1,116人に聞いた!おすすめ転職サイト・エージェントランキング

「転職サイトに登録したけど希望する求人が見つからない」
「エージェントの利用を検討しているけどどの会社を選べばいいか分からない」
転職サイトやエージェントを選ぶ基準は、業種・職種はもちろん、年齢や性別などによっても異なります。

そこで、「GMOリサーチ株式会社」協力のもと、直近3年以内に利用したことのある転職サービスについて、1,116人にアンケート調査を実施しました。

この記事では、アンケートの結果判明した転職サイト・エージェントの総合満足度ランキングに加え、年代別、性別別などのランキングも紹介。自分の年齢、タイプにあった転職サイト・エージェントが見つかります。

おすすめ転職サイト・エージェント総合ランキング10選

まずはアンケートの結果判明した、総合満足度の高い転職サイト・エージェントをランキングで10位まで紹介します。
※項目の点数は5点満点で、回答者の平均値を小数点第二位まで掲載しています。
※特定の業種・職種の求人のみ掲載した特化型転職サイトはこのランキングから除外しています。

順位 サービス名 総合満足度
1位 indeed 3.52
2位 マイナビ転職 3.42
3位 リクルートエージェント 3.41
4位 エン転職 3.34
5位 doda 3.3
6位 リクナビNEXT 3.28
6位 マイナビエージェント 3.28
8位 ビズリーチ 3.25
9位 JACリクルートメント 3.22
10位 とらばーゆ 3.21

1位 indeed

indeed

出典:https://jp.indeed.com/

総合満足度 3.52
求人紹介の質 3.50
求人紹介の数 3.89
サイトの使いやすさ 3.56
書類・面接対策 3.03

indeed(インディード)はテレビCMでもおなじみの求人情報特化型検索エンジンです。通常の転職サイトや転職エージェントとは異なり、WEB上に掲載されている様々な転職・求人サイトの求人情報を集約して表示しているのが特徴。その仕組み上、一般的な転職サイトと比べて情報量が非常に多いのが魅力といえます。

求人情報の検索は自由に入力できる「キーワード」と「勤務地」の2軸のみと、シンプルな仕組み。求人数が多すぎる場合は、年収や雇用形態などの条件で絞り込みをかけられるので、自分に合った求人を探しやすいのも特徴です。

なお、indeedはあくまでも「検索エンジン」です。適職診断やエージェントによるアドバイスなど、一般的な転職サイトやエージェントにみられるようなサポートが受けられない点は押さえておきましょう。

2位 マイナビ転職

マイナビ転職

出典:https://tenshoku.mynavi.jp/

総合満足度 3.42
求人紹介の質 3.39
求人紹介の数 3.56
サイトの使いやすさ 3.45
書類・面接対策 3.12

知名度が高く、就職情報サイト「マイナビ」なども運営していることから、特に20〜30代の若い世代を中心に利用されている「マイナビ転職」。業界・業種ともに豊富な求人情報を扱っており、初めて転職サイトを利用する人からも支持されています。

特徴のひとつが、仕事の適性を診断してくれる「適性診断」。どの転職サイトにもみられるサービスですが、マイナビ転職の「適性診断」は世界最大級の人事アセスメントプロバイダー(適性テストの作成を行なっている企業)「SHLグループ」が作成しており、精度の高さに定評があります。

一方で年収600万円以上のハイクラス求人が少ないため、ある程度キャリアを積んだ40代以上の人は別サイトと併用すると、より良い求人に出会える確立があがるといえるでしょう。

3位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

総合満足度 3.41
求人紹介の質 3.37
求人紹介の数 3.57
サイトの使いやすさ 3.39
書類・面接対策 3.27

40年以上の歴史があるリクルートグループが運営する「リクルートエージェント」。採用成功実績は累計54万人(2019年時点)と、圧倒的な成功数を誇っています。業種・業界、勤務地を問わず幅広い求人情報を取り扱っていて、年齢や経験を問わず様々な求人を紹介してもらえるのも特徴です。

