリアカード編」も連載中で、親子揃ってのファンも珍しくありません。
連載雑誌 なかよし(講談社)
巻数 12巻
刊行開始~終了年 1996年~2000年

山田くんとLv999の恋をする ましろ KADOKAWA

得票数7
定価693円(税込)

女子大生の茜は、彼氏のたくまから他に好きな子ができたとフラれるところから物語が始まる。たくまの新たな彼女の相手は、ネットゲームで出会った女性だった。たくまの影響でそのゲームをプレイしていた茜は、元彼を見返すため、おしゃれしてそのゲームのリアルイベントに参加。そこで茜は同じギルドの山田と出会うが、リアルの山田はイケメンプロゲーマーの高校生の少年だった。

河嶌太郎の顔画像
ネットゲームを舞台に描いたラブコメディが特徴で、女子大生の主人公と高校生の恋愛模様を描いているのが本作の見どころといえます。作中に登場する人物はなかなかぶっとんだ考えのキャラクターが少なくないのですが、山田くんは常識的なキャラで、そこが作品を引き立てているといえそうです。2023年4月からテレビアニメも放送されています。
連載雑誌 GANMA!(コミックスマート社)
巻数 7巻
刊行開始~終了年 2019年〜連載中

君に届け 椎名軽穂 集英社

得票数6
定価484円(税込)

高校に入学した黒沼爽子は長い黒髪のせいで周囲からは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスにまったく馴染めないでいた。しかし、自身とは対照的な、爽やかで学年で男女問わず人気者の風早翔太と親しくなった事をきっかけに、爽子はクラスメイトたちと打ち解けていく。爽子と翔太との関係を軸に、高校生活3年間を通じた爽子の人間的成長を描く。

河嶌太郎の顔画像
少女マンガといえば恋愛一辺倒の作品が珍しくありませんでしたが、本作では高校3年間を通じた爽子の人間的成長が描かれており、成長の様子も内面・外面の双方でリアルに描けています。翔太との恋愛も「好き」という感情は初期からあるものの、付き合う段階までは1年以上の時間をかけており、恋愛のリアルさを感じました。
連載雑誌 別冊マーガレット(集英社)
巻数 30巻
刊行開始~終了年 2005年~2017年

ハニーレモンソーダ 村田真優 集英社

得票数6
定価484円(税込)

いじめられた過去を持つ主人公の女子高生・石森羽花と、クラスの人気者であるレモン色の髪の男子高校生・三浦界との高校3年間の恋愛模様を描く。羽花は中学時代「石」というあだ名でいじめられており、笑うことも泣くこともできなくなっていたが、中3の冬に界と出会ったのがきっかけで、自身の学力レベルよりも低い高校である八美津高校への入学を決意する。入学当初は地味で浮いていたが、気配り上手で何事にも一生懸命な性格から、学校行事を通して徐々にクラスの中心的存在になっていく。

河嶌太郎の顔画像
本作は界以外にも多くの男性キャラが登場します。ところが逆ハーレム要素はあまり強くなく、羽花と界の恋愛の本線がしっかりしているのも特徴です。恋愛要素がドロドロしていないのが魅力といえるでしょう。
連載雑誌 りぼん(集英社)
巻数 23巻
刊行開始~終了年 2015年~連載中

美少女戦士セーラームーン 武内直子 講談社

得票数5
定価858円(税込)

東京の中学2年生・月野うさぎは、ある日、人間の言葉を喋る不思議な黒猫・ルナと出会い、街の人々のエナジーを奪う「妖魔」と戦うセーラー戦士となる。最初は慣れない戦いに苦戦していたうさぎだが、同じくセーラー戦士の水野亜美、火野レイ、木野まこと、愛野美奈子と出会い、妖魔退治を順調に続けていく。

河嶌太郎の顔画像
90年代に社会現象を引き起こした伝説の少女マンガ作品。アニメ化と平行して進められた作品なのも特徴です。それまで「魔法少女もの」といえば、ヒロインが一人で戦うものが基本だったのですが、本作では「戦隊もの」の要素も取り入れており、女性だけでなく男性からも広く支持を集める作品となりました。東京都港区が主な舞台で、レイの実家の神社のモデルとなった「麻布氷川神社」には多くのファンが「聖地巡礼」に訪れています。
連載雑誌 なかよし(講談社)
巻数 18巻
刊行開始~終了年 1992年~1997年