2021年7月時点では総求人数約30万件に対し、18万件が非公開求人です。非公開求人はリクルートエージェントの利用者限定で応募できる仕組みのため、他サイト・他エージェントにはない条件の良い求人も見つかるかもしれません。

リクルートエージェントに限らず、エージェント系サービスのキャリアコンサルタントは1人で複数人の転職者の対応をしているため、対応が遅くなってしまう場合もあります。他社のサービスと同時に利用することも検討し、自分にぴったりのペースを見つけてみてはいかがでしょう。

4位 エン転職

エン転職

出典:https://employment.en-japan.com/

総合満足度 3.34
求人紹介の質 3.26
求人紹介の数 3.37
サイトの使いやすさ 3.44
書類・面接対策 3.08

「エン転職」は20代〜30代の転職者を中心に利用されている転職サイトです。2021年3月時点の登録者は約900万人。大手からベンチャーまで、業種・職種を問わずに幅広い求人情報が掲載されています。

求人情報の数は他サイトと比較すると少なめですが、基本的な求人情報に加えて「取材者のレビュー」を記載しているのが最大の特徴です。エン転職に掲載されている全ての求人情報には、「取材担当者のコメント」が記載されており、客観的な視点で企業のメリット・デメリットを記載しています

他サイトにはない、プラスαの情報を知りたい人におすすめです。

5位 doda

doda

出典:https://doda.jp/

総合満足度 3.30
求人紹介の質 3.25
求人紹介の数 3.44
コンサルタントの質 3.12
書類・面接対策 3.09

「doda」(デューダ)は国内最大手の転職エージェント・転職サイトとして知られています。ほとんどの転職サービスが転職エージェントか転職サイトどちらかの機能に限られていますが、dodaは両方を同時に利用できるのが最大の特量です。

そのため、例えば自分で求人を探し、応募や面接については担当コンサルタントにフォローしてもらうといった使い方も。柔軟な利用方法ができるのはdodaならではの魅力でしょう。

2021年8月時点での求人情報掲載数は、転職エージェントとしてはリクルートエージェントに次いで2番目に多く、様々な年齢、業種で利用しやすいサービスです。

6位(同率)リクナビNEXT

リクナビNEXT

出典:https://next.rikunabi.com/

総合満足度 3.28
求人紹介の質 3.23
求人紹介の数 3.51
サイトの使いやすさ 3.37
書類・面接対策 3.04

数ある転職サイトのなかでも、トップクラスの求人情報掲載数を誇る「リクナビNEXT」。大手のみならず中小企業の求人が多く、勤務地や業界も多彩なのがメリットといえるでしょう。

登録した情報をもとに、企業やエージェントからオファーが届くことも。他サイトにはない非公開求人も含まれており、条件が合致する企業と巡り会える可能性も高くなります。

質問に答えるだけで自分の強みを客観的に診断してもらえる「グッドポイント診断」といった、独自の転職サポートツールが利用できるのも特徴です。

6位(同率) マイナビエージェント

マイナビエージェント

出典:https://mynavi-agent.jp/

総合満足度 3.28
求人紹介の質 3.29
求人紹介の数 3.32
コンサルタントの質 3.13
書類・面接対策 3.10

20代の転職者をメインターゲットとした転職転職エージェント「マイナビエージェント」。第二新卒向けの求人情報掲載数が多く、中小企業の求人が充実しているのも特徴です。

マイナビエージェントはコンサルタントのサポートが丁寧だと定評があり、応募する企業ごとに面接対策や履歴書作成をサポートしてくれたなど、ポジティブな口コミが多くみられます

全体的な求人数はリクルートエージェントなど最大手に比べると少ないため、自分の希望する業界、職種の求人があるかをリサーチしたうえで利用するのがおすすめです。

8位 ビズリーチ

ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/

総合満足度 3.25
求人紹介の質 3.43
求人紹介の数 3.36
サイトの使いやすさ 3.25
書類・面接対策 3.12

ビズリーチは企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く、スカウト型転職サイトです。

外資系やハイクラスの求人を多く取り揃えており、年収1,000万を超える求人もあります。そのため「求人紹介の質」でも3.36点と高い評価がついています。

キャリアアップを目指している方はもちろん、「自分の市場価値を確かめたい」という方にもおすすめです。

9位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

総合満足度 3.22
求人紹介の質 3.32
求人紹介の数 3.05
コンサルタントの質 3.25
書類・面接対策 3.14

JACリクルートメントは外資系企業や海外進出企業などのグローバル転職に強みを持っている転職エージェントです。
イギリス発祥でグローバルなネットワークがあるため、他社では扱えないような求人も多数用意しています。

またコンサルタントが企業と求職者を一人で担当する「両面型」であるのも一つの特徴です。

10位 とらばーゆ

とらばーゆ

出典:https://toranet.jp/

総合満足度 3.21
求人紹介の質 3.14
求人紹介の数 3.13
サイトの使いやすさ 3.35
書類・面接対策 2.93

とらばーゆは女性のための転職サイトです。

子育てママ在籍中、残業月10時間以下など、女性に嬉しい条件で求人検索ができることから、「サイトの使いやすさ」で高い評価を得ました。

少数回答で評点が高かった転職サイト・エージェント

この記事では回答者数が30人に満たないサービスは有効回答として扱えないため、ランキングから除外しています。そこで少数回答でも評点が高かったサービスを番外編として紹介します。

Green

Green

出典:https://www.green-japan.com/

営業やサービス職など様々な求人情報を取り扱う総合求人サイトであり、特にIT・WEB系に強いと評判の「Green」。IT・WEB系の求人情報が多いという性質上、地方よりは首都圏近郊の求人が多いのも特徴です。

Greenには興味のある求人と似た職種・条件の求人が表示される「レコメンド機能」があります。自分の気になる求人を閲覧するだけで近い内容の情報が表示されるため、条件に合った情報を探しやすいのがメリットです。

職務経歴書や履歴書の情報を登録すると、企業からのスカウトが届くことも。Greenの場合は採用面接の前段階で、採用に関連のない「カジュアル面談」を受けられる企業が多く、会社の雰囲気や求人情報には載っていない細かな部分も聞けるのがポイントです。

 

転職EX

転職EX

出典:https://tenshoku-ex.jp/

「転職EX」はdoda、Green、typeなどの大手求人サイトと提携し、様々なサイトの求人情報を一括で検索できる「アグリゲート型」と呼ばれる転職サイトです。

その特性上、求人情報数が非常に多いのが特徴で、2021年9月現在約33万件の情報が掲載されています。職種、業種、雇用形態、希望年収、キーワードなど、様々な項目を検索条件に設定でき、自分の希望する情報が探しやすいのも利用者には嬉しいメリットです。

ただし、転職EXには企業とメッセージをやり取りするシステムがなく、自身のメールアドレスや求人情報掲載元のサイトを通して企業と連絡をする流れとなります。同一サイト内でコミュニケーションができない点をストレスに感じる場合は、求人情報の検索のみを行なうツール的な利用方法もおすすめです。

年代別転職サイト・エージェント満足度ランキング

ここからは年代別で人気の転職サイト・転職エージェントを紹介します。サイトごとに取り扱っている求人情報は多種多様なため、登録すべきサイトも自分の年齢によって異なります。このランキングを参考に、最適なサイトを見つけてください。

20代におすすめの転職サイト・エージェント

20代は回答数が30に満たないサービスが多かったため、ランキング形式ではなく評点が高かったおすすめサービスをピックアップしてご紹介します。

クライス&カンパニー

高収入なハイクラス案件の求人に特化した転職エージェント「クライス&カンパニー」。ハイクラス特化型としては珍しく、20代向けの案件も保有しています。ただし、高収入な求人は実績が重視されるため、職務経歴書に記載する目立った事項がない場合は他サイトの利用を検討してみては。