ちはやふる 末次由紀 講談社

得票数5
定価495円(税込)

競技かるた(百人一首)をテーマに主人公の少女・千早の10代を描く。小学生編と高校生編に大きく分かれており、小学生編では競技かるたとの出会いと成長が、高校生編では競技かるた部を設立し、競技かるたの女性の頂点・クイーンを目指して奮闘する姿が描かれる。

河嶌太郎の顔画像
当時知る人ぞ知る競技だった競技かるたをテーマに描いた作品で、大ヒットしたことから競技かるたへの社会的認知度を大きく向上させた作品といえます。作品の内容も競技の頂点を目指して奮闘する少年マンガ的な作品ですが、恋愛要素も描かれているのも特徴です。少年マンガと少女マンガのいいとこ取りをしたような側面もあり、女性だけでなく男性からも広く人気を集めた作品となりました。毎年競技かるたの大会が開かれる滋賀県の近江神宮に「聖地巡礼」するファンがいることも特徴です。
連載雑誌 BE・LOVE(講談社)
巻数 50巻
刊行開始~終了年 2007年~2022年

夏目友人帳 緑川ゆき 白泉社

得票数5
定価528円(税込)

熊本県人吉市出身のマンガ家・緑川ゆきによる作品。妖怪が見える主人公が、祖母が残した「友人帳」と呼ばれる妖怪との契約書の束を見つけ、用心棒役の大妖怪・ニャンコ先生と共に「友人帳」に縛られる妖怪たちに自由を返していく物語。2008年から2017年、6期にわたってテレビアニメ化され、2018年には劇場アニメも公開された。

河嶌太郎の顔画像
本作の見どころとして、にゃんこ先生をはじめとするキャラクターや、妖怪をテーマにした物語が挙げられるのですが、特筆すべきは熊本県人吉市との密接なつながりです。2011年ごろから地域との公式タイアップが始まり、この取り組みが現在でも続けられています。人吉市は2020年の豪雨災害で甚大な被害を受けましたが、『夏目友人帳』を活かした復興が現在でも行われています。
連載雑誌 LaLa(白泉社)
巻数 29巻
刊行開始~終了年 2003年~連載中

花野井くんと恋の病 森野萌 講談社

得票数5
定価472円(税込)

高校1年生の日生ほたるは、イケメン同級生の花野井颯生が喫茶店で女性と別れ話をしているところを目撃する。その後、雪のなかベンチに座っていた花野井くんに傘を差し出したことがきっかけで、翌日教室でほたるは告白される。相手のことを知らないほたるは告白を断るが、花野井くんのことを知るうちに、まだ知らない「好きという気持ち」を知るため、花野井くんとお試しの付き合いをはじめる。

河嶌太郎の顔画像
本作は恋愛不器用な男女の恋がテーマといえますが、花野井くんが初対面でいきなり告白する愛が重いタイプの不器用キャラとして描かれている一方、ほたるは愛を自覚していないものの、相手の立場に立って考えられる常識的な人物として対比的に描かれており、とても共感しやすい主人公像になっています。そんなほたるに花野井くんも感化され、大人として成長していく過程が見どころだと思います。
連載雑誌 デザート(講談社)
巻数 12巻
刊行開始~終了年 2017年〜連載中

専門家・河嶌太郎が「オタク文化に影響を与えた少女女性マンガ」で選ぶのは『カードキャプターさくら』

単純明快なストーリーで、小学生からオタクまで広く愛された作品

小学生が「クロウカード」を集めるため魔法少女となって奮闘する物語で、物語の方向性が単純明快なのが素晴らしいです。一方で呪文の詠唱や「契約」といった要素、また「カードキャプター」といった肩書きなどの中二病的要素もあり、小学生だけでなく中高生の心も鷲づかみにしました。かくいう筆者も当時中学生で、さくらのセリフなどを覚えたものです。
また、オタク文化史においても本作が与えた影響は多大です。「ほえー」とか「はにゃーん」とかいう言葉を放つさくらのキャラ付けは、当時他作品のキャラ造形にも波及しました。また、さくらと親友の大道寺知世、さくらの兄の桃矢と親友の雪兎との同性愛的要素も90年代の当時から示唆されており、20年以上経った今見ても古さを感じさせない作品といえます。

カードキャプターさくら
定価 600円(税込)
Amazonで見る 楽天で見る

ひかり探偵が「大人になっても泣ける恋愛マンガ」で選んだおすすめは『花野井くんと恋の病』!