 

キャリトレ

20代をターゲットとした転職転職エージェント「キャリトレ」。AIが自分の経験やスキル、条件を考慮した求人を紹介してくれるレコメンド機能があるので、自身の強みがよく分からないという若い世代ともミスマッチのない求人紹介が期待できます。書類選考をパスし、面接確約の「プラチナスカウト」があるのも人気の理由です。

 

JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は年収1,000万円以上のハイクラスな求人を取り扱う転職エージェントです。30代以上がメインターゲットではあるものの、20代向けの求人情報も保有。20代で課長以上のクラスの優秀な実績を残せている場合は利用の価値はあります

エンエージェント

「エン転職」を運営するエン・ジャパン株式会社が、2013年にサービスをスタートした「エンエージェント」。14種類の職種別コンサルタントが在籍しているのが特徴で、経験が少ない20代の転職者にとっては業界知識なのアドバイスをもらいやすいのがメリットです。

 

ワークポート

IT業界に強い「ワークポート」は、20代向けの求人情報を多数保有している転職エージェントです。第二新卒歓迎の求人も多く、20代前半でも利用しやすいのが魅力といえます。特にエンジニア求人が充実していますが、関東圏の求人情報がメインなので地方在住者は他サイトとの併用をおすすめします。

30代の転職サイト・エージェント満足度ランキング

順位 サービス名 30代満足度
1位 indeed 3.64
2位 リクルートエージェント 3.53
3位 エン転職 3.52
3位 マイナビ転職 3.52
5位 ビズリーチ 3.49

1位 indeed

30代満足度 3.64

「indeed」はWEB上に掲載されている求人情報をまとめて検索できるという特性上、幅広い業種、職種の求人に出会えるのが強みです。特定のサイトだけを利用していては見つからないような情報も発見できるため、30代の転職希望社がこれからのキャリアを考えるにあたり、どのような求人があるのかを調べるのにも向いています

2位 リクルートエージェント

30代満足度 3.53

大手企業からベンチャーまで、会社規模を問わず幅広い求人情報を掲載している「リクルートエージェント」。コンサルタントが中長期のキャリアパスを一緒に考えてくれるので、今後の自身のキャリアを見つめ直したい30代におすすめです。求人情報掲載数も多く、幅広い選択肢があるのも魅力といえます。

3位(同率) エン転職

30代満足度 3.52

「エン転職」は30代もメインターゲットに含まれている転職サイトです。最大の特徴は、全ての求人情報に取材担当者の客観的なコメントが掲載されている点。職種未経験者向けの求人も多いため、新たなキャリアパスを考えている30代の人も利用しやすいのがポイントです。

3位(同率) マイナビ転職

30代満足度 3.52

若い世代から人気を集めている「マイナビ転職」は、30代にもおすすめの転職サイトのひとつです。求人数が多く、外資系やエンジニアなど一部の職種は別途専門の転職サイトも設置されているのが特徴。企業からのスカウト機能があるため、職務経歴書を充実させられる30代の人はより良い条件の募集が届く可能性もあります。

5位 ビズリーチ

30代満足度 3.49

年収600万円以上を目指したい人に支持されている「ビズリーチ」は、自身の経歴を踏まえてミスマッチをなくしたい30代におすすめの転職サイトです。基本利用料は無料ですが、月額会員になれば年収1,000万円以上の求人に応募可能。収入アップを目指したい人は登録の価値があるサイトといえます。

40代の転職サイト・エージェント満足度ランキング

40代も回答数が30に満たないサービスが多かったため、評点が高いものをピックアップしてご紹介します。

クライス&カンパニー

ミドル層の転職に強い「クライス&カンパニー」は、高年収の求人情報に特化した転職エージェントです。40代以上になると管理職を経験している人も多く、クライス&カンパニーは幹部候補などマネジメントを主とした募集も少なくありません。経営・マネジメントの方面でキャリアアップしたい人におすすめです。

 

Green

総合型の転職サイトながら、特にIT・WEB関連の求人情報に強い「Green」。ベンチャー企業の求人も多く掲載してあり、マネジメント経験豊富な人材を求めている企業もみられます。役員クラスの求人もあるため、経営陣ポストを経験したい人はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

 

就職shop

「就職shop」は正社員経験がない(少ない)人をターゲットとした転職エージェント。全ての求人が書類選考なしで面接に進めるのが特徴です。40代からでも安定した職を得たいと考えている人におすすめのサイトです。

 

Daijob.com

「Daijob.com」は国内最大級のグローバル人材専門の転職サイト。語学力を活かして転職を考えている40代におすすめです。海外勤務の希望の有無なども選択して絞り込みがかけられるので、自分のライフスタイルにあわせて応募できるのもメリットといえます。

 

ハタラクティブ

ハタラクティブは内定率8割を超える転職エージェント。丁寧なカウンセリングが好評で、職務経歴書の作成などもサポートしてくれます。経歴を問わない求人情報も保有しており、派遣社員から正社員にチャレンジしたい人にもおすすめです。

男女別転職サイト・エージェント満足度ランキング

ここからは男女別で人気の転職サイト・転職エージェントを紹介します。

出産などライフイベントを考慮する必要のある女性は、時短勤務が可能など、女性にやさしい制度を採用した企業の情報を求めている場合も多いと思われます。このランキングを参考に、最適なサイトを見つけてください。

男性の転職サイト・エージェント満足度ランキング

順位 サービス名 男性満足度
1位 マイナビ転職 3.51
2位 indeed 3.49
3位 リクルートエージェント 3.44

1位 マイナビ転職

男性満足度 3.51

20代をメインターゲットとした「マイナビ転職」は、知名度の高さから登録している企業も多い転職エージェントです。特に第二新卒など、自分のキャリアを見直したい男性におすすめです。

2位 indeed

男性満足度 3.49

数多くの求人が掲載されている「indeed」。営業や事務などのオフィスワークから、土木建設業や農林業といった力仕事まで幅広い求人を検索できます。50代以上、未経験可でも応募できる施設管理などの仕事も多く、求職中の男性にとっても心強い味方となってくれるでしょう。

3位 リクルートエージェント

男性満足度 3.44

40年以上の歴史を持つリクルートグループが運営し、会社規模を問わず幅広い求人情報を掲載している「リクルートエージェント」。職種・業種ともに多種多様で、中長期のキャリアパスを考えたい男性におすすめです。

女性におすすめの転職サイト・エージェント

※女性は回答数が30に満たないサービスが多いため、評点が高かったサービスをピックアップしてご紹介します。

 

クライス&カンパニー

専門性の高い職種や、マネージメント、エグゼクティブポジションの求人情報に特化した「クライス&カンパニー」。高年収の求人を多く保有しており、キャリアアップを目指すマネージャークラスの女性におすすめの転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

2021年9月に女性役員の紹介事業もスタートした「JACリクルートメント」。ハイクラスな求人情報が多く、中長期に渡りキャリア・マネジメントをサポートしてくれるのが特徴です。管理職として活躍したい女性はぜひ登録てみてはいかがでしょうか。

 

indeed

WEB上に掲載している求人情報を多数検索できる「indeed」は、派遣やパート・アルバイトの求人情報も表示可能。育児と仕事を両立するために時短勤務で働きたい際など、多種多様な雇用形態を比較しながら求人情報を探すときにもおすすめです。

転職サイトのQ&A

「転職サイトとエージェントってどう違うの?」「まず何から始めればいいの?」など、転職にあたってよくある質問をまとめました。転職サイト、転職エージェントに関する不明点や疑問点がある人はぜひチェックしてください。

転職サイトの利用の流れは?