思いをぶつけるだけじゃなく「一緒に」幸せになろうとする二人が尊い

一見すると王道の学園恋愛ものである『花野井くんと恋の病』がなぜ泣けるのか。 それは、お互いのどちらかが思いを押し付けるのではなく、「一緒に」幸せになろうとするカップルの姿がきちんと描かれているからです。
「恋愛未経験の女の子×愛が重いイケメン」というキャッチ―な設定だけで終わらず、相手の「過去」や「めんどくささ」と向き合うことの難しさをしっかり描いているからこそ、大人が読んでも泣ける骨太作品になっています。

雪が積もった夜の校庭でほたるの大事なヘアピンを探す花野井くんを見つけて、ほたるが怒るシーン。どちらかが幸せになるのではなく、二人で幸せになろうとするほたるの思いが痛いほど伝わってきます。森野萌先生の公式twitter(@megumi_ibara)より。

ひょんなことから付き合うことになった二人ですが、恋愛に対する考え方や相手への気持ちには、かなり温度差がある状態からスタートします。 なにせ「恋人がいれば友だちも家族もいらない」という極限思考の花野井くんに対し、ほたるは「友だち・家族と恋人への好きの違いがわからない」という状態…!

当然お互いの価値観が不思議だったり物足りなく映るわけですが、二人はここで諦めず、相手を理解する・一緒にいるための対話を続けていくんです。

特にほたるは、お付き合いを続けていくなかで見えてくる花野井くんの重さや危うさを「すべて受け入れる」のではなく「否定しない」。 でも、自分の気持ちもしっかり言葉にすることで、彼も自分も尊重する。 そんな彼女の健気な姿に、泣けるを通り越して浄化作用すら感じます(これが「尊い」という感情か…)。

相手が好きだからこそ、相手が大事にしている自分自身も大事にしてあげることが大事だと教えてくれる、優しくも雄弁な作品です。

花野井くんと恋の病
定価472円(税込)
Amazonで見る 楽天で見る

泣けるマンガには、共感できる「対話」シーンがある

マン喫に通って読んだ少女女性マンガたち

今回「大人になっても泣ける恋愛もの」を選ぶにあたり、久しぶりにマンガ喫茶に通ってさまざまな作品を読みました。
今回のアンケートでトップ10にランクインした作品はもちろん、毎年発表されている『このマンガがすごい!』のオンナ編の作品など30冊以上を読んでいくなかで感じたこと、それは…。

ひかり探偵の顔画像2
大人になっても泣ける作品って、意外とない…?!

胸キュンしたり感動する作品、設定に独自性のある作品は結構あったのですが、あくまで一歩引いた視点で楽しんでいる感覚がありました。
マンガを読んで涙が出るって、「自分は今フィクションを読んでいる」なんてことを飛び越えて、セリフやキャラクターの感情が胸にガツンと迫ってくるというか、有無を言わさず泣かされるみたいな感覚なんですよね。

だからこそ、舞台が高校であれ会社であれ、「普遍性のあるテーマをリアルに描けているか」という点が今回の作品選びで重要なポイントでした。

そのひとつとして私が注目したのが、「対話」のリアルさです。 例えば恋をして、告白をして、付き合って…という過程は、相手の思いを確認したり、自分の思いを伝えることの連続なわけですが、現実ではうまくいかないことの方が多いですよね。

マンガは毎日のストレスや疲れを癒してくれるフィクションではあるけれど、すべてがとんとん拍子に進んでいく作品は少し共感しづらい。 どこかにリアルな対話やコミュニケーションの難しさが描かれていることではじめて共感でき、泣ける作品になるんじゃないか。

そんなことを考えながら見つけたのが、『花野井くんと恋の病』でした。 これは、アラサーの私の涙腺を壊した「何歳でも泣ける」圧倒的作品第1位です。

初恋の甘酸っぱい胸キュンシーンがたくさんありつつも、恋愛の一筋縄ではいかない難しさをリアルに描いているので、大人が読んでも自然と共感ができます!