転職サイト・転職エージェントの利用は下記のような流れとなります。

<転職サイト>

  • 使用するサイトを選び、登録する
  • 気になる企業の求人に応募する
  • 書類選考
  • 面接(回数は企業により異なる)
  • 採用

<転職エージェント>

  • 使用するサイトを選び、登録する
  • コンサルタントと面談を行なう
  • コンサルタントが企業を紹介
  • 書類選考
  • 面接(回数は企業により異なる)
  • 採用

転職サイトと転職エージェントの違いは?

大きな違いは下記の通りです。

  転職サイト 転職エージェント
転職サポート・アドバイス サイト内のコンテンツから自己分析などが可能 コンサルタントが面談などで支援
企業への応募 自分で応募 コンサルタントが代行
求人数 幅広い業種、職種がある 非公開求人を紹介してもらえる
面談日程の調整などスケジュール管理 自分で行なう コンサルタントが代行
転職までに必要な期間 自分のペースで設定できる 計画を立ててもらうことでスムーズにできる

転職サイトと転職エージェント、どちらを利用すべきかはケースバイケースです。参考までに今回1.116人にアンケートをとった結果は、下記の通りとなりました。

  • 求人検索型転職サイトのみ 54.4%
  • エージェント型転職サイトのみ 14.5%
  • 求人検索型とエージェント型の両方 31.1%

初めて転職活動を行なう人は、転職エージェントの利用がおすすめです。求人情報内に記載されていない企業の雰囲気や働き方などもコンサルタントを通して聞くことができるので、ミスマッチが少なくなります。

特化型と総合型の違いは?

転職サイト・転職エージェントには特化型と総合型というタイプがあります。違いは下記の表の通りとなります。

  特化型 総合型
職種・業種 特定の職種・業種のみ掲載 職種・業種を問わず幅広く掲載
コンサルタントの質 特定の業界に特化した知識を持っている 特定の職種・業種の知識は薄い傾向
求人情報の内容 その職種・業種ならではの細かな情報が閲覧可能 深い部分は見えにくい
求人数 少ない 多い

希望する業種・職種が決定している場合は特化型、色々な業種・職種を検討したい場合は総合型を利用するのがおすすめです。総合型ながらもIT系に強い「Green」など、総合型のサイトにも様々な特徴があります。自身に合ったサイトを見極めて登録することが重要です。

非公開求人とは?

「非公開求人」とは、一般的な求人サイトには掲載されない求人情報のこと。競合他社に知られないようにしたり、応募の殺到を避けて採用の効率化を図ったりなど様々な目的で利用されています。

重要なポストの採用を行なっている場合も非公開求人にすることがあり、年収や条件などが良い求人が比較的多いのも特徴です。

非公開求人を紹介してもらいたい場合は、転職エージェントを利用しましょう。

転職サイトの上手な使い方

転職サイトは希望する業種・職種や、年齢、性別によって登録すべきサイトが異なります。まずはこの記事のランキングで、自分にぴったりなサイトを見つけましょう。転職サイトは1つに絞らず、2〜3つほど併用するのがおすすめ。1つのみ利用していると偏った情報しか得られず、機会損失につながる可能性があります

企業に応募する際は履歴書や職務経歴書が必要なので、雛形を作成しておき、応募する企業の特色によって適宜ブラッシュアップできるよう整えておくと便利です。

転職エージェントの上手な使い方

転職エージェントのメリットのひとつが、企業への応募やスケジュール調整など、手間がかかる作業を代行してくれる点です。現職で業務を行ないながら転職活動をするのは労力が必要なため、こうした事務作業を代行してくれるだけで心身ともに楽になります。

また、転職サイトには掲載されていない非公開求人も保有しているため、条件の良い求人を紹介してもらうことも可能です。特化型の転職エージェントを利用する場合は、自分の気になる企業の評判など、深入りした質問もできるのでうまく活用しましょう。

旅とクレカの情報室とは

About Us

旅上手はすでに実践済み。

あなたの旅での支払いを安全かつ、スムーズに。

そして、さらにお得になるクレジットカード情報を

提供するメディアサイトです。