「誰かと向き合い続けることの難しさ」という普遍的なテーマを、繊細なタッチと臨場感溢れるセリフで表現した「花恋」。

泣けるだけじゃなくて背中を押してくれる恋愛ものが読みたい方、初恋のときめきや甘酸っぱさを存分に味わいたい方にぜひとも読んでいただきたい作品です!

河嶌太郎の顔画像
イケメン男子に一目惚れして恋に落ちる作品も珍しくないなか、『花野井くんと恋の病』の主人公のほたるはイケメンを前にしても堅実な女性で、異性から見ても非常に共感できるキャラクターです。そんな主人公だからこそ、花野井くんとの恋の行方を安心して追えるのかなと思います。

サトウ探偵が「新しいのにどこか懐かしい」作品で選んだおすすめは『山田くんとLv999の恋をする』!

フォーマットでいいじゃないか!

この作品、少女マンガに僕が求めたい条件を満たしていました。
主人公はひとり言の多い恋愛下手な女の子でいいし、男の子はツンでいいです。
設定こそオンラインゲームありきの世界で、年下への恋を描いていますが、ストーリーはあまり奇をてらっていない

【推しの子】をはじめ、少年マンガや少女マンガの境界線はもはや失われつつある昨今。
昔からのフォーマットを踏襲して恋愛を描いてくれるこの作品は、今っぽい驚きの展開や伏線などはあまりないのですが、逆に新鮮に思えます。

少女マンガは昔から割と好き

そう、僕は昔から少女マンガが好きだったんです。
マンガ好きの姉と少し年の離れた妹に挟まれていた僕は、けっこう少女マンガを読んで育っています

妹が買ってくるちゃおコミックスの数々、そしてモロにハマってしまった『ハチミツとクローバー』。
でも、一番好きだったのは姉が買ってくるマンガでした。『ホットロード』『瞬きもせず』の紡木たく作品も姉に教えてもらいました。
そして、姉が「りぼん」を買って来ると「『ちびまる子ちゃん』読んでいい?」とか言いながら、矢沢あいの『マリンブルーの風に抱かれて』をがっつり読んでいた中学生時代を昨日のことのように思い出します。

「エモさ」を少女マンガに求めたい

じつは…今回本当に推したかったのは、陸奥A子作品です。
おそらく「りぼん」を読んでいた40代以上の方たちはご存知ですよね。
陸奥A子作品といえば少女マンガのテンプレ恋愛でとにかくエモい
絵のタッチはもちろんのこと、出てくる女の子がとにかくエモいのです。
ベレー帽かぶって語尾に「なのだ。」をつけたり、学校の帰り道に草花をくわえたり、前傾で空気を蹴るように歩いたり。このエモさ、わかっていただけるでしょうか。

さすがにそれでは古すぎる、今推せる作品ではないということで、今回の僕のおすすめは『山田くんとLv999の恋をする』にさせていただきます。
僕にとってはこの作品、エモさも感じるのです。

山田くんとLv999の恋をする
定価693円(税込)
山田くんとLv999の恋をする
Amazonで見る 楽天で見る

まとめ

およそ300人の少女女性マンガ読者の声をもとに作成したランキングでは、発行部数がギネス世界記録に認定された世界的作品『花より男子』が1位に輝きました。
ほか『君に届け』や『ハニーレモンソーダ』などの新旧の学園恋愛ものから、『カードキャプターさくら』『美少女戦士セーラームーン』といった伝説的な魔法少女ものもランクイン。
さらには独創的な設定が魅力的な『【推しの子】』や『山田くんとLv999の恋をする』のような顔ぶれも揃い、少女女性マンガの多様性が光る結果となりました。

ランクインした作品の発表年はおよそ30年の幅があるものの、それぞれのヒロインに共通するのは「恋愛以外のことにも全力投球」「自己否定をやめて新しい自分になろうとしていく」強さを持っているということかもしれません。

時代を超えて愛される少女女性マンガ。
今後もさまざまな切り口でおすすめの作品をご紹介していきます!

BOOKのカテゴリー 関連記事一覧